TOP > > 肝臓がんの危険因子。肝臓がんのリスクが高い人の特徴

肝臓がんの危険因子。肝臓がんのリスクが高い人の特徴

肝臓はサイレントオルガン=沈黙の臓器と言われています。これは肝臓がほかの臓器と違って自らを再生しようとする機能が高いので、肝臓に何らかのトラブルや病気が発生していても気づきにくいという意味も含まれています。

これは肝臓がんにも当てはまることなので、日頃から肝臓がんの危険因子を知っておくことも大切です。一般的にはお酒をたくさん飲む人は肝臓がんのリスクを高めると言われていますね。確かにこれも危険因子の一つですが、それ以外にもいくつかあります。

あまり知られていない肝臓がんの危険因子

ここで肝臓がんのリスクが高い傾向があるタイプを紹介しておきます。よく知られているものも含まれますが、これを覚えておけばリスクを回避し予防することにもつながりますね。

リンゴ型体型の人は脂肪肝になりやすいので、これが危険因子となると言われています。ここに肝臓がんの原因としてよく知られているアルコールの大量摂取が加われば、肝臓へのダメージを与え続け細胞を傷つけやすいので、肝硬変から肝臓がんへのリスクを一気に高めてしまいます。

添加物や人工甘味料を過剰摂取している人も、肥満の原因が脂肪肝のリスクを高め、結果的に肝臓がんの危険因子を作り出すことにつながります。添加物や人工甘味料を使ったものが大好物だという人は、知らず知らずのうちに肝臓がんのリスクを高めていることもあるので、食事の見直しが必要です。

これは個人差もありますが、肝臓がんの兆候として重度の貧血や慢性的な肩の痛みといったものもあると言われています。貧血や肩の痛みというのは一見肝臓には結びつかないので見過ごしがちですが、このような全く別の部分にでる兆候も知っておくといいでしょう。

肝臓がんに限ったことではありませんが、やはり食生活や生活習慣はがんの危険因子となりリスクを高めることが多いので、年齢や性別に関係なく不健康だと自覚しているのならそれを改めるのも大切なことです。

またB型肝炎やC型肝炎を患った人は肝臓がんのリスクが高い傾向があるので、これも早めに適切な処置と治療を心がけましょう。

肝臓がんのリスクを回避するために

お酒好きな人は甘党ではないというイメージもありますが、甘いものだけが太る原因になるとは限りません。お酒をよく飲む人はおつまみなどもカロリーを考えて組みわせることで危険因子を減らすことができます。

特に、出来合いのおつまみには人工甘味料を使用しているものも多いので、できるだけヘルシーで低カロリーな食材を選び、手作りのものにするなど工夫も大切です。週に一日か二日でもいいので休肝日を作ることも意識してみましょう。

しじみには肝臓の働きをサポートする成分が豊富に含まれているので、お酒を飲んだ翌朝にはしじみの味噌汁を飲むのも効果的です。味噌汁を飲むのが難しい場合は、しじみの成分を抽出したサプリメントでも代用できます。

肝臓がんの検査方法にもいくつか種類がありますが、血液検査や超音波検査といった比較的体に負担が少ない簡単な検査でもわかるので、危険因子がある場合は早めに検査を受け、はっきりさせておくと安心ですね。

検査を受け肝臓がんでなければ、その後生活や食事を見直すことでリスクを回避し、肝臓がんの予防ができますね。もしも肝臓がんであるとわかった場合も、発見が早いほど治療も早く開始できて生存率も高くなります。肝臓がんの危険因子を知っておくことも結果的に肝臓がん予防へとつながるのです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る