TOP > > 漢方が向く病気と向かない病気があった!その病気と理由について

漢方が向く病気と向かない病気があった!その病気と理由について

漢方薬は、体に優しいイメージがあります。その為、漢方薬を好んで服用する人も、たくさんいらっしゃいます。でも、漢方薬が向く病気と、あまり向かない病気がある事を、ご存知でしょうか?そこで今回は、漢方薬が向く病気と向かない病気についてと、その理由についてご紹介していきます。

漢方薬が向く病気とその理由について!

漢方薬が向く病気は、いわゆる機能性疾患です。機能性疾患とは、原因不明で起こる体調不良の事です。いくら検査をしても悪い所が無いけれど、頭痛、胃もたれ、イライラなどの症状があると言った場合がこれに当たります。

では、機能性疾患は具体的などのような病気があげられるのでしょうか?それは、月経不順、胃腸障害、自律神経失調症、不定愁訴全版、更年期障害などです。こういった症状で悩まされている人は、たくさんいらっしゃいます。

特に更年期障害の場合、漢方を利用する人が大勢いらっしゃいます。漢方薬は副作用が少ないですし、こういった機能性疾患などには、高い効果が期待できます。また、漢方も保険適応になりましたので、比較的安価で手に入ります。ですから、機能性疾患で悩まされている方は、一度漢方を試して盛られることがお勧めです。

でもなぜ、こういった機能性疾患に漢方薬が良いと言われているのでしょうか?それは、機能性疾患の場合、西洋医学では病気として認定されない事が多いからです。つまり、西洋医学の範ちゅう外になり、適切な治療を受けられない可能性があります。

その点、漢方医学ではこういった西洋医学では原因不明とされる、未病を得意分野としています。その為、イライラ、月経不順、胃もたれなどの症状に合う漢方薬がたくさんあるのです。ですから、こういった機能性疾患は漢方薬が向くと言われているという訳です!

漢方薬が向かない病気とその理由について!

漢方薬が向かない病気は、感染症や手術を伴う重病、心臓病などの重篤な病気などです。でも、なぜこういった病気には、漢方薬が不向きだと言われているのでしょうか?

それはやはり、漢方には即効性が乏しいからです。また、感染症などの場合は、西洋薬の抗生物質を処方してもらった方が、確実に早く快方に向かいます。

その為、感染症や一刻を争う病などの場合は、即効性が高い西洋薬を使った方が効率的なのです。ただ、どうしても漢方がご希望と言う場合は、漢方の専門医にご相談ください。

このように、漢方薬には向く病気と、向かない病気が存在します。病気の症状に合わせて、適切な薬を処方してもらいましょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る