TOP > > 働き盛りを襲う「若年性アルツハイマー」貴方の家族は大丈夫?

働き盛りを襲う「若年性アルツハイマー」貴方の家族は大丈夫?

「認知機能症候群」の一つと言われている「若年性アルツハイマー」、これは決して他人事ではありません。いつ貴方や貴方の周りの人が発症してもおかしくないほど、身近な病気になりつつあるのです。

周囲が気づける症状は?

「若年性アルツハイマー」 これは64歳以下の人に発症してくる、脳の萎縮による認知症です。最近では、40代から50代の中年世代に多く発症事例が報告されているようです。

自覚するよりも早く、周囲の人達が違和感を感じ始める事が多いため、周囲の人達の助言や認識がとても重要になってくる病気の一つです。特に注意したい変化をまとめてみました。

・今まで出来ていた事が急にできなくなる
・新しい事が覚えられない
・同じことを繰り返す
・家事の段取りが悪くなり、時間がかかる
・道に迷うようになる
・人格が変わった気がする(怒りやすくなる・疑り深くなるなど)
・物や人の名前が出てこなくなる 

これらの症状が頻繁に感じられるようなら、病院での受診を勧めたほうがいいかと思います。ただ、本人にとっては中々受け入れがたいことなので、多少のごまかしを含めてでもできるだけ早い段階で受診できるよう気を配る事が必要になるかもしれません。

早期の段階で治療が行われなかった場合、症状はどんどん悪化していきます。また、たとえ初期の段階であっても、適切な診断を受ける事ができなければ進行はまぬがれません。なぜなら、抑うつ病と症状がとてもよく似ている事が多く、間違った診断がくだされる事もあるからです。

不眠やめまい、疲れ、不安感などの症状はうつ病の症状としても現れますので、自己判断は決してしてはいけません。できるなら大きな病院での診察が望ましく、物忘れなどを専門に診察する診療科があればそこでの診察がBESTだと思います。

進行が進んでしまうと、時間が分からなくなったり、TVドラマや映画の内容が理解できなくなったり、話が理解できなくなったりと本人にとっても非常に辛い事になってしまいます。

今の医学では治療・完治する事はできませんが、進行を遅らせる事は出来ますので、医療機関での診断を、是非仰いでください。

予防策と言われる事

発症してしまう原因として、「βアミロイド」という物質が脳に蓄積してしまう事が分かってきています。認知症と言われる症状は、加齢によりこの物質の分解機能が低下してしまう為に起きてくる様です。ただ、「若年性アルツハイマー」の具体的な発症原因には、まだまだ謎が多い様です。

アルミニウムのお鍋や食器を使っている人も多いと思いますが、熱を加える事によって水にそのアルミニウムが溶け出し、悪い影響を与えてしまうという説があります。水道水に含まれるアルミニウムにも注意が必要だという説もあるようです。

食べ物では積極的に摂りたい栄養素として、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)が挙げられます。ともに、青身の魚に多く含まれています。勿論、サプリメントでの摂取もオススメです。

何よりも規則正しい生活環境・生活習慣病の予防・ポジティブな精神など他の病気の予防と同じく、日頃からの健康管理を大切にすることがこの「若年性アルツハイマー」の予防にも役立ってくれると思います。まだそんな年齢では無いからと安心はせずに、是非、健康管理には十分配慮される事をオススメします。

ページ上部に戻る