TOP > 川崎病

川崎病の早期発見のために

川崎病とは、1967年に日赤中央病院の川崎富作先生という小児科の先生が発表した原因不明の病気で、世界共通の病名です。川崎病は全身の血管に炎症を起こすことにより、様々な症状が出ます。

・症状
5日以上続く高熱
両目の充血
手足が赤くなり、硬く腫れる
全身に不定発疹
首のリンパが腫れて痛がる
唇が赤くなり、舌もイチゴのように赤くなる
熱が下がる頃に指先の皮がむける

しかし、これらの症状が一部しか出ない不全型の川崎病もあるので、非常に判断が難しい病気で、誤診されることもあります。1歳前後から4歳くらいの乳幼児、特に男子に多く発病します。発病してから2~3週間で症状が軽くなります。

・早期発見が重要
川崎病は風邪に似た症状から始まるので、見落とされることもあります。風邪と診断された後でも熱が下がらず、症状がひどくなってくるようであれば、再診し、川崎病の可能性を先生に伝えてみるとよいでしょう。

川崎病の診断が遅れ、初期の治療を間違えると死にいたることもあります。かわいいわが子を守るため、しっかりと症状を観察し、少しでもおかしいと思ったらすぐに受診しましょう。

1歳前後の赤ちゃんに多い「川崎病」その症状とは?

・統計学からわかった川崎病にかかる人の特徴
原因不明の川崎病ですが、かかる人の特徴はわかっています。その特徴に該当する子どもさんは風邪などの症状でも川崎病を疑う目を持つことで早期発見につながり、早めの治療を受けることで後遺症や合併症のリスクを減らすことができます。

原因不明の川崎病!しかしかかる人には3つの特徴がある!

・恐ろしい合併症
川崎病の合併症は心筋梗塞、肝機能障害などの命に関わるものや、モヤモヤ病、関節炎などの日常生活が困難になるものもあります。

川崎病はきちんと治療すれば怖い病気ではありませんが、油断すると死にいたる合併症がある病気です。また、冠動脈瘤ができた場合は大人になってからも影響があるかもしれないので定期的な検査が大切です。

川崎病の恐怖、合併症!4つの合併症をご紹介

川崎病の治療

・川崎病の診療科目は何?
川崎病は突然発症します。もし両親が川崎病かもしれない、と思ってもその時、一体どこの病院に行けばいいのかわかりませんね・・・。

やはり、子どもの病気に一番詳しいのは小児科です。まずはいつものかかりつけ小児科を受診してみましょう。そこで判断、必要な検査、川崎病と診断されれば入院となりますが、入院設備がなければ大きな病院を紹介してくれます。

川崎病にかかったら何科を受診?お勧め科と治療について

・検査
川崎病の検査として以下のものがあります。
心エコー検査心電図検査胸部レントゲン検査心カテーテル検査血液検査など。特に冠動脈瘤の有無、動脈瘤による不整脈などが主な検査項目です。心臓に関する検査に加え、血液検査もします。

血液検査は川崎病特有の数値というものはないため、赤沈値の著しい増加や白血球の増加、貧血などの炎症に関する数値を見て判断します。この他、血小板の数値にも特徴的な変化があります。

・川崎病Q&A
原因不明だからこそ、怖い川崎病。かかったことがある方も川崎病を心配されている方も正しい知識を持つことで安心できます。

「川崎病は再発する病気?」など川崎病に関する5つの疑問

間違った認識に注意

川崎病はまだはっきりとはわかっていませんが、伝染病ではないといわれています。回復し、退院後、園や学校などで川崎病患者を特別扱いすることがありますが、後遺症さえなければ普通の生活ができます。

もし学校に何か言われても毅然とした態度で伝えることが大切です。もし園、学校側がそれで納得しなければ医師に証明してもらいましょう。生活に支障が出るほどの後遺症が残った場合は園、学校、医師に相談してみましょう。

川崎病罹患者が大人になった時のために

川崎病患者が将来大人になった時の経過がどのようになるのかはまだわかっていません。

川崎病を発症した患者は定期的に検査を受けることが大切ですが、動脈硬化の年齢に達した時にどれくらい影響あるのかなどはっきりしていないため、「川崎病急性期カード」があります。

将来動脈硬化からくる疾病を早期発見、予防するために記録しておくことが大切です。川崎病は本人が覚えていないほど小さな時に罹患するため、大人になってから本人に伝えておくことも重要ですね。

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

  • sleeping-baby-180

    川崎病の危険な症状、後遺症!感染原因やかかる子供の4つの特徴とは

    川崎病は日本で年々患者数が増加している子供の病気です。かかりやすい人の4つの特徴とかかってしまう原因、特徴的な症状、治療法について説明いたします。...

  • 「川崎病は再発する病気?」など、川崎病に関する5つの疑問

    「川崎病は、再発する事がある?」など、川崎病に関する疑問をお持ちの方が、多くいらっしゃいます。そこで今回は、よくある川崎病に関する疑問を5つQ&A形式でご紹介します。川崎病にかかっ...


  • 川崎病にかかったら何科を受診?お勧め科と治療について

    川崎病は、原因不明で誰でもかかる可能性があります。そして、お子様が急に川崎病にかかるリスクは、みんな平等にあります。ですから、いざ川崎病にかかった時の為、色々調べておくことは大切ですよ。そこで今回は、川崎病にかかった際のお勧め科と治療内容についてご紹介します。 ...


  • 川崎病の恐怖、合併症!4つの合併症をご紹介

    川崎病自体は、それほど深刻になる必要が無い病気だと言われています。しかし、だからと言って川崎病を軽んじてしまうと、重症化してしまう事もあります。今回は、川崎病の4つの恐ろしい合併症をご紹介します。 ...


  • 1歳前後の赤ちゃんに多い「川崎病」その症状とは?

    高熱が続き、目や舌が真っ赤になる「川崎病」。原因不明な病気なのですが、医師によっては診断できないことも。ほとんどの場合後遺症は残らないのですが、初期の対応を間違えてしまうと命の危険も。赤ちゃんのこんな様子に注意をして、間違った診断を受けないようにしましょう。 ...

キャラクター紹介
ページ上部に戻る