TOP > > 便秘とは限らない!ぽっこりお腹の女性は隠れメタボが原因かも?

便秘とは限らない!ぽっこりお腹の女性は隠れメタボが原因かも?

メタボリックや生活習慣病と聞いた時、あくまでも個人的なイメージなのですが、どうしても男性に多い症状と考えてしまいます。女性の場合はぽっこりお腹という可愛い表現ですが、実はこのぽっこりお腹にも、意外な病気の原因が潜んでいる事もあるのです。

女性に多いぽっこりお腹

一見痩せていてスリムに見えるのに、実は脱いだらすごいぽっこりお腹だったという人って、意外と多いようですね。なぜ女性にはポッコリお腹が多いのでしょうか?これにはいくつかの理由がありますし、人によっても理由が違ってきます。

多くの場合は便秘や脂肪ですが、腹部膨満という、腸にたまったガスが原因となる事もあります。この場合は腸内環境に問題があるので、便秘も併発しやすいのですが、ガスがたまるとお腹の張りや腹痛などの症状も出てきます。

単なる便秘での腹痛と思い込む人も多いのですが、放置すれば腸閉塞などのリスクもあるので軽視できません。慢性的なお腹の張りや便秘の人は、早めに改善する事も大切です。仮に単なる便秘であっても、老廃物を体にため込むのは健康にも影響が出ますし、腸内環境の悪化を放置すると、体調不良など全身への影響も出てきます。

腸内環境の悪化に伴い、腸の機能が低下すると炎症を起こしたり、腸自体がたるんでしまう事があります。炎症による腫れやたるみが原因でお腹がぽっこりする事もあります。

女性特有の原因

ぽっこりお腹の原因が、女性特有のものであるケースもあります。こういったケースは稀だと言われていますが、可能性がある以上は知識として覚えておきましょう。その原因とは女性特有の卵巣や子宮の病気です。

卵巣ガン、子宮筋腫、卵巣嚢腫といった病気が原因で、お腹がぽっこりと出ると言われています。もちろんこれらの病気が原因の場合は、他に痛みや生理の状態にも症状が出ますが、ごく稀だと言われていても、こういった病気が潜んでいる事も覚えておきましょう。女性特有の病気に対しての定期検診が重要だと言われているのは、こういったリスクもあるからです。

日常生活に原因がある?

女性のぽっこりお腹の原因は骨盤の歪みやズレ、姿勢の悪さなども考えられます。例えば椅子やソファーに腰掛ける時、足を組む人は骨盤もズレやすいと言われていますし、立っている時、左右のどちらかに体重をかけたり、重い荷物を利き手だけで持つ癖がある人も、骨盤は歪みやすいと考えていいでしょう。

リラックスしている時は全身の力も抜けていますが、普段からダラーっと緊張感なく過ごしてしまうと姿勢も悪くなり、背筋や腹筋の衰えが原因となり、お腹がぽっこり出てくるようになります。

この場合原因は生活習慣にありますが、放置すれば肩こりや頭痛、腰痛など、他の部分にも影響が出てきます。骨盤というのは体の中心となりバランスを維持する役目があるので、バランスが乱れると全身への影響も出てしまいます。

原因毎の解消法と予防法

このように、ぽっこりお腹にも実はいろいろな原因が隠れているのです。しかし原因が分かれば、それに応じた対処や治療も可能ですし、原因を作らないように予防する事もできます。

腸内環境

腸内環境の悪化は、善玉菌を増やすなど食べ物である程度は改善できます。腸内環境が整うことで、腸の働きも活発になるので、たるみも解消されます。冷えも腸内環境悪化の原因となるので、体を冷やさないようにする事も意識してみましょう。

女性特有の病気

この場合は自分では対処しきれませんので、病院に行って適切な治療をするしかありません。初期症状が出ない場合もありますが、何らかの症状が出ている場合は早めに対処すれば重篤な症状も回避できますし、やはり定期検診は予防にもつながります。

日常生活

この場合は努力次第でいくらでも改善可能で、早速今日から実践できる方法もあります。姿勢が悪いというだけで、見た目も老けて見える事がありますし、骨や関節にも負担をかける事になります。

姿勢が悪い人は無意識にその体勢になってしまうので、例えば骨盤周りに巻くベルトや、背中を真っ直ぐにする効果のあるブラジャーなどを使ってみましょう。椅子に座る時や立つ時は、左右のバランスが均等である事を常に意識してください。

骨盤の歪みは骨盤体操でも改善できますが、簡単に改善できる反面、歪みやすいので毎日続ける事が大切です。余りにも歪みがひどい場合は、痛みなども伴うので無理はせず、整形外科や接骨院で矯正してもらうという方法もあります。

いかがでしょうか?ぽっこりお腹にもこのように様々な原因があります。自分に思い当たる事がある場合も、自分自身で診断する事はできないので、深刻な場合は早めに病院を受診しましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る