TOP > > 「レーシック」視力改善しすぎで後遺症?近くが見えない・光が痛い

「レーシック」視力改善しすぎで後遺症?近くが見えない・光が痛い

最近では、「レーシック手術」もごく普通に受けられる方が増えているようです。確かに金額的に言っても、以前と比べるとグッと安価になっていますね。それだけ普及しているということで、近視の人にとっては喜ばしいことなのですが・・・

以前ニュースになった不衛生な手術の事件は別にして、「レーシック手術」の後遺症についてはあまりニュースなどで聞きませんよね。それもそのはずです。実際に手術後に起きてしまっている症状を「後遺症」とは受け止めてくれない場合がとても多いからなのです。

後遺症では無いの?この症状

まず「後遺症」とは、どんな事をいうのでしょうか?病気や怪我が治ったあとに残ってしまった機能障害(しびれ・麻痺など)や、傷跡などをいいます。概ね、その行為が引き起こした悪い症状の総称です。では、「レーシック手術」の後遺症と見られる症状はどんな症状なのでしょうか?

・頭痛
・目眩
・眼精疲労
・光を痛みとして感じる、など

こうしてみるとあまり大げさなことではないように思えますよね。問題は、視力検査や眼球の検査など通常の眼科の検査では異常は見つからないということなのです。

そのため、術後の検診で医師に訴えても大抵は「様子を見ましょう」となってしまうケースが多いようです。つまり「後遺症」とは受け止めてくれず、仕方なく改めて他の眼科を受診する事になってしまうケースが増えているということです。

現実として、このようなケースを専門に見てくれる眼科もあるようです。勿論、術後にこれらの症状が出ても、一時的であり時間とともに治まってしまう事がほとんどのようですが、残ってしまう人も居ることを知っておいた方が良いと思います。

なぜこんな症状がでるの?

「レーシック手術」で引き起こされる原因として考えられるのは、「過矯正」です。度の強いメガネをかけた時の事を考えてください。目眩や頭痛が起きてきませんか?メガネなら外せば治ります。

でも、手術後にずっとその状態が続いたとしたら・・・かなりの苦痛があると思われます。実際、術後に改めて「遠視」の解消手術をした。という人がいることも事実です。考えてみてください。日常生活を送る際に2.0もの視力が必要ですか?

「レーシック手術」は目の角膜をレーザーで削って視力をだします。削れば削る程、視力を回復することができるのです。「どうせだし」なんて言う感覚で視力を矯正しすぎてしまえば、後々苦しむのは自分自身なのです。

さらに怖い後遺症があります。もともと、人間の目は右目と左目で別々の映像を見ています。それを脳が賢く合成してくれているのです。視力検査で、片目ずつでの視力はいいのに両目で見ると視力が落ちてしまう人がいることを知っていますか?

鏡を見てみてください。両目はまっすぐ正面を向いているように見えるでしょうか?見えたとしても大多数の人の目は微妙にずれていることが多いそうです。勿論、脳の合成処理範囲内であればなんの問題もありません。前述の人は、この処理の範囲を多少なりとも超えているために不思議な事になってしまうのです。

ところが、術後にこの処理範囲を超えてしまう現象が起きてしまう事があるそうです。ピントが合わないわけですから、頭痛の原因になります。酷い場合、明らかに見た目が変化してしまう事もある程です。

また、光を「痛み」として感じてしまう人もいるそうです。こうなってしまうと本当に日常生活にかなりの苦痛が伴うようになってしまいます。

「レーシック手術」はやり直しが効きません。施術を受ける時は必ず、矯正の適正レベルを確認して信頼のおけるところで受けるようにしてください。

おまけですが、今最新の「近視矯正」として目の中にレンズを入れる手術が紹介されています。気になったかたは、是非調べてみてはいかがでしょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る