TOP > > 衣類やカーペットに隠れたダニの種類と徹底駆除・対策法

衣類やカーペットに隠れたダニの種類と徹底駆除・対策法

アレルギー疾患に悩む人は年々増えてきています。アレルギーの原因で最も多いのが、家にすみつく「ダニ」なんです。

外出もしていない、肌の露出部分でもないのに何かの虫に刺されてしまっている、蚊に刺された感じではないのに虫刺されがある、といった場合には、ダニに刺されたのかもしれませんよ。

頑張って掃除しているのにダニは駆除しきれていないお宅も多いようですね。今回は家に住むダニをしっかり駆除するためのポイントを紹介していきます。

アレルギー疾患の原因の約9割がダニ!住宅にいるダニとは

アトピー性皮膚炎や喘息などのアレルギー疾患は、花粉、食品、ハウスダストなどさまざまなアレルゲンが原因で起こります。

特にダニがアレルギーを起こしやすく、アレルギー疾患を持つ人の9割近くがダニにアレルゲンを持っていることが分かっています。

どの家屋にも少なからずダニがすみつているのですが、ダニはヒトに次のような健康被害をもたらすので、しっかり駆除していかなければなりません。

ダニがもたらす健康被害

  • アトピー性皮膚炎
  • 喘息
  • アレルギー性鼻炎
  • 虫刺され皮膚炎
  • ダニが媒介するウイルスによる感染症

ダニは自然界に少なくとも3万種類はいることが確認されており、その中で家屋にすみつくタイプの持つダニは「屋内塵性ダニ類」と呼ばれます。

私達に健康被害をもたらす屋内塵性ダニ類は、次の5種類です。

チリダニ(ヒョウヒダニ)…アレルギーの主な原因となるダニ

生態 主な生息場所
1年中生息している
高温高湿を好む
糞・死骸がアレルゲンになる

じゅうたん
布団
布製品など
食べカス
ほこり
フケ・垢
汗など

コナダニ…食べ物と一緒に体内に入るとアレルギーが起こりやすいダニ

生態 主な生息場所
梅雨~秋口に生息する
高温高湿を好む
体内に入るとアレルギーを起こすこともある

食品
乾燥食品
菓子
わら

イエササラダニ…ヒトを吸血するツメダニが増える原因となるダニ

生態 主な生息場所
一年中生息している
多湿で陰になっているところを好む
人体には無害
ツメダニが繁殖する原因となる

部屋の隅など
カビ

ツメダニ…噛んで虫刺され皮膚炎を引き起こすダニ

生態 主な生息場所
梅雨~秋に生息する
ほかのダニが多い所に繁殖する
触れると噛まれて皮膚炎を起こすことがある

カーペット
ほかのダニ

イエダニ…ネズミのいる家に繁殖しやすいダニ

生態 主な生息場所
春~秋に生息する
ネズミ・鳥に寄生する
人を刺すこともある
吸血した動物からウイルスを媒介することもある
ネズミや鳥のいる所 動物の血液
ダニの大きさは1ミリより小さいので肉眼で発見することは難しいと思いますが、一カ所に大量発生すると粉が吹いたようにはっきり確認できることもあります。

…考えただけでゾッとしますねえ。そうならないよう、しっかりダニ対策していきましょう。

ダニ駆除の基本は3つ

ダニの駆除は掃除が基本です。とにかく掃除をこまめにしていれば、それだけである程度のダニの数を減らすこともできますが、それだけでは完全なダニ対策になりません。

確実にダニを駆除するには、次の3点を並行して行なう必要があります。

  • ダニが繁殖できない環境を作る
  • 生きているダニを駆除する
  • ダニの死骸と糞もしっかり除去する

どれかができていないと、掃除したつもりでもダニの繁殖やアレルギー疾患を許してしまいやすくなります。

その1.ダニが繁殖できない環境を作る

ダニが繁殖してから慌てるより、先にダニの繁殖を阻止しておくほうが良いに越したことはありません。

ダニは、次の3つの条件が揃った時に繁殖するといわれています。

  1. 気温20~30℃、湿度60%以上の高温多湿な環境
  2. エサ
  3. ダニのすみか

梅雨~秋口にかけて生息するダニが多いのは、梅雨~秋口の気候が高温多湿だからです。ダニの繁殖を阻止するためには、

  • 部屋の湿度を下げる
  • ダニの餌(ホコリ・フケ・食べカス・ツメダニに捕食されるダニ)を除去する
  • ダニのすみかになりそうな物(布製品など)はなるべく置かない

