TOP > > 生活習慣病なら食べて!りんごポリフェノールの効能がすご過ぎる

生活習慣病なら食べて!りんごポリフェノールの効能がすご過ぎる

爽やかな甘酸っぱさと親しみやすさが魅力のりんご。体に良いことでもよく知られていますね。りんごにはさまざまな栄養素が含まれています。特に注目を浴びているのが「りんごポリフェノール」です。

ポリフェノールの中でも健康効果が高く、さまざまな病気を防ぐことが分かっているので、毎日でもりんごを食べたいですね。例えばりんごには、どんな病気を防ぐ効果があるのでしょうか。

りんごポリフェノールとは

ポリフェノールと言えば5,000種類ほどある中でも、カテキン、アントシアニン、イソフラボンなどが有名ですね。りんごポリフェノールには「エピカテキン」「プロシアニジン」「ケルセチン」など、たくさんのポリフェノールが含まれており、他の植物のポリフェノールと比べても、ずば抜けて高い抗酸化作用を持つことが分かっています。

エピカテキンは、茶に含まれるカテキンと同じものですが、茶のエピカテキンも優れた抗酸化作用があることで知られています。またプロシアニジンは、健康食品に用いられるブドウ種子や松樹皮などにも含まれていますが、りんごに含まれるプロシアニジンの強力な抗酸化作用にはかないません。

ちなみに、りんごを切ると表面が茶褐色に変色していきますが、これもポリフェノールの抗酸化作用によるものなのです。空気中の酸素を取り込んで自らを酸化させ、果実を酸化から守ろうとしているために起こっているのです。では、りんごポリフェノールの抗酸化作用には、どのような効能があるのでしょう。

抗癌作用

高い抗酸化作用のあるりんごポリフェノールは、抗癌作用が期待されています。プロシアニジンに癌細胞を死滅させる作用(アポトーシス)のあることが分かっています。私達の体は常にアポトーシスが行われ、病気が未然に防がれているのです。しかしアポトーシスが癌細胞の増殖のスピードについていけなくなると、やがて癌を発症してしまいます。

特にプロシアニジンの抗酸化作用はずば抜けて強力なため、アポトーシスの効果を高める効果が注目されているのです。癌は2人に1人かかると言われる国民病になりました。特に喫煙者、不規則な生活習慣を送っている人は、りんごを食べて癌を予防しましょう。

内臓脂肪を減らす効果

りんごポリフェノールには、内臓脂肪を減らす働きがあります。内臓脂肪が多いと生活習慣病のリスクが高まり、動脈硬化を起こしやすくなります。お腹周りに脂肪のついたメタボ体型の人、生活習慣病の人は、りんごポリフェノールを摂取しましょう。

りんごポリフェノールは内臓脂肪の材料となる脂質やコレステロールが小腸から吸収されるのを抑え、内臓脂肪の蓄積を防いでくれます。

アンチエイジング効果

りんごポリフェノールは、老化速度を遅くすることも分かっています。りんごポリフェノールはいつまでもはつらつと輝いていたい人、加齢に伴う生活習慣病が気になる人にもおすすめ。

順天堂大学大学院医学研究科により「りんごポリフェノールが血清アルブミンを増量させることで、老化速度を下げる」ことが発表されています。血清アルブミンとは、血液中に含まれるたんぱく質の一種で、生命の維持に必要な成分を運搬する役割があります。

血清アルブミンが多いほど細胞に栄養が行きわたりやすくなるので、老化しにくく病気しにくくなるのです。りんごポリフェノールの摂取は、高齢者の病気や介護を減らす効果が大いに期待されています。

疲労予防効果

りんごポリフェノールは疲労予防に効果があります。多忙な日々を送っている人、加齢により疲れやすくなってきた人にも、りんごポリフェノールがおすすめ。飲料メーカーの研究により「りんごポリフェノールを摂取したヒトの運動後に、疲労を軽減させる効果がある」ことが分かっています。

また順天堂大学大学院医学研究科からも「りんごポリフェノールの摂取により、日常生活の疲労度が軽減したり、寝つきが良くなることが分かった」という研究結果が発表されています。疲労の原因となるのが、活動やストレスで発生する大量の活性酸素。

エネルギーを作る機能を低下させてエネルギー不足を引き起こすことから、疲労感や集中力の低下をまねいているのです。りんごポリフェノールを摂取すると、高い抗酸化作用で活性酸素が除去され、疲労することが減るので、快適に活動できるようになります。

りんごポリフェノールの効果的な摂り方

お好みに合わせてりんごを食べるだけでも、栄養が十分に摂取できますが、りんごポリフェノールの効能を期待するならば、以下のように食べるのがおすすめですよ。

  • 皮つきのまま
  • 生で
  • 食前に
  • プロシアニジンの多い青りんご

しかし食べれば食べるほど健康になるかと言えば、そうでもありません。他の食品もバランス良く食べてこそポリフェノールの働きが発揮されるのです。昔から「1日に1個のりんごが医者を遠ざける」と言われてきましたが、1日1個を目安に、毎日りんごを食べるのが丁度良いでしょう。

りんごポリフェノ-ルには他にもアレルギー改善、美白、育毛にも効果があるといわれています。普段あまりりんごを食べていなかった人も、このように素晴らしい効能を持つりんごに親しんでいただきたいと思っています。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る