TOP > 間質性肺炎

最悪の場合、死に至る!間質性肺炎

日本には特定疾患と言われているものがいくつかありますが、芸能人も多くかかり、亡くなっている人もいるほどの病気の一つが間質性肺炎というものです。一般的な肺炎とは違いますが、早期に発見するためには健康診断が効果的です。

間質性肺炎とは

ほぼ聞き慣れない言葉だと思いますが、間質性肺炎とは肺を支えている組織がウイルスや細菌によって感染することによって、肺炎を起こすというものです。

健康診断で息を吸ったりするときに異常な音がすることで見つけることが出来るものですから、健康診断は重要です。
その際、マジックテープを剥がすような音が聞こえるとされています。

・恐ろしい間質性肺炎という病気
貴方は知っていますか、この病名。とても恐ろしい『間質性肺炎』とは

間質性肺炎にかかってしまうと最悪の場合には移植しかなくなる場合もあります。移植をする前段階ではステロイド投与であるとか、間質性肺炎専用の薬が日本で発売されていますので、それを投与するという治療が行われます。

呼吸がしにくくなり自立呼吸すらできなくなるので、非常に怖い病気の一つです。ですので日本では特定疾患として特発性間質性肺炎を指定しているのです。

間質性肺炎を防ぐためには

最悪の場合は死に至る病ですから、しっかりと予防をしたいところですが、特別こういうことをしていれば大丈夫といった予防策はありません。ウイルス性などであればわかりやすいですが、特発性間質性肺炎の場合はどういった理由で発症しているのかまだわかっていない部分も多いのです。

できるだけ早く発見するために健康診断をかかさず受けることです。検査をすればわかることですし、息苦しくなれば可能性はありますから病院に早く行くことが最大の予防になるかと思います。

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る