TOP > > 不眠症で悩んでいる人は「寝る少し前にお風呂に入れ」のホント!

不眠症で悩んでいる人は「寝る少し前にお風呂に入れ」のホント!

あの暑い夏が過ぎ、涼しい秋が近づいて来ています。秋と言えば「スポーツの秋」「食欲の秋」そして「睡眠の秋」が有名ですね。これらは涼しくなって過ごしやすくなることにより、体調が改善されるために起こる現象です。

涼しくなると胃や腸の調子も良くなり、栄養が取れれば身体も元気になると言う訳です。しかし、最近の猛暑では昔の夏バテとは比べられようのないダメージを受けてしまうケースもあり、そのダメージが秋まで引きずることも多いようです。

「睡眠の秋」と言われる通り、本来であれば涼しくなった夜間の睡眠は気持ちの良いもので、何時間でも寝続けることができるでしょう(特に若い世代の人は)。ところが、最近では秋に不眠症を訴える人が急増しています。秋の睡眠障害に効果的な入浴法を紹介します。

秋の睡眠障害の原因を見つけましょう

秋に起きる睡眠障害の原因は夏にあると推測されます。暑い夏は私達の身体に様々なダメージを与えます。それは、「室外温度」「紫外線」「湿度」「室内外の温度差」「発汗」「給水」「栄養」などが原因であり、夏バテと称される症状をもたらすのです。

夏バテの代表的な症状は食欲が無くなることや、気力(元気)が無くなることですが、睡眠にも大きな影響を与えています。人間には無意識下で代謝をコントロールする器官である自律神経があります。

自律神経は無意識下で「呼吸」「体温」「心拍」「血圧」などをコントロールしており、自律神経が乱れることで様々な症状を引き起こすことが知られています。自律神経は活発に活動を促す「交感神経」と、リラックスして休息を促す「副交感神経」の2つがスイッチすることで成り立っています。

昼間の活動時間帯においては交感神経が筋肉を緊張させ、心拍を上げるなどして身体を活動的にします。一方、副交感神経は夜間休息時に身体を休息させるために、筋肉を緩和させて心拍も落とすことになります。

この自律神経が乱れを起こし、本来副交感神経に切り替わらなくてはならない夜間に、交感神経のままで切り替わらないことがあるのです。交感神経のままで就寝しても筋肉は緊張しており、心拍も早く血圧も高めになり、質の良い睡眠には程遠い状態です。

高い体温は寝汗をかき、イライラして夜を過ごすことになるでしょう。秋の睡眠障害(睡眠不足)を解決するには、自律神経をリラックスモードに切り替えることが重要なのです。そのために手軽に出来る方法を紹介します。

自律神経をリラックスモードに切り替える方法を紹介します

自律神経は無意識下で働いている神経なので、自分の意思で交感神経、副交感神経のスイッチはできません。なかには自律運動法などでコントロールしている人もいますが、通常はそこまでできないと思います。

副交感神経にスイッチするためには、「心を穏やかにする」ことや「ゆったりとした笑いをもたらす」ことなどが重要ですが、実践は難しいかも知れません。そこで、「入浴によるリラックス熟睡法」は如何でしょうか?

入浴行為は身体の筋肉の硬直を緩和し、気持ちも穏やかになる効果があります。上手に入浴をすることで、交感神経から副交感神経へのスイッチもできるはずです。

実は夏バテで睡眠障害を訴える人の多くが夏は、シャワーのみで湯船には浸からないと言うのです。湯船に浸かる入浴は、体温を上げて心拍を早くし、血圧を上げることになります。これは交感神経が優位な状態です。

そして、入浴後にゆったりと水分補給をしながら休息することで、徐々に体温は下がり心拍も落ち着いて来るでしょう。これが副交感神経の切り替わりなのです。実は良い睡眠に入るタイミングは、体温が低下して来た状態とも言われています。

つまり、お風呂にゆっくり入って体温を上げ、休息している間に体温が低下してきますので、そのタイミングで布団に入るのです。

ここで重要なのはお風呂に入るタイミングですよね。自律神経を意識した睡眠においての入浴は、睡眠(布団に入る時間)の1~2時間前が最適だと思います。

温まって火照っている身体が少し冷えてくるタイミングが、熟睡タイミングなのです。冷え切ってしまっては意味がないので、注意して下さいね。ちょっとおさらいします。

・入浴は就寝(布団に入る時間)の1~2時間前に行うようにして下さい。

・シャワーだけではなく、38℃から40℃程度の湯船に最低でも10分以上浸かって、身体を温めて下さい。

・入浴後は水分を補給するなりして、ゆったりと過ごします。(笑顔で過ごすのも副交感神経に良いですよ。)

・身体の火照りが冷めてきたと思ったら就寝しましょう。

入浴方法の改善で「睡眠の秋」を取り戻そうではありませんか!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る