TOP > > 長生き出来る簡単な秘訣!平均寿命の意味とは?

長生き出来る簡単な秘訣!平均寿命の意味とは?

先日、「平均寿命」が発表されました。ところで、この「平均寿命」の正しい意味を貴方は、ご存知でしょうか?例えば、今50歳の女性が「今50歳だから、平均寿命まで30年はあるわね。」と言ったとします。ほとんどの人は、なんの不思議も感じ無いかもしれません。けれど、この解釈の仕方は間違っているのです。

本来、「平均寿命」とは、発表されたその年に生まれた子供が何歳まで生きられるかと言う事を表している数字なのです。平均寿命-現在の年齢=何年生きられるかではないのです。これは、かなりの人が誤解している部分です。

後、どのぐらいの余命があるかを表しているデータも勿論あるのですが、表には中々出てきません。国の調査機関のサイトなら確認できるのかもしれません。ちなみに、そのデータは「平均余命」といって後、どのぐらい生きられるかを期待値で表したものだそうです。

健康に過ごす極意

「平均寿命」は、本来5年に一回行われる国税調査のデータから導きだされる数値でした。しかし、最近では毎年発表されています。そして、世界各国との比較も行われています。

この「平均寿命」から分かることは、その国の医療水準や衛生状況の水準だそうです。確かに、上位にいる国は、どちらも水準が高そうです。さて、健康に長生きするためには、何に気をつけて行けばいいのでしょうか?ここで、5つのポイントをお伝えしたいと思います。

1.タバコは吸わない
2.血圧をキチンとコントロールして、正常範囲内に収めていること
3.肺や気管支などの呼吸機関が健康であること
4.一分間の脈拍数が、60回程度と低めであること
5.直属の家系が、長命であること

以上なのですが、5の家系が長命 ということは、自分ではどうしようもありません。せめて、次の世代に長命をつなげていきたいところです。

このポイントから分かる事は、運動習慣をつけることが大事だという事です。脈拍数が低い方がいいということから、日頃からの運動が重要になっている事が分かります。

これ以外にも、食事に関しても健康の秘訣があると言われています。野菜や果物は毎日食べる・食塩は控えめに・乳製品や良質の蛋白質を積極的に摂る・間食はしない・食べ過ぎないなど、確かに言われている事は日頃から良く聞く事ばかりです。分かってはいるけど、実行は中々難しい。そんなところではないでしょうか?

また、日々の過ごし方についてもコツがあるようです。謙虚に穏やかに毎日を過ごし、生きがいを持ち、常に向上心を忘れず、好奇心を持つことも忘れない。こんな生き方が長生きの秘訣のようです。どう考えても、今の自分と真逆じゃない?なんて思ってしまった人もきっと大丈夫です。

人間ある程度の年齢になれば、きっと落ち着いてこのような生き方が出来るに違いありません。もし、できなくてもその時に考えればいいのですから・・・

キャラクター紹介
ページ上部に戻る