TOP > > 本当に効果はあるのか?蚊に刺された痒みの都市伝説みたいな対策

本当に効果はあるのか?蚊に刺された痒みの都市伝説みたいな対策

耳元でなんだか「ブーーン」「ムーーン」と、甲高い小さな音が聞こえてきます。奴です。蚊の野郎に間違いありません。きっと美味しい私の血を狙っているのでしょう。

初春から秋にかけて蚊はいたるところで見かけますが、問題は刺された後の痒みではないでしょうか?気が付かないでいると突然、刺された場所が痒くなって赤く腫れてきます。暫くするともう痒くてしょうがなくなってしまいます。

こんな経験、皆さんもありますよね。何か対策は無いのでしょうか?

なぜ痒くなるのか?蚊に刺された時の反応とは

なぜ、蚊に刺されると痒みが生じるのでしょうか?その正体は身体の中にある免疫作用の働きで、一種のアレルギー反応と考えて良いでしょう。蚊は口(口なのかなぁ?針かも?)で刺す時に、唾液も一緒に流し込むのです。

この唾液とはなかなか優れた物質であり、麻酔成分や血を固まらせない成分が含まれているのです。実はこの唾液が人間の痒みを引き起こす原因と考えられています。

人間の身体は外部から異物が侵入して来ないように、常に免疫システムで監視されています。蚊の唾液はりっぱな異物なので、それが侵入することで免疫システムが反応して、アレルギー反応として痒みを引き起こすのです。

例えば花粉アレルギーでくしゃみや鼻水が出るのと基本的には同じだったのですね。

これは都市伝説?痒みを抑える民間療法を探れ

蚊に刺された場合の痒みは辛いものです。痒みを止めるには、薬局で「痒み止め軟膏」「ステロイド軟膏」などが販売されていますが、都市伝説みたいな民間療法も沢山あるようです。本当に効果はあるのでしょうか?

刺された場所を温める

これは蚊に刺された直後に、その患部を蒸しタオルなどで温める方法です。話によると蚊の唾液の成分は熱に弱いタンパク質で出来ていることから、早期であれば熱でタンパク質を分解できるそうです。

しかし、皮膚を温めると血行が良くなり、唾液成分が周りに広まる可能性もありますね。また、蚊に刺された直後に蒸しタオルを用意することは、ちょっと難しいかなと思います。

刺された場所を冷やす

これは温めると反対の行為ですが、痒みを感じさせないためには有効かも知れません。特に冷やすことで血管などの組織を収縮させ、唾液成分が広がらなくする効果があります。また冷やすことで神経を麻痺させて、痒みを感じさせなくすることも可能です。

冷やすことは蚊に刺されたことに気が付いた時点で良いので、この方法は有効だと思います。

頭をたたく

この方法はどうでしょう?足が痺れた時に頭をトントンとリズミカルに叩くと、足の痺れが感じないと言う話は聞いたことがあります。脳に近い頭を叩くことで、神経を頭に集中させて足の痺れを感じさせないと言う理屈ですね。

たしかに、痒みでも効果はありそうですが、痺れと違って痒みは時間がかかりますよね。長時間も頭をトントンしていると、めまいが起こりそうなのでパスです。

塩で擦る

出ました。塩系の民間療法は様々なところで耳にします。昔は何かあったら「塩をかけとけー」だったのでしょうか?しかし、科学的な根拠もあるようです。蚊の唾液は酸性に近い物質で、天然塩はアルカリ性に近い物質となり中和が可能だと言うのです。

中和することでアレルギー反応が無くなるのかは不明ですが、理論的にはそのようですね。でも案外、塩を塗るとヒリヒリするので、痒みを忘れるのかも知れません。

指で押さえる

刺された場所を指で押さえる方法です。どうも空気を遮断することで、唾液の侵入を遅らせるらしいのですが、これはちょっとどうですかね?人によってはラップを巻いたり、テープを貼ったりする人もいるようです。

刺されたことに気が付いた時点で空気を遮断しても、効果はあまりなさそうですね。

吸い出す

これは蜂に刺されたり、蛇に噛まれたりした時にも行う処置です。蚊の場合においても刺された直後に行うのであれば、効果はありそうです。しかし、口で吸うのではなく爪で絞る方法が確実だと思います。

しかし、痒みが出てからでは、あまり効果は期待できないようです。絞りすぎて皮膚を傷つけないように注意しましょう。

煙でいぶす

香取線香などの煙で患部をいぶすそうです。これはおまじないの一種かも知れませんね。(笑)

竹酢を塗る

竹酢だけじゃなくて一般的な酢でも良いそうです。酢の殺菌作用が痒みを止めるとの理屈ですが、入り込んだ唾液に対する効果は無いように思えます。酢を皮膚に付けすぎると皮膚が荒れる可能性もありますので、注意が必要かも知れません。

色々と痒み対策の民間療法はありますが、個人個人の体質によって効果に違いがありそうですね。このような民間療法はいわゆるチャレンジなのです。皆さんも試してみませんか?

キャラクター紹介
ページ上部に戻る