TOP > 関節痛

関節痛を知ろう

関節痛とは、膝や肘、指などの関節、またはその関節の周辺に炎症を起こし、痛みを伴う症状のことです。起きてすぐに立ち上がったとき、長い時間同じ姿勢でいたとき、歩いた後などに、痛みを感じる場合が多く見られます。

関節痛には、大きく分けて、加齢と共に軟骨部分がすり減って起きる「変形性関節痛」と、微熱や倦怠感を伴い、進行すると関節の変形が見られる「関節リウマチ」、運動のし過ぎによる「関節障害」があります。

それぞれ、関節に痛みがあるという症状は同じですが、全く別の病気であり、その病気に合った治療方法や対処方法が必要となります。

関節痛の痛みを緩和するためには、湿布薬を使用される方が多いのですが、自己判断は危険ですので、原因が何であるのか、どの関節痛の病気に侵されているのかを知り、予防をすることも大事です。

こちらのカテゴリでは、関節痛の原因は何か、関節痛の予防方法とは、関節痛を緩和するための方法、などをご紹介しています。

関節痛の原因とは

膝や肘の関節の痛みを訴える方は、加齢とともに増えていく傾向が見られます。猫背の方は要注意!また、過度に運動をしすぎてもいけないのですが、全く運動をしないことも、筋肉が衰え、関節痛を引き起こす原因にもなります。

また、肥満の方は、関節痛を起こしやすいことも分かっています。太り過ぎには注意しましょう。

・関節痛の原因を知ろう
なぜ膝が痛くなるのか?その原因は曲がった背骨と骨盤にあった!
肘の内側が痛むのはどこが悪いの?その関節痛の原因と改善方法を知る

関節痛の予防方法とは

X脚ってご存知でしょうか?O脚はよく聞きますが、X脚はO脚よりも関節に負担がかかっていることが多いのです。よく足を組む方、片方にばかり荷物を持ってしまうなど、体の片方だけを使っている方になりやすい症状です。

気づきにくいという難点はありますが、ご自分の姿勢が悪いと思ったら、早めに姿勢の矯正をしましょう。

・姿勢を正しく
X脚が悪化すると全身に不調が及ぶ。早めに始める姿勢の矯正

顎関節症は、顎と耳の境目にある関節のことです。噛み合わせが悪い、歯ぎしりがひどい方、大きい物硬い物が好きな方に多く発症します。

最初は痛みだけなので、大したことはないと思いがちで、そのまま放置してしまう方がほとんどです。ですが、ある日突然口が開かない!ということにもなりかねません。マウスピースをつけて寝る、大きく口を開けないようにする、などの予防方法を実践しましょう。

・顎関節症の方に
顎関節症で食事中に耳の下が痛む人に試して欲しい予防法

あまり聞いたことはありませんが、40代以降の女性に多い「へバーデン結節」というのも、関節痛のひとつです。関節リウマチと似ていますが、指の第一関節にだけ症状が現れると言うのが特徴です。

指先をよく使われる方などは、マッサージをして血行を良くし、予防に努めてください。

・耳慣れない関節症
指先をよく使う人は注意!ヘバーデン結節を防ぐには何をすればいい?

関節痛に効果のある栄養素

関節痛は、関節のまわりの軟骨がすり減ってしまったり、関節液が減ったりすることで起きます。関節にある骨のクッションの役割をしている軟骨、関節液が減ることで、関節全体の形が変形してしまい、動く時に痛みが出るのです。

そこで、そのクッションに適した栄養成分を摂取することで、痛みを軽減することが出来ます。摂取しにくい栄養素は、サプリメントを使用するというのもお勧めです。

・食べ物で予防しよう
毎日が辛くなる関節痛。予防に効く成分と食べ物とは
関節が痛くて悩んでいる人がブロッコリーを食べると良い3つの理由

関節痛を緩和する方法とは

関節痛におススメの栄養素を含んでいるサプリメントを摂取するというのも効果的ではありますが、その効果の表れた方は人それぞれです。

そこで、食事による摂取も合わせられると、より効果を上げることができます。関節痛に効果がある食品は、オクラや山芋、なめこ等のネバネバ系の食品です。一日の食事に、ネバネバ食品を一品付け加えてみられてください。

・ネバネバ食品を
痛む関節!グルコサミンとコンドロイチンに頼らない効果的な方法

関節痛の痛みを軽減するために、少し前まではその治療としては手術が主でしたが、手術をしても、再発する場合も多く、手術すればすべてが改善する。というものでもないようです。

そこで、自分で出来る手軽な方法として、肥満対策を取ることと、筋肉を衰えさせないために、ストレッチを続けることがお勧めです。

・ストレッチで痛み改善
手術しなくても大丈夫!脊椎管狭窄症の痛みをとる簡単ストレッチ

子供の関節痛

子供たちの間にも、指や手が痛いという関節痛が広がっています。特に、野球をされているお子さんが「肘が痛い」と訴えられたなら、「野球ひじ」と呼ばれる関節痛の疑いがあります。

早期治療が大事ですので、放置せず、すぐに病院を受診されてください。

・子供の肘に要注意
野球選手を目指す子供は特に注意!その肘の痛み「野球ひじ」では?

関節痛で知っておきたいこと

膝の痛みは、多くの方が抱えられている問題だと思います。特に太り過ぎの女性に多くみられる症状で、歩くのさえ辛いという方も多いはず。

そのようなときは、なるだけ早く整形外科を受診し、症状の改善を図りましょう。

・早目に整形外科へ
膝が痛いのはもうコリゴリ!整形外科を活用して自由に動ける足腰に

「貧乏ゆすり」は、行儀が悪いとされてきましたが、実は血行を良くし、軟骨の回復にも役立つことが分かってきています。膝が痛む方は、意識して「貧乏ゆすり」をされると良いかもしれません。

また、指を鳴らすと指が太くなる。という迷信がありますが、鳴らすから太くなるというわけではなく、関節を痛め、炎症を起こし、腫れることから太くなる。ということのようです。関節の正しい知識を得ておくことは、大事なことですね。

・関節の嘘?ほんと?
悪癖第一位の「貧乏ゆすり」!健康維持に効果があるなんて?!
指をポキポキ鳴らすと指が太くなるってホント?

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る