TOP > > 乳癌検診はマンモ?超音波エコー?見逃さず早期発見なら併用が正解

乳癌検診はマンモ?超音波エコー?見逃さず早期発見なら併用が正解

検診を受ける女性

マンモグラフィーは皆さんよくご存知の通り、乳がん発見のための乳房専用のX線撮影装置とそれを使った検査技法のことです。

たくさんの研究の結果、このマンモグラフィー検査だけが乳がんによる死亡率を下げたと言う実績のある方法なので、現在主力になっている検査方法なのです。

しかし、マンモグラフィーも万能ではありません。特に50歳未満の女性などに対しては、落としも珍しくないと言う弱点があります。

乳がんの好発年齢とマンモグラフィー実施のずれ

乳がんは、成人のがんの中では男性の精巣がんに次いで若い年齢に多いがんです。おおむね30代から増加を始め40代後半に新規発病者数のピークが来ています。

昔はそののち年齢が高くなるとともに減っていったのですが、現在では50代前半にもピークが続き、50代後半以降でゆっくり減少しているようです。全体的に皆さん若くなったのかも知れませんね。

マンモグラフィーによる住民健診は40歳になってからという実態

自治体などで行われている住民健診にあるがん検診ですが、マンモグラフィー検査は40歳以降だけを対象にしています。

これは、そもそも40歳以降ががん年齢と言う定義づけを行って、それに満たない人は、費用対効果の面からがん検診に対して公的な費用負担は必要ないと言う考え方がベースにあります。

もちろん何歳であっても、若い人に多いタイプのがんの検診は行うに越したことはないのですが、公的な機関が費用を補助して行うには限界があります。そのため、やむなく線引きをしていると言うところもあるでしょう。

ですので、30代から増加を始める乳がんは、本来であればもう少し若い人から検査を受けた方が好ましいのですが、一方でマンモグラフィーは若い女性を苦手にしている装置でもあるのです。

若い女性や乳腺密度の高い女性ではがんが見落とされやすい?

まだ妊孕力(にんようりょく:妊娠する能力)の高い年齢の女性では乳腺の密度が高いため、マンモグラフィーに初期のがんが映りにくかったり、見分けにくかったりして見落とされるケースがあります。

そのため、特に40歳未満の人のマンモグラフィーは効果が少ないのではないかと考えられてきましたが、現在では40代女性の乳房も充分に乳腺密度が高いことが多く、50代以降の女性に比べると発見率は下がるようですね。

また、乳腺密度の高い女性では、撮影時に圧迫板で押えることでかかるストレスが大きくなるため、痛みを感じる人が多くなるようでもあります。

乳がんは30代から増加するので、検診はそれよりもう少し前から受けたいものなのです。

しかし住民健診では40歳以降を対象としていて、さらにマンモは痛いと感じている人も多く、検診対象の足が遠のいてしまっています。

マンモグラフィーは何をどう映し出しているのか

マンモグラフィーでは、上下方向と左右方向で片方2回、両方で合わせて4回の撮影を行います。これは異なる方向から2回撮影することで、異常があった場合にその位置を特定するためなのです。

そして、マンモグラフィーで映し出されるのは「石灰化」が発生している部位なんですね。言葉はお聞きになったことのある人も多いと思います。

マンモグラフィーに映し出される石灰化はがんそのものじゃない

マンモグラフィーは石灰化した部分の検出に優れた性能を発揮します。早期の乳がんで、まだしこりを作っていない場合や小さくて触診ではわからないレベルの物でも、微小な石灰化として見つけることができます。

乳癌埼玉県済生会川口総合病院

こうした説明が良く行われているので、石灰化と言う言葉は皆さんよくお聞きになっていると思いますが、じゃあ、石灰化って何だろうと言う話になりますね。

石灰化と言うのは様々な生き物で起こる現象で、健康にとって必要なものもあれば病的な石灰化と言う物も存在します。例えば骨が作られると言う働きに石灰化は必要不可欠です。

つまり、石灰化と言うのはカルシウムが沈着すると言う現象全般を指しているんですね。歯の表面が溶けて虫歯の原因ができかけても、健康な口の中では唾液が歯の再石灰化をもたらして健康な歯を保ってくれます。

一方、乳房の中には骨も歯もありません。本来カルシウムの沈着が起こる場所ではないのです。ですから、もし乳房の中に石灰化が見られたら何らかの病気が潜んでいると言うことになります。

その病気の中には血管の病気や、まったく害のない一過性のトラブルであることも含まれます。また、初期の乳がんの細胞の一部が死滅すると、その死んだ細胞の所にカルシウムが沈着して小さな石灰化を引き起こすのです。

ですので、石灰化が見つかったら乳がんと言うわけではありませんが、乳がんは石灰化を伴います。そして、ごく小さな石灰化の段階で見つけられればがんであっても早期発見と言うことになります。

