TOP > > びっくり100歳健康長寿!その秘訣はインナーマッスル

びっくり100歳健康長寿!その秘訣はインナーマッスル

日本人の平均寿命は、男性が76.94歳で、女性にいたっては世界一の86.41歳です。「人生80年」となり、日本はまさに世界の長寿大国です。しかも、日本には100歳を超える長寿の人が5万4千人もいて、その中には元気で働いている人がたくさんいるそうです。

健康長寿で100歳を超える方々がたくさんいることは驚きですよね。この人たちには長寿の共通する秘訣があるのでしょうか?実際にその秘訣は存在しました。ずばり、それはインナーマッスルに秘密があったのです。

健康長寿のカギは、インナーマッスルにあり

100歳以上の健康ご長寿の共通点として、一番に挙げられるのがインナーマッスルを鍛えていたことです。それぞれやり方は違いますが、自然にインナーマッスルを鍛える運動を身につけていたのです。ある100歳のご長寿は、大正時代に考案された健康体操を毎朝欠かさず30分実践しているそうです。

また、68歳から95歳まで日本舞踊も習っていたそうです。そして95歳からは400gのウェイトを身につけての健康体操を実施しています。このように日頃の生活の中で、自然にインナーマッスルを鍛える仕組みを取り入れていたのです。

他のご長寿の方々も畑仕事をしたり、毎日自転車に乗ったりするなど自然と体を動かしたり、運動したりすることを生活の中に取り入れていました。インナーマッスルを鍛えることにより、自然と代謝が上がり、免疫力も上がり、痩せ体質に変わっていきます。認知症の予防にもなるという研究報告もあります。

インナーマッスルを鍛えて100歳を目指そう

私たちも、今からインナーマッスルを鍛えて長寿を全うしましょう。ここでは、家庭でできる簡単なインナーマッスルの鍛え方を紹介します。

・簡単にできるインナーマッスルの鍛え方
「1」 椅子に浅く腰かけます。この時に両膝を開かないようにくっつけます。
「2」 両膝を閉じたまま、10まで数えながらゆっくりと立ち上がります。
「3」 つぎに10まで数えながらゆっくりと座ります。
「4」 1~3を日に5回を目安に実行します。(呼吸を止めずに行う)

ご長寿の方はインナーマッスル以外にも、好きな趣味をもったり、カラオケで歌ったりして、人生を楽しむことを忘れていません。これがストレス解消にもつながり、若さを保つ秘訣になっているのかもしれませんね。私たちも100歳長寿を目指して、インナーマッスルを鍛えて人生を楽しみましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る