TOP > 高齢出産

高齢出産は危険か

日本やアメリカ、ヨーロッパなど非常に行動な医療が行われている国々では高齢出産が増える傾向にあります。

元々は高齢出産はあまり行われてこなかったわけですが、それが医療の発展とともに徐々に増えつつあり、日本でも出産年齢は上がってきています。

高齢出産のリスク

高齢出産におけるリスクというのは今でもあります。まず一つ目が母体が安全ではないということです。高齢出産は体力も衰え、生物学的に出産適齢期ではないにも関わらず、医療の力を借りて出産をすることになります。

・男女でリスクの違いはあるか
卵子が老化するなら精子も老化する?男と女の高齢出産リスクの違い

母子ともに健康が当たり前の昨今、母親の体に何らかの傷がついてしまう可能性は否定できません。

もう一つがダウン症などの障害を持った子どもを授かりやすくなるというリスクです。これは医学的にも年齢が高い時に出産した場合には障害を持って生まれることが多いとされています。

障害を持った子どもを育てられる環境に日本はありますが、決して楽ではありません。他にも多少なりともリスクというのは母子ともに存在します。それが高齢出産です。

高齢出産と女性の権利

それでも現代では高齢出産をされる女性は多いですが、これは女性の権利との問題になります。

高齢でも出産が可能であれば、それを叶えてあげるというのが女性の権利である、というように先進国では徐々に考えられつつあるわけです。

つまり高齢出産がリスクがあるから認めないというのは、女性の権利を侵害しているということにもなりかねないのです。

非常にセンシティブな問題ではありますが、現在の先進国では高齢出産もリスクは有りますが選択することができる女性の権利として認められつつあるということではないでしょうか。

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る