TOP > > パソコンの使用が不眠の原因に!ブルーライトと身体の関係

パソコンの使用が不眠の原因に!ブルーライトと身体の関係

shutterstock_11514280

不眠症ではないはずなのに、夜ベッドや布団に入ってもなかなか眠れないという人は、寝る前に何をしていたかもう一度振り返ってみましょう。

もしかしてパソコンやスマートフォンを操作していませんでしたか?

意外と気づかないものですが、パソコンやスマートフォンの使用が眠れなくなる原因になるのです。

少し前から聞くようになった「ブルーライト」とは?

パソコンやスマートフォンのディスプレイはブルーライトという青みの強いライトを使用しているので、電気を消した真っ暗な部屋でも画面が綺麗に見えます。

このブルーライトは部屋の照明に使われている蛍光灯とは少し違い、青みがかった色をしていますが、青という色は光の中では一番強い事が確認されています。

ブルーという色は青い空や青い海など自然界ではとても美しく良い表現に使われますが、ライトに関して言えば明るすぎて目を疲れさせてしまうのです。

実際に電気を消した真っ暗な部屋でパソコンやスマートフォンを使っていると画面がとても鮮明に見えますし、これを外から見た場合も、部屋の電気は消えているのにブルーライトの明るさで部屋がある程度見えるような明るさになります。

実はLED照明にもブルーライトが使われていますが、部屋の照明をパソコンやスマートフォンの画面のように凝視する事はないので、部屋の照明についてはそれほど問題ありません。

光にも種類はありますが、今までの白熱灯のような黄色みを帯びた優しい光はあまり目に影響を与えません。

ところが今は部屋の照明に使う電球もLEDが主流になりつつあるので、今までの照明よりも不自然に明るいと感じる事があるのです。

ブルーライトは身体、脳、目に悪影響を及ぼす

パソコンやスマートフォンのように画面に集中しやすいブルーライトは、身体にかなりの影響を与えるという事が分かっています。

体内時計を狂わすブルーライト

人の体には体内時計という時計のような機能が備わっています。生活リズムは個人差がありますが、毎日同じことを繰り返す事で自分の生活リズムができてきます。

一般的には朝起きて日中活動し夜に眠る、という生活パターンですが、例えば海外旅行に行ったとします。

日本から遠く離れる程時差も大きくなるので、場所によっては時差ボケになる事も珍しくありません。

旅行中はその国の時間で行動しますので、本当なら寝ているはずの時間に起きていなくてはならなくなり、体内時計が狂ってしまいます。

観光や買い物をしてから夜になり寝ようとしても、体はとても疲れているのになかなか寝られない、というのも体内時計が狂ってしまうからです。

なんと、寝る直前までパソコンやスマートフォンを操作していると、目から入ってくるブルーライトの影響で身体が時差ボケのような状態になってしまうのです。

この影響でなかなか寝られなくなってしまうのですが、それに気づかず毎晩のように寝る前にパソコンやスマートフォンを使うので、身体と脳に矛盾が生じ不眠症のようになってしまうのです。

ブルーライトと脳の関係

ブルーライトを寝る直前まで浴びていると、脳にも影響が出ます。

眠くなる、というのは脳から分泌されるメラトニンというホルモンからくる生理現象なのですが、メラトニンは別名を睡眠ホルモンと言います。

これは眠りにつくために欠かせないホルモンですが、ブルーライトはこのメラトニンの分泌を邪魔するのです。これにより十分な量が分泌出来なくなってしまいます。

なんとか眠れたとしてもメラトニンが足りないので、熟睡できず浅い眠りしか確保できなくなります。

ブルーライトは目への刺激が強い

パソコンやスマートフォンを操作する場合、つい夢中になり気づいた時には数時間経過していた、という事はありませんか?

この場合画面を凝視するのでまばたきの回数が減り、ドライアイになるリスクも高まります。

ブルーライトは目に強い刺激を与えるので、長時間操作していればその分目を酷使します。視力の低下や眼精疲労、眼精疲労から来る頭痛や肩こりなどの症状も出てきます。

仕事などでやむを得ない場合を除いては、長時間の使用に注意すべきなのです。

質の良い睡眠をとるためには

一番良いのは最低でも寝る1時間前には、パソコンやスマートフォンの電源を切る事です。

もちろん電源を切ってしまわなくても、画面をオフにして遠ざけ、触れないようにするだけでもOKです。

人によっては1時間前に使用をやめてもなかなか寝付けない事もあるので、そういう場合は2時間~3時間と少し余裕を持たせておきましょう。

使わない、見ないのが一番の対策ですが、中にはそう簡単に行かない人もいます。

例えば仕事でやむを得ずパソコンやスマートフォンを使わなければいけない場合は、ブルーライトの影響を軽減するメガネを使ってみましょう。

目への刺激をカットしてくれるレンズを使用しているので、睡眠にも影響を与えにくいと言われています。

ただしメガネをしてまでゲームやSNSばかりというのもお勧めできませんので、どうしても使う必要がある時だけにしておきましょう。

メガネがかけられない人や不便に感じる場合は、パソコンやスマートフォンの画面に貼り付けるシートでも同じような効果を得る事が出来ます。

これがあるだけでも目の疲れがかなり違いますし、寝つきにもそれほど影響しないと言われていますよ。一度貼ってしまうだけの手間なので、手軽でいいですよね。

どうしても寝る前のパソコンやスマートフォンが辞められない!そんな気持ちもわかりますが、できるだけ自分の身体のために意識をかえてみましょう。

質の良い睡眠は健康の必須条件ですからね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る