TOP > > 生きた菌より死んだ菌の方が良い?お腹に良い乳酸菌の摂り方の真実

生きた菌より死んだ菌の方が良い?お腹に良い乳酸菌の摂り方の真実

生きた状態のまま腸に届かなくても良いらしい

乳酸菌は健康づくりにはとても良く、お腹の調子を整えたり、免疫力が上がって花粉症にも効果的と、多くの人たちがヨーグルトや乳酸菌飲料を口にしていると思います。

よく、乳酸菌は生きたまま腸に届いた方が、体やお腹に良いと思っていませんか?イメージ的にも生きて元気のよい乳酸菌が腸まで届いてくれれば、乳酸菌がそのまま増えて、免疫力や抵抗力がアップすると思われがちです。

ところが生きている乳酸菌を摂取しても、ほとんど胃を通過する時に胃酸で死滅してしまうそうなのです。また、腸に入っても腸内細菌によって増える間もなく外へ出てしまいます。でも大丈夫です。乳酸菌は死んでいても効果が変わらないというのをご存知でしょうか?

つまり、乳酸菌は生きた状態のままで届かなくても大丈夫、生きた菌でも死んでいる菌でも免疫力を高めたり、お腹の調子を整えたりするのには変わりないということがわかってきました。

むしろ様々な製品にするには、死んだ菌の方がたくさん作れるし品質が安定するというメリットもあります。また、免疫力の向上には生きている菌よりも加熱処理をした死んだ菌の方が効果がある、と唱えている学者もいるくらいです。

大切なのは乳酸菌の量らしい

生きていても死んでいても効果に変わりがない乳酸菌ですが、では一体何が大切なのでしょうか。

問題なのは、生きているか死んでいるかではなく、乳酸菌そのものが腸の中にいる善玉菌の餌になって、結果、善玉菌が増えていくことにより、お腹の調子が整えられたり、免疫力の向上につながるということなのだそうです。

つまりは、腸まできちんと届く乳酸菌の量が大切らしいのです。きちんと毎日乳酸菌を摂取する、定期的に体に取り込むことが整腸作用や免疫力向上につながるというわけです。

お腹に良い乳酸菌の取り方

実は、人によって腸内細菌はバラバラです。乳酸菌はとても種類が多く、人によっては相性の悪い乳酸菌もあるそうです。しかも、お腹にとどまってくれる期間は数日と言われています。とても短いのです。

ヨーグルトを食べるのであれば、まずは同じメーカーのものを2週間続けてみましょう。お腹の調子が快調になれば、あなたには相性の良い乳酸菌と言えます。

またヨーグルトは、商品によっては別の乳酸菌でヨーグルトを作って、後から高機能の乳酸菌を加えているものもあります。たくさんある乳酸菌の中から、ぜひ、あなたに合った乳酸菌を見つけて「快腸」を実感しましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る