TOP > > 食生活改善が不眠症克服に効果!重要な食生活のポイントは?

食生活改善が不眠症克服に効果!重要な食生活のポイントは?

不眠症と言えば、サラリーマンの仕事でのストレスが原因であったり、家庭環境の悪化、夫婦関係の亀裂など、心理的な問題では?と言われてきましたが、食生活も不眠症に大きな影響を及ぼしていることが分かりました!食生活の改善で重要なポイントをお伝えします。

不眠症と関係の深い腸の話

驚く人も多いと思いますが、質の良い睡眠というのは健全な腸の状態から得られるのです。つまり、腸の中に悪玉菌に代表される有害物質を溜めない生活を実践していると、深く快適な睡眠を実践する事ができます。

腸と脳というのは、全くの別物のようで、実は密接に関係しています。普段の日常生活から善玉菌が配合されている食品を中心に摂取し、腸内の環境を整える習慣を身につけていると、質の良い睡眠とともに、ダイエット効果も得られるようになります。

一般常識として良く言われる事として、「年を取ると寝つきが悪くなり、夜中に目が覚めたり、寝つきが悪くなる」がありますが、これは単純に年齢を重ね歳をとった事が原因なのではなく、歳を重ねることによって、腸の働きも歳をとってスムーズではなくなっていることが考えられます。

逆に考えれば、アナタの腸にとって良いとされる善玉菌を積極的に摂取し、適度な運動を重ね、身体の内側である腸を若返らせる事が出来れば、体調が良くなり睡眠の質も高まるだけでなく、ダイエット効果もあるのです。

腸が年老いている人の特徴

最近では若い人でも腸年齢が実年齢より高い人は多いですが、彼らの私生活における特徴を挙げてみましょう。

  • 肌の調子が悪くなる。
  • 思っているようなリラックスが出来ない。
  • 十分な時間睡眠をしても疲れが取れない。
  • 血の巡りが悪くなり、冷え性になりやすい。
  • 基礎代謝が悪いため、ダイエットをしても痩せにくく、逆に太りやすい。

また、食事面を見てみると、暴飲暴食を繰り返し、飲酒喫煙をしている人に多く見られる傾向にあります。また、肉などの動物性のタンパク質食事を好む傾向にもあります。

不眠症を克服する食生活のポイントとは?

不眠症だけでなくダイエット効果もある食生活のポイントは、乳酸菌やビフィズス菌などを中心とした善玉菌の摂取です。一般的なスーパーで売られているような乳酸菌やビフィズス菌を豊富に含んだヨーグルトや、乳酸菌飲料として売られているヤクルトなどを摂取することによって、腸内環境の改善が図れます。

腸内環境が整ってくると、深い眠りを手に入れる事が出来るようになり、不眠症を改善する事が出来ます。また、善玉菌の摂取だけでなく、食物繊維を豊富に含む野菜や海藻類の摂取も同時に行う事、定期的な運動を継続することによって、腸内環境は改善していき、快適な睡眠と適正な体型を作る事が出来ます。

今回紹介している善玉菌は、不眠症やダイエットなどだけでなく、アナタの身体に現れるあらゆる不調の原因を改善する可能性を持っています。身体を内面からキレイにしたいのであれば、少量でも良いので乳酸菌やビフィズス菌を豊富に含む食品を毎日摂取することを心掛けましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る