TOP > > インフルエンザ予防には感染回避!新ワクチンに負けない6つの対策

インフルエンザ予防には感染回避!新ワクチンに負けない6つの対策

インフルエンザの流行に備え、毎年医療機関で早めに予防接種を済ませている方も多いことと思います。

痛くない「フルミスト」やワクチンの型が1種類増えた「4値ワクチン」も登場し、予防接種がより受けやすくなりました。今まで受けそびれていた方も「これなら受けてみよう」と興味を持てるようになったかもしれませんね。

しかしワクチンはインフルエンザを100%予防するものではありません。あくまでも、肝心なのはウイルスに感染しないことなのです。

推奨されているインフルエンザの感染予防対策は、正しく実行できていなければ意味がありません。ウイルスをうつされない・うつさないための正しい対策法をおさらいしておきましょう。

乳幼児や高齢者は特に予防したいインフルエンザ

インフルエンザには「季節性インフルエンザ」と「新型インフルエンザ」がありますが、今回は、私達が一般にインフルエンザと呼んでいる季節性インフルエンザについて説明していきます。

インフルエンザの原因となるインフルエンザウイルスは温度と湿度の低い環境を好み、日本では毎年11月~3月にインフルエンザの大流行が発生します。感染力が強いウイルスなので、患者が出れば短期間で感染を広げてしまうのが特徴です。

風邪と似ていますが、原因となるウイルスや症状の重さは異なります。

風邪(上気道炎) インフルエンザ
ウイルス ライノウイルスほか
さまざまなウイルス
インフルエンザウイルス
最初に出る症状 鼻や喉の症状
  • 急な発熱
  • 悪寒
  • 頭痛
主な症状
  • くしゃみ
  • 鼻水
  • たん
  • 発熱
  • 発熱
  • 倦怠感
  • 頭痛
  • 筋肉痛
  • 鼻や喉の症状
熱の高さ 微熱が多い 38℃以上の高熱
起こりやすい合併症 気管支炎
  • 熱性けいれん
  • インフルエンザ脳症(小児)
  • 肺炎

インフルエンザの流行するシーズンを迎えると、感染予防が盛んに推奨されるようになります。これは、インフルエンザが症状が重く毎年猛威を振るうことに加えて、命に関わる合併症を引き起こす怖い病気でもあるからです。

インフルエンザにかかる子供イラスト

インフルエンザの予防接種を受けることで、重症化と合併症の併発を予防することができます。しかし、ワクチンはウイルスの感染や発症を阻止するものではないため、接種すればインフルエンザにかからないわけでもありません。

そこで、すでに推奨されている「手洗い」「うがい」「体調管理」といった予防対策が重要になってくるのです。

特にインフルエンザを予防したいのは

  • 乳幼児・高齢者
  • 妊婦
  • 持病のある人
  • 乳幼児・高齢者の世話をする人
  • 受験生

などです。乳幼児・高齢者は体力が弱く、重症化や合併症を引き起こしやすいのでインフルエンザにかかると危険です。肺炎は高齢者が併発しやすく、65歳以上の死因第3位になっている病気なので特に注意が必要です。

正しい予防対策を丁寧に実践し、ウイルスをブロックしましょう。

1.正しいうがいでウイルスを洗い流しましょう!水分補給も効果あり

うがいをする子供イラスト

インフルエンザや風邪は、咳やくしゃみで飛び散った空気中のウイルスを鼻や口から吸いこむことで感染する「飛沫感染」で起こります。

咳やくしゃみをすると、ウイルスは時速290kmの速さで3~5mの距離に飛散するといわれています。もしも家庭や職場、学校などで誰かが咳やくしゃみをすれば、一瞬で近くにいる人にウイルスが飛び散ることも容易に想像できますね。

「嫌だな」と思われるかもしれませんが、これは集団で社会生活を営む以上、ある程度は避けられないことでもあるのです。

また、インフルエンザは体にウイルスが付着してすぐに感染することはなく、細胞で増殖することで発症するものなので、付着したウイルスが細胞で増殖する前に除去すれば、インフルエンザの発症を阻止することができます。

