TOP > > 手術しなくても大丈夫!脊椎管狭窄症の痛みをとる簡単ストレッチ

手術しなくても大丈夫!脊椎管狭窄症の痛みをとる簡単ストレッチ

年齢を重ねると体のあちこちに痛みを感じるものです。特にひざや腰など下肢の痛みでお悩みの方が多いでしょう。

その中でも脚と腰のしびれや痛みで苦しんでいる方は「脊柱管狭窄症」である疑いがあります。病院で「脊柱管狭窄症」と診断されると、薬での治療がなされ、症状がかなり悪化している場合には手術が勧められます。

しかし、手術は誰にとっても怖いものです。できるならばやらずに済ませたいというのが本音ではないでしょうか。

病院で手術を勧められた人でも、手術をしないで克服した人がいます。その人たちはどのように痛みとしびれに打ち勝ったのでしょう。実は意外と簡単なストレッチがそれを可能にします。

姿勢の悪さや加齢が発症の主な原因

脊柱管は背骨の後ろにある神経の通る道のことで、脊柱神経といわれるものが頭からおりてきています。脊柱管狭窄症とは、この神経の通り道である脊柱管が何らかの原因で狭まり、神経が圧迫されることによって痛みやしびれを感じる病気です。

50代以降の高齢者に多く見られる病気で、加齢によってどんどん背骨が曲がり、それが引き金となって発症すると言われています。特に若い頃から姿勢が悪く猫背気味だった人は、長い年月背骨に負担をかけ続けてきたため、脊柱管狭窄症を発症する危険性が高いと考えられます。

代表的な症状としては腰の痛み、下肢のしびれなどがあり、歩行中に痛みやしびれに襲われそれ以上動けなくなってしまうということがあります。しゃがんだり、背骨を丸めると症状が治まるというのは、間違いなく脊柱管狭窄症だと診断できます。

主な対策は薬か手術?

脊柱管狭窄症で整形外科などを受診すると、症状が軽い場合は、鎮痛剤などの薬物療法、超音波や蓄熱財などを使った理学療法、コルセットなどを使う装具療法などが行われます。症状が深刻な場合は痛みを遮断するブロック注射や手術などが勧められます。

しかし、どの治療法も病気を根本から治す決定的な治療法とはなっていません。長年治療を続けてきたとしても完治するとは限らないのです。

特に問題なのは手術です。症状が深刻な場合は、神経を圧迫している骨を除去する除圧手術が行われます。手術は体に与える負担も大きく、多くの人が積極的にはなれないものです。

ところが脊柱管狭窄症の場合、手術したからといって完全に症状から開放されるわけではありません。再発するケースも多く見られます。

決死の思いで手術に挑んだのに、再び症状が現れてしまった。それ以上に悔しいことはありません。なんとかして手術をしないでも、痛みやしびれから解放される方法はないものでしょうか。

実は簡単なストレッチがそれを可能にしてくれるのです。2種類のストレッチをご紹介しましょう。

ねこのポーズで背中と腰の筋肉をほぐす!

まず最初にご紹介するのは、背中と腰周辺の筋肉をほぐす「ねこのポーズ」です。脊柱管狭窄症の患者さんは、痛みを避けるために背中を丸めた姿勢でいることがどうしても多くなってしまいます。

同じ姿勢を続けていると筋肉が硬直し、症状が悪化する可能性があります。背中を伸ばしたり反らしたりすることによって、筋肉をほぐしてあげましょう。

まずは、ねこのように四つんばいの姿勢になります。最初に体を反らします。あごを上にあげ顔は正面を向き、背中を沈めて腰を下へ落とします。呼吸は止めずにゆっくりと動きます。痛みを感じないところでストップし、10秒くらいキープします。

次に体を丸めます。お腹を持ち上げて顔はおへそを見るようにします。横から見ると背中が猫のように丸まっている状態になります。こちらも呼吸を止めずゆっくり動かして、気持ちのよいところで10秒キープします。

これを5回1セットと考え、できる範囲で繰り返しましょう。

ひざ抱えのポーズ

次は、狭まった脊柱管を自然に広げる「ひざ抱えのポーズ」をご紹介します。とっても簡単です。仰向けの状態で両手でひざを抱える、ただそれだけです。ポイントとしては腰を丸くするようにイメージをして、お尻を浮かせるということ。

無理に脚だけを胸に近づけようとだけはしないでください。痛みのある人は、無理にひざを抱える必要はありません。できる範囲で続けましょう。

2回を1セットとして、1日何度も繰り返し行います。これならテレビを見ながらでも、就寝前のリラックスタイムにでも無理なく続けられますね。

「もう治らないだろう」と諦めず、毎日ストレッチを続けましょう。続けることで必ず効果を実感できるはずです。痛みやしびれが和らげば、体に負担を与える手術は避けることができます。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る