石灰化が見つかったら絶対乳がん!…ではありませんが、乳がんは石灰化を伴うので早期発見にはこの石灰化の発見が大切なのです。

超音波エコーを併用する有効性は?ついにきた大規模研究の中間報告

2015年11月、ついに超音波エコー検査の併用について大規模研究の中間報告が出たのです。

それによると、40代女性においてはマンモグラフィー単独検査より、マンモグラフィー・超音波エコー併用検査の方が早期がんの発見に有用であると言う結果が報告されました。これは地味に見えて意外と大きな成果だと言えるでしょう。

超音波エコーを併用すると見落としが減り発見率がうんと上がる

これまで大規模ランダム化比較試験を行ってきた東北大学の研究グループは、世界五大医学雑誌の一つ、”The Lancet” のオンライン版、2015年11月4日号にその結果を発表しました。

(抜粋)

2007年7月から2011年3月までの間、過去5年間にがんの既往がない40歳から49歳の女性を、マンモグラフィーと超音波エコー検査を行った「介入群」と、マンモグラフィー検査だけを行った「対照群」にわけて調査しました。

介入群には36,859名の女性を、対照群には36,139人を割り当てました。その結果、検査の感度は介入群で91.1%、対照群で77.0%と、介入群で有意に高くなりました。

一方、特異度は介入群で87.7%、対照群で91.4%と、介入群の方が低くなりました。

ここで言う「感度」とは、実際に乳がんであった人をどの程度の割合で検出できたかと言うことです。つまり、後から乳がんであったことが判った人も含めて、このタイミングでがんを検出できたかどうかの精度ですね。

この結果を見ると、マンモグラフィーだけの検査の場合77.0%、つまり100人の内23人が見落とされてしまっていたのに対して、超音波エコー検査を併用した群では91.1%、つまり見落としは100人に9人以下で済んでいます。

がんじゃない物まで拾い上げるリスクは少しだけ増えてしまう

一方、「特異度」とは、がんであった人だけをがんと診断できたかどうかです。これは併用した方が成績が悪くなっていますね。つまり介入群ではがんの疑いを指摘した対象100人中12人余りががんではなかったと言うことです。

一方、対照群では100人中9人弱ががんではありませんでした。しかし、この検査ではマンモグラフィーに超音波エコー検査を追加して行っているわけですので、ある程度はやむを得ない結果でしょう。

つまり、2つの検査を併用することで、マンモグラフィーでは見落としていた23人から14人を超音波エコー検査で拾い上げることができたが、がんではない人4人までをがんと診断した人に追加してしまったと言うことです。

この後で疑いのある部分から組織を採取して細胞診などを行うことを考えれば、若い年代の女性では特に見落としを減らすと言う観点から、超音波エコー検査をマンモグラフィーに追加する意味が大きくなると言えるでしょう。

ただ、組織を採ると言うことは身体に僅かでも傷をつけることですので、がんではなかった場合は避けたいことです。今後の検査精度の向上にも期待したいものです。

なお、この論文は中間報告で、エンドポイント(治療行為の有効性を示すための評価項目)として感度と特異度、がん発見率を採ったものです。今後、次なるエンドポイントとして累積進行がんに対する効果は2017年ごろに発表されるそうです。

そして、さらに10年の追跡調査を行い、死亡率減少効果については2027年後ごろに発表されると言うことです。しかし、実際の現場ではその結果を待たずに超音波エコー検査もどんどん取り入れられることでしょう。

マンモだけだと100人中23人は見落とされてしまっていたのに、超音波エコーを併用すると見落としは9人以下に減っているんです。

がんではない人をがんだと診断してしまうケースはありますが、やはり併用は今後もどんどん推奨されていく検査方法ですね。

超音波エコーだけで乳がん発見できないの?両方を受けるのがやっぱりベスト!

これについては検査を行われるお医者様の間にもさまざまな意見があるようです。ただ、基本的に30歳になったら、年に1回は何らかの形で乳がんの検査を受けた方が良いとも言われています。

多くの病院では、身内に乳がんの人がいる場合は20代でも検査を受けることも悪くないとしていますね。ただし、費用は自己負担になります。

一例として三重大学病院の乳がん検診について見てみます。任意検診で、マンモグラフィー+乳腺超音波エコー検査をセットにして9,360円(2015年11月10日現在)です。年齢制限はありません。

案内文の一部を見てみましょう。

マンモグラフィーはX線被ばくがあることから、2度目以降の若年の方には乳腺エコーのみの検診をお勧めすることもあります。

このように、特に年齢を切ってあるわけではないですが、1回目の検査で異常が見られず、乳腺が密でマンモグラフィーでは見つけにくいと判断された場合は、次回からは超音波エコー検査(乳腺エコー)だけにすることもあるようです。

しかし、マンモグラフィーの有効性は間違いのないところですから、年齢を経るにしたがってマンモグラフィー検査も受けた方が良い事に変わりはありません。

案内で見ると、生理が終わって3日目が検査を受けるのに最も適しているそうです。マンモグラフィー検査で一番痛くないタイミングだとか。
最初は併用して受ければ乳腺密度が知れてグッドです。

年齢を重ねるにしたがってマンモも受けてくださいね。

マンモグラフィーは4回もX線を照射して被ばくは大丈夫なの?