インフルエンザウイルスが好んで増殖する場所は喉や気管支なので、喉に付着したウイルスをこまめに除去すれば、ウイルスの増殖を阻止することができるのです。

そこで皆さんもご存知の通り、昔からインフルエンザ予防にはうがいが強く推奨されてきたわけですね。

しかし「うがいをしたつもり」では、喉に付着したウイルスが洗い流せません。正しい方法でしっかりうがいをしましょう。

【正しいうがいの方法】

  1. 口の中を洗い流す目的で、口に水を含んで2~3回強めにうがいをする
  2. 次に上を向いて口を開け、声を出しながら喉の奥で15秒間うがいをする
  3. 仕上げに、2度目と同じ方法で喉の奥で15秒間うがいをする

うがい子供イラスト2

ウイルスが付着する喉の奥を洗い流すことがポイントです。2・3度目のうがいでは、口を大きく開けて喉の奥から思い切り「がらがら!」と声を出すと、喉の奥まで水が行き届きやすくなります。

上品にうがいをすると、喉の手前をすすぐだけになりやすく意味がありません。うがいは豪快にやったほうが効果的です。

帰宅後、特に人の集まる場所から帰ってきた時は、忘れないようにうがいをしましょう。水だけでうがいをしても十分な効果が期待できますが、体調の悪い人やインフルエンザの流行期には、うがい薬を使うこともおすすめします。

また、水分補給もこまめに行いましょう。水分補給には、ウイルスを洗い流す効果と喉の乾燥を予防する効果があります。

2.石けんで手洗い&手指の消毒でウイルスを徹底的に除去しましょう

手洗い子供イラスト

インフルエンザは、手に付着したウイルスを体内に取り込んでしまう「接触感染」でも発症するため、こまめな手洗いも欠かせません。

インフルエンザの流行期には、感染者の咳やくしゃみで飛散したウイルスがあちらこちらに付着しているので、第三者がそれを触った手で鼻や口からウイルスを取り込みやすくなるのです。

例えば、テーブルやドアノブ、電車のつり革などを触った後は接触感染に注意したいですね。触らないわけにはいかないので、しっかり手洗いをすれば良いですよ。

どの感染症対策にも共通することで、手に付着したウイルスは石けんを使った手洗いで物理的に減らすことが励行されています。

水洗いだけではウイルスが残りやすくなるので、石けんを使ってください。石けんには「界面活性剤」といって皮膚から汚れやウイルスを浮かして落とす成分が含まれているので、石けんを使うと水洗いよりも格段にウイルス除去効果が高くなるのです。

  • 学校や職場など人が多く集まる場所
  • 帰宅後
  • トイレの後
  • 周囲にインフルエンザの患者がいる時
  • 咳をしたり鼻をかんだりした後

は、特に丁寧に手洗いをしましょう。汚れが残りやすい場所も念入りに。

手洗いイラスト
(相模原市 インフルエンザ予防について 手洗いについて より)

そしてインフルエンザの流行期には、接触感染を予防するためにハンカチやタオルは共有せず、自分専用の物で手を拭くこともおすすめします。

アルコール消毒も有効です。インフルエンザウイルスはアルコールに弱いので、予防効果をさらに高めたい人は身の周りの日用品をアルコールで拭き取ったり、手指用のアルコールで手を消毒したりすると良いでしょう。

携帯用除菌ジェルを持参しておくと、外出先で手洗いできない時にも消毒できて安心ですよ。

3.マスクでウイルスをブロック!咳エチケットにも気を配りましょう

マスクをした子供イラスト

またウイルスの飛沫感染を予防するために、咳やくしゃみの出ている人はウイルスを周りの人にうつさないように注意することも忘れてはいけません。

厚生労働省は、ウイルスの感染を予防するための「咳エチケット」を呼びかけています。インフルエンザの流行期には、率先して実行するようにしたいですね。

咳・くしゃみの際はティッシュなどで口と鼻を押さえる。
他の人から顔をそむけ 1 m以上離れて咳・くしゃみをする。
鼻汁・痰などを含んだティッシュをすぐに蓋付きのごみ箱に捨てる。
咳をしている人にマスクの着用を促す。
咳をしている場合、周りの方へうつさないために、マスクを着用する。
マスクの使用は説明書を読んで、正しく着用する。

