TOP > > 特保飲料で本当に中性脂肪が下がるの?特保飲料の賢い取り入れ方

特保飲料で本当に中性脂肪が下がるの?特保飲料の賢い取り入れ方

中性脂肪やコレステロールと聞いただけでも、体に悪そうなイメージが浮かびます。しかし毎日の食事に注意しているつもりでも、実は栄養が偏っていたり、ヘルシーだと思って食べていた物が実は逆効果だったという事もあります。

食事は健康にも大きく影響するものですが、管理するのは意外と難しいですね。また情報が溢れているので、何を信じたらいいか分からなくなってしまいます。

特保は体にどう影響するのか

テレビCMや雑誌の広告を見ると、最近特保飲料に関するものが増えているように思います。「特定保健用食品(特保)」は、健康に効果があると国が認めた食品の事です。

例えば国が効果を認めていない物は、食品や飲み物のパッケージに、これを飲めば痩せると想像させるような言い方まではギリギリOKとなっていますが、これを飲めば痩せますよ!と言い切ってしまうのは禁止されています。

特保の場合は臨床実験などでデータを取り、健康にいい影響を与える事が確認されており、国もそれを認めているのではっきりと明記してもいい事になっています。健康に対しての効果はもちろんですが、安全性も確認されているというものです。

健康に良いと書いてあると、その食品や飲み物を飲んでいれば健康になれると勘違いしてしまいがちですが、ここはまた意味合いが違ってきます。特保飲料を飲んでいれば暴飲暴食をしてもOKではありませんし、病気が治るという事でもありません。

特保飲料の健康効果について

特保飲料にも実は種類があって、成分や種類によって効果も変わってきます。特保飲料の多くは「中性脂肪が気になる方へ」とか「体脂肪が気になる方へ」というように、よく見ると内容が違います。

特保飲料を飲んでいれば、勝手に脂肪が減り痩せるような気がしますが、種類によって選ぶべき特保飲料が違うことを理解しましょう。まず「脂肪の吸収を抑える」という場合は、食事を食べた時に脂肪として吸収された分に対しての効果なので、既に蓄積された体脂肪は減らせません。

「体脂肪が気になる方へ」と書いてある場合は、既に蓄積された体脂肪に対して効果があるという事になるので、脂肪分の多い物を食べながら飲んでも、あまり意味がありません。

自分に合った特保飲料を選ぶのがポイント

中性脂肪の吸収を特保飲料が抑えてくれるからといって、脂っこいものばかり食べていれば、あまり意味はありません。特保飲料を飲む事で、飲まないよりは脂肪の吸収を抑えられますが、あくまでも補助ということを忘れてはいけません。

また食事を食べながら飲むのか、食事を食べた後に飲むのかも重要です。これについては必ずパッケージにどのタイミングで飲むべきかが書いてあるので、しっかりと確認しておきましょう。

特保飲料の多くはお茶ですが、最近は甘味のある炭酸飲料にも特保が登場しています。またお茶にも種類があって、緑茶・烏龍茶・麦茶など茶葉も違います。お茶の多くはカフェインも含まれますね。

食後に飲む場合や普段の飲み物として取り入れる場合は、カフェインが強めの物だと夜眠れなくなるという別の問題が出てきます。同じお茶の特保飲料でも、カフェインの含有量をよく見てから選ぶのがおすすめです。

カフェイン以外では、カテキンなどのポリフェノールや、難消化性デキストリンなどを含有している物が目立ちますが、これらの成分にどういった効果があるのかも把握しておけば、選びやすいと思います。

特保飲料の賢い取り入れ方

お米・パン・パスタにラーメンなどを好んで食べる人は、糖分を摂り過ぎている傾向があります。糖分の摂り過ぎを気にして甘い物は食べないという人も、炭水化物にも糖分が多く含まれているので注意しましょう。

特保飲料を取り入れるなら、食事の栄養バランスや量も管理しましょう。こうする事でより効果が期待できるはずです。また特保飲料に効果があるといっても、一度にたくさん飲めばそれだけ効果が高まるという事でもありません。

大切なのは1日に摂取する量を守り、それを続ける事です。臨床経験などでも1日や2日ではなく、ある程度の期間継続摂取してからデータを取るので、1回や2回飲んだからといって、効いている気にならないよう注意しましょう。

特保飲料の多くはペットボトルに入っていて量も違いますが、1日1本を目安にしているので、1本を何回かに分けて飲めばOKです。特保飲料には健康に対する効果が認められていますが、どのくらいで効果を実感できるかは個人差もあります。

体質や食事の内容、1回に食べる量によっても変わります。体脂肪を減らす効果がある物でも、飲んでいるだけではなく適度に運動を取り入れてください。こうする事で体脂肪への効果も高まります。

特保飲料を取り入れると、今まで気にしていなかったカロリーや、脂肪の量なども気にするようになってくるものです。神経質になる必要はありませんが、少しでも意識が変われば、これも結果的にいい方向に向かっていくので、気持ちの切り替えも大切ですね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る