TOP > 生活習慣病

あなたは大丈夫?生活習慣病

いつ頃からでしょうか、成人病という名前がなくなりその代わりに出てきたのが生活習慣病という名前でした。今では当たり前のように語られていますが最も多くの人がかかっている病気の一つであり、自分自身の生活で改善ができる病気の一つでしょう。

生活習慣病とは

そもそも昔、昭和の時代には成人病と言われていたものが生活習慣病と言われるようになりました。
昔は大人になってから初めて出てくるような症状や病気を総称していたのですが、現代になってからは若いうちにも発症するようになりました。それこそ子供の頃でもです。だから生活習慣病と言う名前に変わったと言われています。

主な病気としては高血圧や肥満などがメインで多くの人に出ている症状ですが、そこから導かれる重度の病気である脳卒中であるとか心臓病、糖尿病なども含まれます。
肥満や高血圧を治療せずに放置していることでこれらの大きな病気につながるのです。

・生活習慣病の予防に
糖尿病の原因を予防・排除するための意外な3つの方法とは?
忍び寄る動脈硬化、心配なあなたに簡単検査で早目の診断を

そのため早めの処置が必要になりますが、高血圧や肥満など初期の段階ではまだ自分の生活をかえるだけで対応することが可能です。食べ過ぎ飲み過ぎを控える、運動をする、水をたくさん飲むなど民間療法ではありませんが、生活習慣をかえることで防ぐことが出来ます。

子供の頃からの生活習慣病予防を

重要な事は子供の頃からの生活習慣病予防でしょう。お菓子やインスタントラーメンばかり食べる、運動をしないなどの生活習慣を子供の頃につけてしまうと大人になってからかえるのは至難の業です。ですから親は子どもに生活習慣病にならない習慣を付けさせることで、将来的な病気のリスクを軽減することができるのです。

・食品で予防しよう!
生活習慣病の予防にもなる!小さなごまに秘められた実に豊富な栄養
「そば」で生活習慣病予防!効き目を傍に感じる健康効果

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る