TOP > > 不眠で悩んでいませんか?その原因、寝室の環境かもしれません!

不眠で悩んでいませんか?その原因、寝室の環境かもしれません!

睡眠は人の一日の生活の中で大きなウエイトを占めます。人生の3分の1は睡眠に充てられます、睡眠は動きを停止しているのではなく次に活動するための準備をしている時間なのです。その為良い睡眠は良い人生と言えなくもないですね・・。

不眠で悩む人が意外に多い

しかし残念ながら、不眠で悩む方も多いようです。ネットや書籍などでも不眠対策を扱ったものが多いです。快適な睡眠難民と言える人が巷にあふれているのが現状の様です。不眠症対策のグッズや食事、お茶など様々な情報が溢れています。

寝室環境を考える

不眠解消の方法は様々な物が有りますが、睡眠中の室内環境も重要です。一流と言われるホテルはベッド・マットレス・照明など睡眠にかかわる設備にはかなり力を注いでいます。睡眠には寝室の環境が大きな影響力を持っているようです。

まず睡眠中人は無防備な状態に置かれます。安心できる環境で無いと人は安眠できません。枕が変わると寝られない・・と言う人は普段と違うところで寝る事で不安に感じていることが原因のようです。安心できる環境は、他人に侵入される可能性が低い、静かな場所である、なども重要な要素と言えます。

私たちの体は、睡眠中に色々な変化が有ります。体温は睡眠中は下がり、明け方とともに上がっていきます。基本、寝具が体を温めるように出来ているのはその為です。昨今は夏場は熱帯夜なども多く必要以上に冷やしてしまう方も多いかもしれませんが、それが逆に不眠を助長しているとも言えます。

人は冷えすぎると体のセンサーが危険を察知して体を目覚めさせるシステムが備わっています。冷えは人にとって非常に危険な事なのです。その為室内の温度・湿度は気を付ける必要が有ります。寝室の温度は冬は15℃・夏は25℃が理想的なようです。

冷暖房機器を利用して、この気温を保つようにしましょう。また湿度についても約50%が理想とのこと。確かに乾燥している部屋では寝苦しいものですね、濡れたタオルを壁に掛けるなど湿度を一定に保ちましょう。

また意外に重要なのがカーテンです。厚手の遮光カーテンは早朝の朝日や夜の外の光などを防ぐだけでなく、外部の騒音も遮断します。外部の騒音が40ホン以上になると睡眠を阻害すると言われます。軽視しがちな寝室のインテリアですが機能を考えて選んでください。

昨今は睡眠環境を考えたショールームなども増えてきました。良かったら一度覗いてみる事をお勧めします。睡眠は翌日への糧です。それに影響力をもつ寝室、寝具だけでなく部屋全体で良い睡眠を呼び込むことを考えましょう。あなたにとって睡眠環境への投資は無駄にならないはずです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る