TOP > > アメーバが原因で角膜炎に?コンタクトのどんな点に注意すべき?

アメーバが原因で角膜炎に?コンタクトのどんな点に注意すべき?

ソフトコンタクトの愛用者が増加しているのに比例して、コンタクトによる目のトラブルも急増しているようですよ。

その中でも怖いのがアメーバ感染による角膜炎です。アメーバ角膜炎は角膜炎の中でも重症と言われる怖い眼病です。コンタクトでアメーバに感染してしまうなんてびっくりですね。

ソフトコンタクトを使っている人は、アメーバ角膜炎がどんな病気か是非知っておいてください。

アメーバ角膜炎とは

アメーバ角膜炎とは角膜にアカントアメーバという微生物が感染することで起こる角膜炎です。アカントアメーバは土壌、水中、空気中と私達の身の周りにごく普通に存在している微生物です。

通常の生活をしていれば心配はいらないもので滅多に起こらない病気でしたが、ソフトコンタクトの普及で患者が急増し始めました。

アメーバ角膜炎にかかると目の強い痛み、目の充血、涙が出る、視力低下といった症状があらわれ、進行すると角膜が白濁して視力が大きく低下したり失明することもあります。

しかもアカントアメーバには有効な薬がないために、いったん感染すると治療が難しくなってしまうのが怖いのです。

アメーバ角膜炎の原因

アメーバ角膜炎を予防するためにアメーバ感染の原因を知っておきましょう。

プールや海、川

海、川、貯め水にはアメーバがいます。コンタクトを装着したまま泳いだりすると感染を引き起こす可能性もあります。

保存液の汚染

水道水にもアメーバが含まれています。しかし塩素消毒によって繁殖が抑えられているので普通に水道水を使う場合にはほぼ害はありません。

ですが保存液に入れて長期間放置しておくと塩素が抜けて細菌が増え、細菌をエサとしてアメーバが繁殖することがあるのです。

ケースの汚染

目から取り外した後はよく洗浄してからケースに保管しないと、残った汚れをエサとしてケース内にアメーバが繁殖してしまう可能性があります。ケースにぬめりが発生している場合は要注意です。

アメーバが付着しやすいシリコーンハイドロゲル素材

酸素の透過性の高いソフトコンタクトが増えて装着感が快適になってきましたが、使われているシリコーンハイドロゲル素材はアメーバが付着しやすいのです。

ソフトコンタクトレンズの消毒不足

使い捨てソフトコンタクトレンズのケアに使われることの多いマルチ・パーパス・ソリューション(MPS)はコンタクトの洗浄、すすぎ、保存、消毒が1液でできるのが便利なのですが、消毒力が弱くアカントアメーバには効果がないのです。

よく洗浄しない

十分にコンタクトを洗浄しないで目に装着することでコンタクトに付着しているアメーバが目に感染してしまいます。

アメーバ角膜炎を防ぐには

アメーバ角膜炎を防ぐには、徹底してコンタクトを清潔に保ちアメーバに汚染しないようにすることが第一です。使用後のコンタクトというのは思いのほか汚れが付着しており、きれいに洗ったつもりでも汚れが落とし切れていないことも多いのです。

アメーバ汚染を防ぐには

  • コンタクトを扱う前には石けんと流水で手をよく洗う
  • MPSを使用する時はコンタクトを十分にこすり洗いする
  • ソフトは目に異常が見つかっても気づきにくく炎症が悪化しやすいのでハードに切り替える
  • 使い捨てを使うならワンデータイプを
  • ケースは定期的に新しい物に買い替える
  • 水泳する時はコンタクトを外す
  • 寝る前にコンタクトを外す
  • 雑菌感染しやすいのでアイメイクは目に入らないように気をつける
  • コンタクトを長時間装着せず、メガネを併用する

目に少しでも異変を感じたら速やかにコンタクトを外して目を休ませ、早めに眼科を受診してください。また目に異常がなくても定期的に眼科で検診を受け、目の健康を維持するように心がけてください。

これらの心がけはアメーバ角膜炎以外の眼病や目のトラブルを防ぐためにも共通して重要なことです。

コンタクトは毎日使っていると管理がどうしてもずさんになりがちです。コンタクトは「高度管理医療機器」、つまり使い方によってはリスクが生じる可能性がある医療機器に指定されているということを頭において、きちんと管理するように心がけましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る