TOP > > チャドクガの幼虫の毒針毛が洗濯物に!発疹の原因はこれかも

チャドクガの幼虫の毒針毛が洗濯物に!発疹の原因はこれかも

痒いな…と思って見たら、体のこんなところに発疹が…とういう経験有りませんか?私は以前突然脇腹に発疹が出来た事が有ります。理由が分からず皮膚科に診療に行ったのですが、その時の診断結果が「毛虫の毒針が洗濯物に付着し、それが肌に触れた為」だったのです。

毛虫の毒針が…なぜ?と思ったのですが、毛虫の毒針は毒針毛(どくしんもう)と呼ばれ、軽く風で舞い上がり洗濯物に付着する例は多いようです。そしてその原因になる毛虫はチャドクガと呼ばれる、蛾の幼虫のようです。

チャドクガって…?

チャドクガは、本州・四国・九州に分布し、幼虫は4~6月・8~9月の年2回発生します。都環境水道課によると、他の害虫に比べ桁外れに被害の相談が多いようです。幼虫は殺虫剤に弱く、市販の殺虫剤で駆除できるのですが、幼虫が死んでも毒針毛は残り、毒も残ります。

その為、風に舞って思わぬ被害を受ける事が有るのです。またチャドクガは幼虫だけでなく、卵・蛹・成虫にも毒針毛は有るのです。年2回幼虫が発生するのですが、ツバキやサザンカの葉に発生します。環境によっては年3回発生する事が有るようです。

チャドクガに刺されたら…

チャドクガに刺された場合、むやみに掻いたりすると毒針毛が折れて、被害が周囲に拡大する場合が有ります。また衣類に付着した毒針毛が、さらに被害を拡大する可能性も有ります。大量発生するチャドクガの幼虫、洋服などに付着する毒針毛、またその毒針毛が折れて被害を拡大するなど、非常に厄介な存在です。

幼虫の脱皮殻や卵などに触れても発疹が出ることも有り、庭での作業等では特に注意が必要です。庭師の間でもチャドクガの被害は大きな問題のようです。治療についてですが、刺された事に気付けた場合、刺された箇所に粘着テープ(ガムテープ)を貼り、一気にはがして毒針毛を除去します。

市販されているかゆみ止めの軟膏や、スプレーではあまり効果は得られないようです。チャドクガの症状は非常に痒みが強く、掻くなと言われても掻いてしまいます。やはり皮膚科への受診をお勧めします。

対策はチャドクガをいかに駆除するか

この厄介なチャドクガですが、刺されるのを防ぐには、やはり周囲から除去する事が早道のようです。方法としては、まだチャドクガの幼虫が小さいうちに、葉ごと切り取って捨てる事が良いようです。殆どの場合、葉の裏側に密集していますので注意して見てください。

幼虫が発生する時期は、第1回目は4月、2回目は8~9月です。その時期に茶・サザンカ・ツバキが近くにある場合は、チャドクガの幼虫を意識してください。またチャドクガの幼虫は危険を感じると、毒針毛をまき散らす習性もあります。

今その対策用に、チャドクガを固めて動きや毒針毛を封じ込めるスプレーも市販されているようです。このようなスプレーを利用し、幼虫が発生する時期に早めに対処していきましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る