TOP > > ロコモティブシンドロームの予防は40代から必要って本当?

ロコモティブシンドロームの予防は40代から必要って本当?

「健康寿命」という言葉がありますが、自立して生活を送れる期間は長ければ長いほどいいことです。みな人生最後まで元気に過ごしたいと思っているはずですが、「健康寿命」は「平均寿命」よりも10年近く短いといわれています。

骨や筋力が弱って将来動けなくなってしまうと思われるロコモティブシンドロームの予防は意識的に行っていくことが大事です。始める年齢は40代からがいいといわれています。40代は体力的にもまだ衰えを感じていない年齢かもしれませんが、確実に衰えが始まっている年齢なのです。

自分が高齢になったときをイメージすることは難しいかもしれないですが、予防を意識して習慣づけておけば必ず将来の役に立ちます。

骨や筋肉はいつごろから衰え始めるの?

ロコモティブシンドロームという言葉を聞きますと、介護とか寝たきりとかを思い浮かべ高齢者だけがなるものだと思いこんでいる人は少なくないようですが、実際は40代以上のロコモ予備軍は8割近くもいますので対策は早い方がいいといえます。

筋力は30代になりますと年に1%ずつも落ちていき、75歳ごろになりますと若い頃の半分になるともいわれています。特に女性の場合はホルモンの関係もあり40歳ごろからどんどんと衰えてしまうのです。

そのまま筋力が弱っていけばもっと高齢になる頃にはまともに動けなくなる可能性も大きいですので、高齢になる前から筋力のトレーニングは行っておいた方がいいということになります。

30代という若さでもトレーニングをしなければ筋力が落ちていくわけですから、うかうかしていられません。勿論トレーニングを始めることは早ければ早いほどいいに越したことはありませんが、若い頃は自分が高齢になったときのことなどを考えることも少ないため、なかなか実施することは難しいようです。

40歳で日常生活を振り返りロコモチェック!

平均寿命の半分にも満たない40歳という年齢ですが、その8割近くがロコモ予備軍ということを念頭に置いて、まず自分がその予備軍に入っていないかを確かめることから始めてみましょう。

次の中で一つでも当てはまることがあれば、ロコモ予備軍といえます。普段の生活の中での行動ですので、思い出してみてください。

  • 片足立ちで靴下が履けない
  • 家の中のわずかな段差でつまずくことがある
  • どこかで階段を上がるときに、つい手すりにつかまってしまう
  • 2キロ以上の買い物をしたとき、家まで持って帰るのが重たくていやだなと思ってしまう
  • 15分くらい歩くとどこかに座りたくなる
  • 幅の広い道路の横断歩道を渡るとき、青信号で渡りきることが大変

以上の内容などから日頃の自分の生活を振り返り、当てはまることがあれば高齢になったとき動けなくなる確率が高いといえます。まだ40歳だからと安心しないで、できる限り長く健康寿命を生きるために1日も早く気づき、自分にできる範囲でトレーニングをするように心がけることが大切です。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る