TOP > > アウトドアの害虫ブヨ!ブヨの正体とやっかいな痛かゆさを抑えるテク

アウトドアの害虫ブヨ!ブヨの正体とやっかいな痛かゆさを抑えるテク

住宅地にはいないけどアウトドア時には出くわす害虫

世の中にはたくさんの虫がいます。収集されたり飼育されるような人気者もいれば、何もしなくても見た目で嫌がられる不快な虫もいます。また、ゴキブリ、ハエ、ダニ、蚊といった衛生害虫もいます。中でも人を指すなどの毒虫は本当に厄介な存在ですね。

私達を刺す虫で身の周りに多いのは蚊です。蚊は夏に外に出ればすぐ寄ってきますし家の中にも入ってくるなど、ヒトが刺されることが多い虫です。刺されるとかゆいのですが数日間で消えることが多いので、あまり蚊を怖れることはありません。

しかし、河原や山林に行けば、蚊以外にもヒトを指して血を吸う手ごわい虫がいるのをご存知でしょうか?チクッとして手でぱちんとたたくとつぶれた小さな虫と共に血が手のひらに…よく見ると蚊ではない…それはブユ、またはブヨやブトと呼ばれる虫です。

刺されると蚊よりも強い症状があらわれるので出会いたくない害虫です。アウトドアや作業時にはブヨに刺されないようにしたいものですね。

ブヨってどんな虫?

ブヨは蚊のように住宅地に出没することがありません。それはブヨの好む生育環境が蚊とは異なるからです。ブヨの幼虫は水中で生きているのですが、澄んだきれいな水にしか生息できません。ブヨの幼虫は川の清流に発生します。

つまり、住宅地からは離れた環境の良い自然の中にブヨが発生しやすいのです。ブヨが多い地域の川というのは水質が良いということを意味しますから、ブヨに刺されようとも自然環境は素晴らしい地域ということです。

ブヨは体長3~5mmほどのハエ科の小さな虫です。見た目は黒くて小さなイエバエといったところです。メスだけが哺乳類から吸血します。山林、河原、野原などにおり、一年中活動していますが、特に春から夏には活発に行動します。

日中にはあまり活動せず、夕方から活動し始めます。晴れの日よりも曇りや雨の日のほうが活発で日中に活動することもあります。

ブヨに刺された時の症状

ブヨは吸血する際に皮膚を咬み切って唾液腺を差し込みますので、刺された瞬間にチクッとした痛みを感じます。これは蚊とは異なる特徴です。そして唾液腺から毒素を注入しますので、後から「ブユ刺症」と呼ばれる皮膚や全身の症状があらわれてきます。

刺された直後には症状はあらわれてこないのですが、数時間後から翌日あたりになると刺された場所の腫れ、発赤、かゆみ、発熱などの症状があらわれてきます。

腫れは蚊の場合よりもひどく大きく腫れてしこりになり、かゆみも激しいものとなります。腫れやかゆみは1週間~1か月程度続きます。また、かゆみがしつこくぶり返すのも特徴で、かさぶたになった後も慢性的にかゆみが続く場合もあります。

一度にたくさん刺されたり、刺された人の体質によっては重症化することもあり、リンパ節炎などの合併症を伴う場合があります。

ブヨに刺されたときの対処法

ブヨに刺されてしまったらどのように対処すればよいのでしょうか。ブヨの毒素は蚊のものより強いので、効き目の穏やかなかゆみ止めではかゆみがあまり消えないかもしれません。

ブヨに刺されたらまず刺し口から毒針を抜きましょう。できれば皮膚科を受診することをおすすめします。皮膚科ではステロイド外用薬が処方されるでしょう。

ステロイド薬には炎症、かゆみを抑える効果があります。ただし長期間利用すると跡になったり副作用が起こりやすいので正しい方法で利用します。

また、ブヨに刺された場合は患部に熱を与えるとかゆみがかなりやわらぐとされています。これはブヨの毒素が熱されて変性し、毒性が消えていくためだとされています。

熱を与えるには、熱いお湯を患部にかけます。なるべく熱いほうが良いのですがそれではヒトが火傷してしまうので、40~45℃のお湯をシャワーなどでしばらくかけます。害虫やクラゲに刺された時に熱い湯に漬ける方法は、かなりかゆみに効果があるようです。

ブヨに刺されないようにするには

まずはブヨに刺されないように予防することが第一です。ブヨがいそうな場所に行く時は

・長袖・長ズボンを着用してなるべく肌を露出しない
・虫よけを塗る

といった基本的な虫よけ対策が必要です。市販の虫よけの化学成分が気になる場合には、ハッカ油(ハッカの精油で薬局で市販されている)を水で薄めたものをスプレーしてもよいでしょう。ハッカには虫の忌避効果があるのでおすすめです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る