TOP > > 意外に知らない漢方のこと!知って得する5つの漢方の知識

意外に知らない漢方のこと!知って得する5つの漢方の知識

漢方は、「体に優しい」というイメージがあります。でも、詳しくはご存じない方も、多いのではないでしょうか?そこで今回は、漢方の知って得する5つの豆知識をご紹介します。漢方に興味のある方は、ぜひチェックしてみて下さい!

漢方は保険適応できる!?

西洋薬は、保険適応されますので、負担額が少なくて済みます。では、漢方薬の場合は、保険が適応されるのでしょうか?実は、漢方も保険適応となります。その為、病院で漢方の処方箋をもらうと、安価で漢方薬を入手する事が出来ます!

漢方はどこで買えばいいの!?

漢方は、体に優しいと言うイメージが強い事から、近年高い人気を集めています。でも、漢方は、いったいどこで手に入るのでしょうか?漢方を入手する場所は、2通りあります。まず1つ目は、病院です。ドクターに処方箋を出してもらい、調剤薬局で漢方を調合してもらいます。

そして2つ目は、ドラッグストアで購入する方法です。漢方は、ドラッグストアでも販売されていますので、簡単に入手する事ができます。ただ、病院とは違い全額自己負担になりますので、費用がかさむというデメリットがあります。

漢方は長期間飲まないと効果が無い!?

「漢方薬は即効性が無いので、長期間飲まなくてはいけない」というイメージがありませんか?確かに即効性はありませんが、何年も飲み続けなくてはならない訳ではありません。漢方は平均で、約2週間~約1か月程度で効果が得られると言われています。

その為、それほど長期間服用する必要はないのです。ただ、症状によっては長期服用が必要になる事もありますので、詳しくはドクターにご相談ください。

漢方薬を飲むタイミングはいつ!?

漢方薬は、どのタイミングで飲むと、最も効果を得やすいのでしょうか?それは、空腹時です。つまり、食間や食前などの、お腹がすいた時に飲むことがお勧めです。でも、なぜお腹がすいた時に飲むことが望ましいのでしょうか?

それは、空腹時に漢方を服用したほうが、吸収率が高いからです。吸収率が高いという事は、薬効を感じやすくなるという事です。ですから、漢方の服用は、食前や食間など、お腹がすいた時にしましょう!

漢方薬は西洋薬と併用しても大丈夫!?

漢方薬と西洋薬は、併用しても大丈夫なのでしょうか?両者のイメージがかけ離れていますので、中には併用不可なのではないか、と思う人がいるかもしれませんね。でも、西洋薬と漢方は、薬効がかぶっていない限り、併用しても問題ありません。

ただ、薬の飲み合わせ次第では、副作用が強くなる等のトラブルが懸念されます。ですから、西洋薬と漢方薬を併用する際には、必ずドクターか薬剤師さんにご相談ください!

このように、漢方薬にはたくさんの特徴があります。何か機会があった際には、こういった漢方の豆知識をたくさんの方にご披露ください!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る