といった対策を実践すれば良いのです。

湿気対策

ダニは気温20℃以下、湿度50%以下で活動できなくなる、といわれます。気温が高い時は湿度を下げてダニの繁殖を抑制しましょう。

  • 部屋・押し入れ・物置はこまめに開けて風を入れ、乾燥させる
  • 湿度の高い時は除湿器で湿度を下げる
  • 布団は日干し・布団乾燥機でこまめに乾燥させる
  • 押し入れはすのこを使って、風の通るすき間を作る
  • しまいっ放しの布団も定期的に乾燥させる
  • 春と秋に畳を干し、畳の湿気を逃す
雨の日、風のない日は扇風機を使って部屋や押し入れに風を当てるのも良いですよ。

湿度計を置いて湿度をこまめにチェックしましょう。

ダニの餌対策

ダニは体が小さいので、部屋に落ちているごくわずかな餌にも繁殖してしまいます。

  • 部屋はこまめに掃除機をかけ、ダニの餌になる物を除去する
  • 汗を吸う枕カバーやタオルケットはこまめに洗濯する
  • 乾燥食品・お菓子は密封保存するか冷蔵庫で保管する
  • カビ掃除もしっかり行う

ダニのすみか対策

ダニは畳や布製品に集まってくるので、こまめに掃除したり部屋に不要な布製品を置きっぱなしにしないことも大切です。

  • ダニの温床となる畳とカーペットを併用しない
  • 洗濯物はなるべく畳やカーペットに置かない
  • ぬいぐるみをベッドやソファに置きっぱなしにしない
  • 季節ものの服はきれいに汚れを落とし、乾燥材と一緒に収納する
  • 布団やぬいぐるみは酸素のない状態(真空圧縮袋など)で保管する
  • しまいっ放しで着ていない服はなるべく処分する
  • アレルギーの人は防ダニ製品を使う
  • ネズミを駆除したり野鳥が鳥の巣を作らないようにする

その2.繁殖期は徹底的に!生きているダニを駆除する

ダニを生かしたままにしておくとどんどん繁殖してしまい、アレルギーの原因となる糞や死骸の数も増えるので、アレルギーが一層起こりやすくなってしまいます。

生きているダニを肉眼で確認することは難しいのですが、実は室内には

  • 1畳あたりに数十万~数百万匹
  • 1gのほこりに約3千匹

ものダニが生息しているとも言われています。特に繁殖期となる梅雨~秋はダニの数が倍増するので、徹底的にダニを駆除していきましょう。

生きているダニを駆除するには、次の3つの方法が一般的です。

  • 掃除機で吸い取る
  • 薬剤で死滅させる
  • 高温で死滅させる

掃除機である程度のダニを吸い取ることも可能ですが、布製品にいるダニは足を布の繊維にしっかり絡ませているため、掃除機だけで完全に除去することはできません。

ただし、ダニは65℃以上で20~30分加熱すると死滅するので、可能な物は高温に当ててダニの息の根を止めるのがおすすめです。適度にダニ殺虫剤を使うと、効率良くダニを駆除することもできます。

家の中でも次に挙げる場所はダニが集まりやすいので、念入りに駆除しましょう。

ダニが集まりやすい部屋

  • リビング
  • 子ども部屋
  • ペットのいる場所
特にダニが繁殖しやすい場所

  • ソファ
  • カーペット
  • 椅子
  • ベッドマット

ダニ駆除はプロの業者にお願いするという手もあるのですが、家庭でできる駆除方法もたくさんあるので、どんどん実践していきましょう。

掃除機をかける時のポイント

アレルギーがある人のお宅では、掃除機の使用はできれば毎日、週に1度は時間をかけて丁寧に掃除機をかけるのがのぞましいです。

  • 1㎡当たり30秒かけて丁寧に掃除機をかける
  • ダニは夜行性なので部屋を暗くしておいてダニが出てきたところで掃除する
  • カーペットは毛の流れに逆らって掃除機をかける
  • 布団は裏表に掃除機をかける

ダニを高温で死滅させる方法

高温にさらしてダニを死滅させ、掃除機で吸い取ると駆除効果が高くなります。

  • 布団は布団クリーニング専門店で高温による丸洗いをしてもらう
  • 洗濯できる布製品は乾燥機の高温で乾燥させる
  • 布団乾燥機の熱風で布団を高温の状態にする
  • 洗濯できない場所にはスチームアイロンのスチームを当てる

