TOP > 肋間神経痛

肋間神経痛は治せるか

肋間神経痛とは、肋骨付近の神経が傷む症状のことであり、病名ではありません。

特に50歳以上の中年期の女性に多く見られがちな症状ですが、その原因は実にさまざまですから一概には言えません。

症状は肋骨付近にでる

肋間神経痛の主な症状は、肺か心臓かは分からないけれど胸の痛みがある・肋骨に触れただけで痛い・痛みは長く続かない・呼吸をするだけで痛みを感じるなどです。

原因として最も考えられるのは、同じ姿勢を長時間とっていたり激しい運動をして、神経が骨や筋肉に挟まれてしまったことによる痛みです。その他には狭心症・椎間板ヘルニア・帯状疱疹などの症状の1つとして、胸の痛みを引き起こしてしまうことがあります。

・肋間神経痛の原因とは
突然の胸の痛み!肋間神経痛の原因と対処法について

また現代病の1つであるストレスや、日常生活で行うくしゃみや咳なども、肋間神経痛を引き起こす要因であると考えられています。

肋間神経痛の症状や原因はさまざまですが、胸の強い痛みは非常につらいものがありますよね。

・痛みを緩和させよう
胸が痛む肋間神経痛に湿布薬が効く理由

大切なのは「まだ大丈夫かな?」と自分で過信しすぎないことです。肋間神経痛の痛みは短時間で引いたり、数日で落ちつくことがほとんどですが、胸に違和感を感じたらまずは病院を受診するようにしてください。

一番最初に行くべきは、内科です。まずは内科で胸の痛みの原因を探って、その後神経科や心療内科などそれぞれの科で適切な診断を受けましょう。

・知っておくべき事
「肋間神経痛」と診断されたときに知るべき事

こちらのカテゴリでは、肋間神経痛と診断されたときに知るべきこと・肋間神経痛に湿布薬が効果的な理由・肋間神経痛の原因と対処法についてご紹介しています。

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る