TOP > > 目やにが多いのは市販の目薬で治せる?こんな時は受診をおすすめ

目やにが多いのは市販の目薬で治せる?こんな時は受診をおすすめ

「目やに」は粘液と老廃物が入り混じってできたもの。特に朝起きた時には目やにが増えるものですが、これは生理現象なので、少量なら問題ありません。ただし、いつもより量が多い場合は、目のトラブルも考えられます。

とりあえず市販の目薬を使って対処する、という人が多いかと思いますが、中には眼科の治療が必要な場合もあるのです。そこで今回は、目やにが多い時の原因と受診が必要なケースについて説明したいと思います。

目やにが増える病気

目やにが増えた時に疑われるのは結膜炎です。結膜炎は大きく分けて3つのタイプがあります。

  • 細菌性結膜炎
  • アレルギー性結膜炎
  • ウイルス性結膜炎

このうち市販の目薬でも回復が可能なのは、アレルギー性の結膜炎です。細菌性結膜炎とウイルス性結膜炎は、受診して治療を受ける必要があります。

細菌性結膜炎とは

細菌性結膜炎は、結膜に何らかの細菌が感染したことで起こる病気です。黄色ぶどう球菌・表皮ぶどう球菌といった身近な細菌やインフルエンザ菌、クラミジア菌といった病原菌が原因になります。

特徴的な症状

  • 黄緑がかって粘りの強い目やにが大量に出る
  • 白目が充血する
  • 目が痛む

原因に対して有効な抗菌剤と抗生物質を点眼することで、治すことができます。他人に感染することはほとんどありません。原因によっては市販の目薬で対処できない場合があるので、受診して原因を検査することが望ましいです。

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎は、アレルギー体質の人の目にアレルゲン(アレルギーの原因物質)が触れることで起こる炎症です。花粉やハウスダストなどが原因になります。

症状

  • さらさらした涙や白っぽい目やにが増える
  • 目がかゆい
  • 白目が充血する

眼科または市販の目薬でも症状を抑えることができますが、アレルゲンを避けて発症を防ぐことが治療の基本となります。

ウイルス性結膜炎

ウイルス性結膜炎は、ウイルスに感染することで発症する病気です。感染力が高く、家庭や学校で流行しやすいのが特徴。多いのはアデノウイルスの感染による流行性結膜炎(はやり目)と、咽頭結膜熱(プール熱)です。

流行性結膜炎の症状

  • 目が開かないくらい大量の目やにが出る
  • 片側の目に炎症が起こり、4~5日経って、もう片方にも炎症が起こる
  • 涙の分泌が増える
  • 角膜炎を起こすこともある

咽頭結膜熱の症状

  • 38~40℃の高熱が出る
  • 喉の腫れを伴う
  • 結膜炎の症状(目やに・白目の充血)を伴う

眼科から処方された薬で症状を抑えながら、回復を待つことになります。学校保健法により、幼稚園や学校は医師の許可が出るまで欠席しなければなりません。タオルや風呂などから家族に接触感染しやすいので、患者のいる家庭では衛生管理を徹底する必要があります。

問題ない目やには

目やにが少量で、他に症状を伴わなければ問題ないでしょう。目にゴミが入って一時的に目やにが増える場合も、あまり心配いりません。そもそも、目やにとは目から分泌された粘液と新陳代謝によってはがれた老廃物、目に入ったゴミから作られているものです。

これらの老廃物は、まばたきするたびに分泌される涙と一緒に鼻涙管から鼻腔に送られます。そのため、起きている間に目やにが溜まることはありません。寝ている間はまばたきしないのでこれらの老廃物が目に溜まり、目やにが作られます。

朝、寝起きに目やに出ているのはそのためです。他に症状を伴っていたり、明らかに目やにの量が異常という場合には、上記の病気が疑われるので、すぐに受診してくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る