TOP > > 薬に頼らない不眠症対策法におすすめなアロマの効果とは

薬に頼らない不眠症対策法におすすめなアロマの効果とは

心配なことや不安などがある時、夜寝ようと思い布団に入ってもそのことが頭の中でいっぱいになり、なかなか寝付けないことがあります。

このようなことは誰にでもあることと思いますが、こんな時皆さんはどのように対処していますか?人によっていろいろな対処法があると思います。

眠れない時の対処法

眠れないといってもどの程度なのか?これによっても対処法は異なります。例えばそれほど大きな悩みではないので、1日か2日であっさり解決してしまうような場合は、1日くらい寝付けなくてもすぐに眠れるようになりますね。

しかし悩みが深刻になるほど、簡単には解決できずに長いあいだ引きずってしまうこともあります。

私自身はどちらかというとネガティブ思考なこともあって、常に何らかの悩みを抱えている状態と言っていいかもしれません。当然のように夜寝ようと思っても、常に頭の中が心配や不安でいっぱいなので、なかなか眠れず寝不足の状態になることも多々ありました。

これでは参ってしまうので、一時期風邪でもないのに眠くなる成分が配合されている薬を飲んでいたこともありました。でもこれでは健康にも良くないし解決にはなりません。

ホットミルクやヨガやツボ押しなど、安眠効果のあるものを試してみるものの、ほとんど効果は実感できずにひたすら目をつぶり眠くなるのを待つしかありませんでした。

アロマの効果に注目

不眠症が続くと体もどんどん調子が悪くなってきます。このままではいけないと分かっていても、病院に行くことに抵抗があったので自分でなんとかしようとあれこれ試した中で、ひとつだけ効果を実感できたものがありました。

それがアロマだったのです。

最初は全く信用していませんでしたが、藁にもすがる思いで安眠効果が期待できると評判のラベンダーのエッセンシャルオイルを購入してみました。アロマオイルにはいろいろな使い方がありますが、私が取り入れたのは枕に直接垂らす方法と、いつも使っていたホホバオイルに数滴混ぜ全身をマッサージする方法でした。

枕の両端に1滴ずつ垂らしただけでも、横になり枕に頭を乗せた時にかなり香ります。寝る前にボディオイルとして使っていたので、全身からもほのかにラベンダーの香りが漂うのでまるでラベンダーに包まれているようでした。

ラベンダーの香りのイメージは、トイレの芳香剤などのきつい臭いというイメージが強かったのですが、自然なエッセンシャルオイルは全く違いとても心地よい香りでした。

ラベンダーの香りには精神を落ち着かせる作用があると知っていたのも多少関係していたかもしれませんが、その日は自分でも気づかないうちに嘘のようにすぐ眠りに落ちていたようです。翌朝目が覚めるまで一度も夜中に起きることなく、ぐっすりと眠ることができました。

まさか!と自分でも驚いたのですが、私にとっては睡眠薬よりも効果は絶大だったようです。さらに久しぶりにぐっすりと熟睡できたので、目覚めも快適で体も軽くなっているのを実感できました。

たった一晩でそれも即効性があったので、ちょっと驚いたのですが、アロマの効果を身をもって体験したのでこれなら安心できると嬉しく思ったのを覚えています。

まったく信用していなかっただけにこの効果にとても驚いています。今も毎日ラベンダーのオイルを枕に垂らしていますし、マッサージも続けていますが、悩みがあっても前のように眠れずに困ることはなくなっています。

睡眠薬のようにスーっと眠れるし、でも副作用はまったくありません。翌朝のダルさもないし依存性もないので安心です。枕に2滴垂らすだけでもかなり香るので、きついと感じる場合はハンカチやタオルに垂らしたものを枕の下に置くだけでも香りは漂ってきます。

このように香りを調節できるのも、アロマの便利なところですね。

多少個人差はあると思いますが、薬に頼らず不眠症をなんとかしたいと思っているなら、一度ラベンダーを試してみるのもいいと思います。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る