TOP > > 糖尿病の原因を予防・排除するための意外な3つの方法とは?

糖尿病の原因を予防・排除するための意外な3つの方法とは?

糖尿病という言葉を聞いて、一番最初にイメージする原因は、不摂生な食事習慣を持っていたり、過度な飲酒をする習慣を持っていたりと、基本的には生活習慣の乱れと、暴飲暴食が挙げられます。

たしかに、これらの行動・習慣は、糖尿病を発症させるリスクの1つと言われていますが、今回、食事習慣とは違った新たな要因が明らかになったのです。なんと10代や20代の若い世代にも増えているという糖尿病の要因と、それを予防・排除する方法をご紹介します。

現代特有の糖尿病の原因とは?

従来、糖尿病の原因と言えば、食べ過ぎや、ビールなどのアルコールの飲み過ぎ、運動不足などが大方のイメージでした。これらは何も間違いではないのですが、近年、これらの生活習慣以外にも、糖尿病の原因となる新たな要因が明らかになったのです。

それは、社会問題にもなっている「ストレス」なのです。ストレスと糖尿病というのは、一見すると全く因果関係がなさそうですが、非常に密接な関係にあることが分かったのです。つい最近、世界的に見ても大規模な地震が起こりましたが、なんと避難生活を送っている多くの被災者が突如糖尿病を発症したのです。

避難生活をしている場で、食べ過ぎるはずはなく、飲み過ぎていたわけでもないのです。これは、地震が発生したことにより、家を失ったり、普通の生活が出来なくなってしまった事によるストレスが原因だったのです。

この被災者が糖尿病を発症させたのは一例ですが、私たちも、日々何らかのストレスにさらされていると言っても間違いではありません。職場の問題、家庭の問題、子供の問題、お金の問題、自身の健康状態の問題など、多くのストレスを抱えるようになった現代人は、食習慣等とは関係なく、糖尿病を発症してしまうリスクを抱えているのです。

そして、このストレスという厄介な存在は、糖尿病を発症させるだけでなく、大問題となっている「うつ病」をも引き起こす可能性があるのです。ということで、糖尿病のみならず、様々な病気の原因となり得るストレスに対し、自分なりの和らげる方法を見つけることが重要になってきます。

糖尿病の原因となるストレスを和らげる方法とは?

ストレスを緩和する方法に正解はありません。人によって、それぞれストレスの発散方法は異なってくるのです。男性は男性なりの、女性は女性なりの、老人は老人なりの、若者は若者なりの発散方法があるのです。

1.コントロールしている自分を感じることでストレスを発散する

ストレスの原因の多くは、物事の事象を自分自身でコントロールしきれない状況に直面し、それが心の安定を取り除き、不安になることでストレスとなるのです。この状況を逆手に取り、小さなことでも良いので、自分自身でコントロール出来る事に没頭しましょう。すると、いつの間にか心の平常を取り戻せるでしょう。

2.第三者とのコミュニケーションを取る

この手法を使い、上手くストレスを発散しているのは特に女性が多いと言われています。女性の場合は、気の合う友人と電話で長電話をしたり、気軽にカフェでお茶をしながら愚痴をこぼすことによって、ストレスを緩和しているのです。

人間が生きていく上で、コミュニケーションというものは必須なわけで、これが上手くいかないことによってストレスは生み出されるのかもしれません。よくよく考えれば、夫婦関係の冷え込みや、上司と部下の関係の悪化というものも、コミュニケーションの不具合がもたらしていると言えます。

誰か気の合う友人がおり、自分の愚痴を聞いてくれる人がいれば良いですが、そのような友人がいない場合も、それ自体に凹むのではなく、詩を書くなどして、自分自身との対話を楽しむ、というのも一つの手であります。

3.自分の状況を認める

これは完璧主義者や、自分自身に厳しい態度を取る人に多いのですが、自分自身の頑張りを認められず、何らかの計画が上手くいかなくなると、途端にパニックになり、大きなストレスを抱えるようになります。完璧な人や、計画通り完璧に遂行される行動というのは少ないわけで、そこまでの自分自身を認めてあげるという行為も必要になってくるのです。

そうは言っても難しい!という人は、物事の見方を変えてみたり、視点を変えてみると、一つの事象であっても捉え方が変わってきます。そうすることによって、絶対に成功させなければならない!と思っていた、自分の心のストレスは和らぐでしょう。

ということで、適切な食事を取り、定期的に運動を行っているにも関わらず、糖尿病が全く改善されないのであれば、ストレスが影響を及ぼしているかもしれません。上記のストレスに対する原因と対策を参考に、少しずつストレスを和らげ、健康的なライフスタイルを手に入れましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る