マンモグラフィーで使うX線は出力の弱いものです。被ばく量を低減するのはもちろんですが、そのそも乳がんの発見を意図すると高出力のX線を使うことができないのです。

乳房には骨や筋肉はなく皮膚と脂肪と乳腺、あとは強いて言えば血管や神経くらいしかありません。いわゆる軟部組織だけで構成された部位ですので、強いX線を使うと石灰化部分と軟部組織の見分けがつかなくなるのです。

これが胴体の中にある軟部組織の病変を見つけるためなら、逆に強いX線を使って、肋骨と軟部組織のコントラストを弱めないと病変が浮かび上がりにくくなると言うわけなのです。

こうしたことから、マンモグラフィーによる実際の被ばく量は多くて0.15ミリシーベルト程度になります。会社や学校の健康診断で受ける胸部X線間接撮影での被ばく量は約0.49ミリシーベルトですので、1/3以下ですね。

このように、マンモグラフィー検査による被ばく自体を気にする必要はありませんが、被ばく量は積算されます。ですので、X線を使った検査を受けた場合必ずメモしておいて下さい。

レントゲン検査やマンモグラフィーの他、CT検査もX線が多いです。そして、そのメモの直近一年分を、他のお医者さんや歯医者さんにかかる場合必ず見てもらいましょう。積算被ばく量が規定値を超えないように配慮して下さるはずです。

被ばくに神経質になる必要はありませんが、検査を受けたらメモしておきましょう。

積算被ばく量メモをお医者さんや歯医者さんに見せれば、規定値をこえないようにしてもらえますよ。

最新鋭!乳房専用PET検査装置の登場

乳房専用PET装置

乳がんの発見のためには様々な方法がありますが、いずれも一長一短であることは否定できません。それでも、最近になって様々な装置の性能が向上したため、かなりいい成績が出るようにはなってきています。

乳がんは大きさが5mm以上10mm未満の物と、10mm以上~20mm未満の物との間には、10年生存率で見た場合はっきりとした差があります。ですので、できるだけ小さいうちに見つけなければならないのです。

PET検査は体内の測量!がんのある位置を正確に特定できる

がん検査でよく用いられるPET検査、これはがんの検査には非常に有効なのですが、乳がんはちょっと苦手にしている物でもあるのです。1センチくらいに育たないと見落とされることがあるんですね。

一方、マンモグラフィーでは石灰化が見つかっても、良性と誤診されることがあり、結局早期治療のタイミングを見落としてしまうこともあるんです。

さらに、超音波エコーは小さい乳がんでも発見できるのですが、石灰化を見つけたり乳腺の変化をとらえにくいと言った弱点があります。

PET検査とは”Positron Emission Tomography”(陽電子放射断層撮影)を行って、がんなどの病気を見つける検査のことです。

がんを調べるPET検査では、放射性フッ素を含んだブドウ糖のような化合物を投与して検査を行います。放射性フッ素はβ崩壊して陽電子と言うものを1つ放出して、放射線を持たない酸素に変わります。半減期は2時間弱です。

この陽電子は、体内にある電子と出会うと消滅して、あとに粒として数えた場合2個の強い光(ガンマ線)を残します。この光は目には見えませんし放射線ですが、非常に透過力が強く身体の外で計測可能なのです。

2つのガンマ線は、消滅ポイントから正反対方向に飛んでゆくので、検査を受けている人の身体から出てくるのを機械で観測すれば、どこから発生したのかを正確に調べられるのです。被ばくについて心配する必要はありません。

検査で使う放射性フッ素の量はわずかですし、半減期が2時間弱なので丸一日経てば1万分の1程度にまで減ります。さらに、尿に含まれて排泄もされますから被ばく量はX線CTや間接撮影などに比べるとずっと少なくなります。

このブドウ糖のような物質はがんに非常に良く集まりますので、どこにがんがあるのかが一目でわかると言う仕組みになっているのです。

乳がん検査専用のPEM装置は既に健康保険対応

ところが、乳がんの細胞はあまりこのブドウ糖のような物質を激しく取り込みません。そのせいで、例えば卵巣がんなどに比べると見つけにくいのです。

そこで開発されたのが、PET装置のガンマ線検出装置をマンモグラフィーと同じように配置したPEM “Positron Emission Mammography”(陽電子放射マンモグラフィー)装置です。

乳房の計測は従来のX線マンモグラフィーと似た方法で、病巣の検出をPET装置の原理で行う、良いとこどりの検査方法です。

これによって、従来の高感度型PET/CTですら5mmくらいでやっと見つけられた乳がんを、1.5mmサイズで検出できるようになりました。

従来型のPET装置での検査と併用が条件ですが、既に保険適用になっています。また、従来型のPET装置と共通の造影剤が使えますから、1回の投与で両方の検査ができます。

今のところ、日本ではまだ導入している病院は数えるくらいしかありません。しかしこれからは増えて行くでしょう。

もしマンモグラフィーで石灰化を指摘され、経過観察になった時にどうしても不安なら、診断して下さったお医者様にお願いしてPEM装置を持っている病院への紹介状を書いてもらうと言う方法も考えられますね。
キャラクター紹介
ページ上部に戻る