TOP > 日本脳炎

日本脳炎の予防接種はお済ですか?

日本脳炎とは蚊を媒体として日本脳炎ウイルスに感染してしまう病気です。以前は子供や高齢者に多くみられ、多くの患者がその症状に苦しめられていました。しかし、近年では予防接種が広がり年間10名以下の発症しか見られていません。

しかし突然の高熱、頭痛や嘔吐などが見られ、重症化すると意識障害や麻痺等の神経系の障害を起こしてしまう恐ろしい病気です。最悪の場合は後遺症を残すことや死に至ることもありますので、ワクチンの接種はきちんと行っておく必要があるのです。

日本脳炎の恐怖とワクチンの重要性

日本脳炎ウイルスに感染すると約1000人に1人が日本脳炎を発症し、その20~40%が死亡してしまいます。生存したとしても45~70%に精神障害などの後遺症が残ってしまうといわれています。

しかし、ワクチンの接種によって罹患のリスクを75~95%減らすことができるとされているのです。

平成7~18年生まれの人は日本脳炎の予防接種が不十分な可能性があると厚生労働省でも注意喚起されています。あなたとあなたのご家族の予防接種記録をチェックし、きちんと接種をうけたのか調べてください。

・予防接種記録をチェックしよう
平成7年~18年生まれ!「日本脳炎」ワクチン4回接種済んでますか?

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る