※高温に弱い素材には用いらないでください。

布団は、車内が50℃以上に厚くなる炎天下の車中やコインランドリーの乾燥機で高温にさらすのもおすすめです。

アレルギーの人はプールダニにも注意

プールを利用する方は「プールダニ」の持ち込みにも注意しましょう。

「プールダニ」は、ダニの種類ではなくプールで見つかりやすい屋内塵性ダニ類のことです。実は、プール施設はアレルギーを起こすダニが多い場所のひとつだとも言われています。

プール施設は、常に暖かくて湿度が高いのでダニが繁殖しやすいのです。利用者が持ち込んだ屋内塵性ダニ類がすみつき、また別の利用者の水着を介してダニが拡散してしまいます。

ダニの拡散を予防するには、濡れた水着やタオルをなるべく早く乾かすことです。

その3.秋以降も注意して!ダニの死骸と糞をしっかり除去する

アレルギーを起こしているのは生きているダニではなく、その死骸と糞です。

死骸や糞はダニよりさらに細かいので布の繊維のすき間に溜まりやすく、水分が少ないので軽くて空気中に舞い上がりやすいため、アレルギーのある人がいる家庭では丁寧に掃除をしなければ、吸い込んでアレルギー症状が出やすくなってしまいます。

基本的には、生きているダニを駆除するために掃除をしていれば、死骸と糞も一緒に除去することが可能です。しかし掃除の方法を間違えると、ダニのアレルギーを悪化させることになってしまうので注意しましょう。

糞と死骸には一年中気をつける

ほとんどのダニは秋に寿命を終えるので、生きているダニの数は冬に少なくなります。

そのためダニアレルギーが起こるのはダニが増える梅雨~秋口だと思われがちなのですが、実は「ダニアレルギーが起こりやすいのは秋」だということをご存知でしょうか。

これは秋にダニの死骸が急増するためです。ダニの死骸は乾燥して粉々に砕け散り、布団の綿や室内の隅などに蓄積されやすいので、秋に掃除が行き届いていないと冬以降もアレルギーに悩むことになってしまいます。

また、梅雨~秋口に比べれば数は少ないですが一年中生息するダニもいるので、いずれにしてもアレルギーのある人がいる家庭では、一年中糞と死骸に気をつけてしっかり掃除しておかなければなりません。

布団は叩かない

すでにご存知の方が多いかもしれませんが、布団を日干しする時に布団を力いっぱい叩くのはダニ対策に逆効果なのでやってはいけません。

生きているダニは繊維にしがみついているので、叩いても出てきません。力いっぱい叩くことでダニが死ぬので、布団の中がアレルギーの原因となる死骸だらけになってしまいます。

布団たたきで力いっぱい布団を叩くと中から綿ぼこりのようなものが出てきて、叩けば叩くほど生きているダニ、死骸や糞が取れて衛生的になっていくような気がしないでもありません。

しかし布団を日干しする目的は、乾燥させて綿をふっくらさせたり中にダニが住めなくなるようにすることなので、叩く必要はないのです。

「じゃあ布団たたきは何のためにあるの?」って思った方へ。布団たたきは、布団の表面を軽くなでてほこりやごみを払うためにあるのだそうですよ。

糞や死骸の舞い上がりに注意

フローリングに掃除機をかける時は、水拭きをしてから掃除機をかけるのがおすすめです。いきなり掃除機をかけると、糞や死骸が舞い上がって拡散されてしまうためです。

カーテンにも糞や死骸が付着しているので、時々掃除機で吸い取ってください。

水洗いで糞と死骸を除去

生きているダニは高温にさらさない限り、普通の水洗いでは除去できませんが、糞、死骸、卵は普通に水洗いで除去することが可能です。

カーテン、ぬいぐるみ、ソファカバーなども、洗える限りはなるべく水洗いするようにしましょう。

ダニにシーズンオフは無くなってきている?徹底的に駆除しよう

ダニアレルギーの人は増えてきているのですが、冬でも温かい住宅が増えてきたことも関係しています。

低温が苦手なダニは冬になると生きていけませんが、高気密高断熱の住宅が増えたことや地球温暖化の影響もあって、冬も生き残れるダニが増えてきたのです。

つまり、私達はほぼ一年中ダニと一緒に生活していると言っても過言ではなくなっているのです。梅雨~秋以外もダニ対策を怠らないようにしたいですね。

ダニの習性や弱点、正しい駆除法を頭に入れておけば、ダニは怖くありません。今回紹介したダニ駆除のポイントをアレルギー対策の参考にしていただければ幸いです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る