TOP > > つらい目のかゆみ!ゴシゴシ擦らず行う正しい対処法について

つらい目のかゆみ!ゴシゴシ擦らず行う正しい対処法について

目がかゆくなると、目をこする人が多いのではないでしょうか?しかし安易に目をこすってしまうと、目に大きな負担がかかりよくありません。そこで今回は、目がかゆくなった時の、正しい対処法をご紹介します。

目をこすらずに冷やしましょう!

目がかゆいと、擦りたい衝動に駆られますが、それはいけませんよ。もしも擦ってしまうと、目の表面に傷が入り、目の病気を引き起こしてしまうからです。では、目がかゆくなったらどうすれば良いのでしょうか?

正しい対処法は、まず「冷やす」事です。ただし直接水道水を目にかけるような冷やし方をしてはいけませんよ。水道水には塩素が含まれている為、目に負担をかけてしまいます。ですから、直接水を目にかけるような事はしてはいけないのです。

そこで、氷をビニール袋に入れたものや、アイスノンを使って目を冷やしてください。冷たすぎる場合は、タオルを巻くなどして調整すると、丁度良い温度で目を冷やす事ができますよ。

また、目の乾燥が原因となってかゆみが現れている場合は、目を冷やした後で少し温めてください。すると血行が良くなり、目のかゆみが無くなる事が多いです。乾燥性のかゆみでお悩みの時には、ぜひお試しください。

点眼薬を使いましょう!

目をある程度冷やしても、かゆみが取れないという場合は、点眼薬を使う事がおすすめです。病院に行ける場合は、診察を受けた方が良いです。しかし、忙しくて病院に行く時間が無いという時には、とりあえずドラッグストアで点眼薬をご購入下さい。

でもドラッグストアには、たくさんの点眼薬が売られており、どれを選んだらよいか分かりませんよね。抗炎症成分配合の点眼薬を選ぶことがおすすめなのですが、よく分からない場合は、薬剤師さんにご相談ください。ドラッグストアには必ず薬剤師さんが在籍していますので、色々相談して購入すると、心強いですよ!

このように、目がかゆくなった時には、まず冷やしてください。そして、病院やドラッグストアで薬を入手し、それをご使用下さい。そうする事で、おおかたの目のかゆみが治まりますよ。

また、忙しいからと言って病院に行きそびれてしまうと、病気が進行する可能性もあります。念のために眼科を受診しておいた方が安心です!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る