TOP > > 腸内も派閥争い!腸内環境を整える日和見菌を味方につけるには?

腸内も派閥争い!腸内環境を整える日和見菌を味方につけるには?

腸内細菌は善玉菌・悪玉菌だけじゃない

大腸の中には腸内細菌がいます。その量は1kg以上、およそ1000兆個です。腸内細菌といえば体のために良いはたらきをする善玉菌と腸内環境を悪くして体に害を及ぼす悪玉菌とがいることはよく知られていますよね。

といっても腸内細菌のうち善玉菌は2割、悪玉菌は1割程度・・・とそんなに多くは存在していないのです。実はあとの7割を占めるのはそのどちらでもない「日和見菌(ひよりみきん)」と呼ばれる細菌なのです。

日和見菌を善玉菌の味方につけよう

腸内では常に善玉菌と悪玉菌が勢力争いをしている状態で、日和見菌は優勢なほうについて味方をする菌です。もし悪玉菌が優勢になると日和見菌が悪玉菌のようなはたらきをするために、腸内環境はどんどん悪くなってしまいます。

腸内環境を良くするためには日和見菌を善玉菌の味方につけなければなりません。そのためには善玉菌を優勢にする対策が必要になります。

乳酸菌を摂取する

腸内の善玉菌を増やすことで悪玉菌より善玉菌のほうが優勢になります。そのためには乳酸菌を摂取して善玉菌を増やす必要があります。

乳酸菌はヨーグルト、漬物、味噌などに含まれています。善玉菌の代表的な菌はビフィズス菌です。ビフィズス菌を含むヨーグルトを毎日食べるようにすると効果的です。

オリゴ糖を摂取する

オリゴ糖というのは糖質の一種で、デンプンや野菜・果物から精製された物が市販されています。オリゴ糖は善玉菌のエサになり、オリゴ糖を摂取すると善玉菌を増やす効果があります。

調理時には通常の砂糖の代わりにオリゴ糖を使ったり、ヨーグルトに混ぜて食べる方法が良いでしょう。

便秘を予防する

正常な排便というのは1日に1回とされています。これより排便が少ないのは便秘です。古い便が溜まると腐敗が進み悪玉菌が増えてしまいます。

悪玉菌が増えないようにするには便秘をしないことが一番です。善玉菌を増やす乳酸菌には腸を刺激してぜん動を促す作用もあり、便秘の予防に効果があります。併せて食物繊維や水分を多く摂取して便が硬くなるのを防ぎ、毎日スムーズな排便が起こるように努めます。

体調を整える

腸内細菌のバランスは体調とも関係があります。体調が悪くなったりストレスがあると日和見菌は悪玉菌の味方をするようになります。腸のためには体調を整えることも大切です。

ちなみに悪玉菌が増えると

善玉菌は腸を弱酸性に保って悪玉菌などの有害な菌を抑制したり、消化吸収を促進させるはたらきをします。悪玉菌は有害な菌ですが、体に必要な作用もあるため善玉菌・日和見菌とバランス良く存在すれば問題ありません。ただし増えすぎてしまうとさまざまな悪影響を及ぼします。

悪玉菌には大腸菌、ウェルシュ菌、ブドウ球菌があります。これらは食中毒や皮膚の感染症の原因にもなる細菌で、腸内では食べ物のカスを腐敗させてアンモニアや硫化水素といった悪臭のある有害物質を作り出します。

悪玉菌が優勢になると腸がアルカリ性に傾いて免疫力が低下し、消化・吸収が阻害されるようになります。また、腸内で発生した有害物質は腸壁から吸収されて血液と一緒に体内を循環します。

そのため、悪玉菌が増えると腸の病気をはじめ、さまざまな病気にかかりやすくなります。肌の調子が悪くなったり老化が進みやすくなるといった悪影響も起こります。

加齢と共に腸内細菌のバランスは変わっていく

赤ちゃんの時には善玉菌であるビフィズス菌が多く、大人になると減り始めます。また悪玉菌は加齢と共に増え、高齢者になると善玉菌が少なく悪玉菌が多くなりがちです。

ですから加齢に併せて、健康維持のために腸内環境を整えることを考えるようにするのがのぞましいです。腸の中では善玉菌・日和見菌・悪玉菌の派閥争いが行われていることをイメージし、意識して善玉菌を増やすように心がけるようにしましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る