TOP > > 恐ろしさは見た目だけじゃない!公園にも庭にも潜む毒有り虫の対処法

恐ろしさは見た目だけじゃない!公園にも庭にも潜む毒有り虫の対処法

庭や公園にもよくいる恐ろしい毒有り虫の種類とは?

私たちの生活に虫は絶対に関わってくるもの。小さい虫であれ大きい虫であれ、部屋の中に入ってきたり外出先にいたり、色んな形で生活圏に侵入してきます。見た目の恐ろしさや気持ち悪さから、とにかく嫌い!という方は多いのでは?

嫌いか好きかはどうであれ、虫というものは時に健康被害の原因となるため、注意しなくてはなりません。全ての虫が人間の健康被害を招くわけではありませんが、一部の虫は毒を持って人間を死に至らせる場合もあります。

人間に被害を与える虫で有名なのは、まず””蚊・ブヨ・アブ・ノミ・ダニ””などですね。生活圏にとても多い虫で、痒みや腫れの症状が出ます。酷い腫れだと足全体や手全体が腫れたりして大変!公園や山では気をつけなくてはなりません。

また、蚊はウイルスを運び、「日本脳炎」という疾患を引き起こすこともあります。治療法がないので高熱や意識障害の後、命が助かっても脳へ障害が残る事があります。日本脳炎については予防接種を心がけて下さい。

上記の虫以上に毒性が強く危険な虫に””蜂””がいます。蜂は常に生活圏にいるわけではありませんが、花のあるところには出没頻度が高いです。蜂毒は人間を死に至らせることもありますから、見かけたら近づかないようにしましょう。

それから、あまり知られていないかもしれませんが、””蛾””や””毛虫””にも毒があります。毒を持っているのはほんの一部ですが、噛まれると痛みや痒みをもたらします。

症状は軽度のものから、激痛が走るものもあります。蛾や毛虫だからといってむやみに近づくのはオススメできません。駆除の際は十分注意した方が良さそうです。

毒有り虫と対面したら・刺されたら…対処法について

毒有り虫と対面したとき、万が一刺されてしまったとき、何も知識がないとただパニックなってしまうと思います。毒を持った虫は意外と身近な存在なので、以下の対処法を読んで是非対策をしてみてください。

・毒有り虫と対面したら…

1・むやみに近づかない

毒のありそうな虫を見たら不必要に近づくのはよしましょう。毒のある虫は小さい虫のように簡単に駆除できて無害な虫ではありません。出没したところが庭なら家の窓を閉めたり、とある一室であれば一室の窓だけ空けてドアは閉めるなどして外へ出て行くよう促すと良いです。

2・駆除する

虫が家の敷地に巣を作ってしまったとき等、駆除できる道具(殺虫剤、衣服、軍手など)が揃っていれば駆除にトライしてみましょう。自分で出来ない人は業者さんに頼むと良いですよ。

自分で出来そうな人は肌を覆うで、黒の衣服は避けましょう。黒は蜂が近寄ってきます。念のため事前に虫除けスプレーをすることをオススメします。

駆除方法は殺虫剤を置いて噴射するか、直接かけるのが良いです。網などで捕獲して逃げられないようにした後に、殺虫剤をかけるのが一番確実です。

3・虫が来ないように対策する

全ての虫に効くわけではありませんが、外出の際は虫除けスプレーをかけたり、普段から殺虫剤を撒いておくと良いですよ。

蜂など強い虫の巣については日頃からチェックしておき、見かけたら通報して駆除してもらいましょう。

・毒有り虫に刺されたら…

1・刺された箇所を洗う

綺麗な水で刺された箇所を洗い流してください。ゴシゴシと擦らないよう注意します。民間療法におしっこをかけるなどありますが、おしっこではなく綺麗な水をかけてくださいね。

2・病院へ行く

症状が軽くても病院に行くことをオススメします。時間が経ったら酷くなることもありますし、次に刺されたときに酷くなることもあります。症状が重い場合は救急車を呼びましょう。

病院は内科でも良いのですが、虫の毒はアレルギー症状なので、皮膚科が一番詳しいはずです。ただ、その病院によって異なりますから、事前に調べておくといいでしょう。何処が良いか分からない時は、とりあえず総合病院に行きましょう。

3・ヒスタミン剤があれば応急対処を

毒のある虫に刺されて病院へ行くと、ヒスタミン軟膏やヒスタミン剤、酷い場合はエピペンと呼ばれるアナフィラキシーショック症状を改善する薬剤が出されます。

一度虫に刺されたなどして薬剤が手元にある方は、十分に水洗いした後に薬で応急処置をしつつ、病院へ行くと良いでしょう。

ちなみに市販の痒み止めなどにも抗ヒスタミン剤が入っている場合がありますが、そういったものはオススメできません。市販薬には抗ヒスタミン剤の他、複数の薬剤が入っており、それが刺激物となって症状を悪化させる可能性があるからです。

虫に刺されたときは市販薬など勝手な判断で使ったりせず、とりあえず病院へ行くことをおすすめします。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る