マスクは飛沫感染を予防する効果が高い上、鼻や喉の保湿効果があり湿度に弱いインフルエンザの増殖を抑制するので、感染予防には一石二鳥の方法となります。

ちなみにウイルスをブロックする効果が高いのは、透過性の低い医療用のマスクですが、手頃な値段で販売されている不織布性のマスクでもある程度の効果が期待できます。人ごみに外出する時はマスクを着用しましょう。

4.ウイルスは低温と乾燥が好き!室内の温度と湿度に注意しましょう

インフルエンザの流行期には、部屋の温度と湿度にも注意を払いましょう。

空気中のウイルスは、数時間~数十時間の感染力を持つといわれています。しかし、室内を

  • 湿度60%~80%
  • 温度20~25℃

に保てば、ウイルスの生存率は低くなります。暖房や加湿器などを使って温度と湿度を調節しましょう。

最近はさまざまな温湿度計が販売されていますね。すでに利用している方も多いことと思いますが、手頃な価格の製品もありますので家庭やオフィスにはひと部屋に一台設置して、こまめにチェックするのもおすすめです。

温湿度計参考画像

また、寒くても部屋の換気は定期的に行なってください。人の集まる部屋ほどウイルスが蔓延しやすくなります。1時間に5~10分程度、窓を開けて部屋を換気すると良いでしょう。

5.体を冷やさない!首を温めて免疫力アップ

子供マフラーイラスト

私達の体では常に免疫システムがはたらいており、多少のウイルスや菌が体内に侵入しても免疫がやっつけて感染症になるのを予防してくれています。

普段から免疫力の高い人は風邪やインフルエンザにかかりにくくなります。体を冷やすと免疫力が下がり、ウイルスに感染しやすくなるので体を温めることも大切です。

昔から「風邪は首から入ってくる」と言われており、特に風邪やインフルエンザのウイルスは首元が冷える時に感染しやすくなるので、冬は首元をしっかり温めるようにします。

タートルネックやネックウォーマーを着用したり、使い捨てカイロで首の後ろを温めたりすると良いでしょう。首の太い動脈を温めることで全身の血行が効率良く促進され、体が温まって免疫力も高まります。

また、鎖骨のくぼみを右→左→右の順に温かいおしぼりで5分間ずつ温める方法がインフルエンザ予防に良いという説もよく聞かれます。科学的な実証はないのですが、血行を促進する効果が高い方法なので、試してみて損はないと思います。

6.これも重要!体調を管理し、人ごみを避ける

秋から春先にかけては、お住まいの地域のインフルエンザ流行の動向をこまめにチェックし、周囲でインフルエンザが流行し始めたら人ごみの外出をなるべく避けることがのぞましいです。

また体調を管理して免疫力を高めることも大切です。睡眠不足・疲労・ストレスは免疫力を低下させます。十分な睡眠と規則正しい生活で体調を整えてください。

日常の予防対策×予防接種でインフルエンザをしっかりブロック

夫婦OKイラスト

任意となりますが、10月~11月にインフルエンザの予防接種を受けておくこともおすすめします。摂取して2週間後から効果が出始め、ウイルスに対する免疫は5ヶ月間持続します。

今までは「予防接種を受けても、ワクチンの型と感染したウイルスの型が違っていたら効果がない」というケースもありましたが、B型ワクチンが1種類加わった4価ワクチンはそれまでのワクチンより多くの型のウイルスに効果が期待できるようになっています。

予防接種に併せて、今回紹介しました

  1. 手洗い
  2. うがい
  3. 咳エチケット
  4. 室温・湿度の調節
  5. 首を温める
  6. 体調管理

を徹底してください。

また発症が疑わしい場合はすぐ受診し、インフルエンザ検査を受けてインフルエンザかどうか確認しましょう。

経験のある方はご存知かと思いますが、インフルエンザは風邪と違って起き上がることもできないほど症状が重く、かかると本当に辛いです!どなたもインフルエンザにはくれぐれもご注意くださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る