TOP > > インフルエンザは食事で防げる?インフルエンザを予防する食生活

インフルエンザは食事で防げる?インフルエンザを予防する食生活

毎年冬になると猛威を振るうのが、インフルエンザです。インフルエンザを予防する為には、日頃の生活習慣が重要です。今回はその中から、食生活に焦点を当てていきたいと思います。

インフルエンザとは

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスによって起こる感染症のことを差します。インフルエンザは毎年11月下旬頃に発生、年末年始あたりにピークを迎え、春には流行が収まります。お子さまやお年寄りは重症化しやすいので、特に注意が必要です。次にインフルエンザの代表的な症状をまとめてみます。

  • 38℃以上の高熱
  • 筋肉痛や関節痛
  • 頭痛
  • 倦怠感
  • 下痢

インフルエンザは風邪によく似た症状が現れます。風邪との大きな違いは、突然高熱や頭痛などの症状が現れる点です。通常の風邪は、まず最初に咳や頭痛などの症状が出て、それが次第に酷くなりますが、インフルエンザは急に重い症状に襲われるのが特徴です。また全身の酷い筋肉痛も、インフルエンザ特有の症状といえます。

インフルエンザの予防法

日常生活で簡単にできる予防法を紹介します。どれも毎日の生活の中で、ちょっとした手間を掛ければできる行動ばかりです。

うがい・手洗い

これは風邪や食中毒予防にも有効な、最も基本的な予防法です。帰宅したらすぐに洗面所に向かい、うがいと手洗いを行うことを心掛けましょう。手洗いは指や爪の間、手首の辺りまで念入りに洗います。

マスクの着用

流行時は、なるべく外出を避けることをお勧めします。ですがもちろん仕事や学校に行っていれば、家から一歩も外に出ないというのは不可能です。そこで外出時は必ずマスクを着用しましょう。『マスクは風邪を引いている側がするもの』という考えは大変危険です。予防の為に、自らがマスクを着用しないと自分の体は守れないのです。

室内の環境に気を遣う

インフルエンザウイルスは乾燥した空間を好みます。そしてその逆、多湿な環境では生きにくいと言われています。そこで室内の湿度を40%以上にすることをお勧めします。具体的には、加湿器を使って目標湿度50~60%を目指して、インフルエンザが住みにくい環境を作りましょう。数時間に一度部屋を換気することもお勧めします。もちろん風邪予防にも有効です。

ワクチンの接種

インフルエンザワクチンの接種という効果的な予防法があります。流行時期に間に合うように逆算してワクチンを打つという方法で、12月中旬までに行うことが推奨されています。

もちろん、ワクチンで100%感染を防げるわけではありませんが、かなりの効果が期待できます。『ワクチンだなんて大げさだ』と感じるかもしれませんが、お年寄りなど抵抗力が弱っている方は重症化する可能性があるので、この方法をお勧めします。

インフルエンザを予防する食生活

インフルエンザになりにくい体を作る為には、3食きっちり、バランス良くが基本となります。偏食や過度のダイエットで体の抵抗力が落ちていると、インフルエンザだけでなく様々な病気になる可能性が上がってしまうのです。好き嫌いなくバランスの良い食事を心掛けましょう。インフルエンザ予防にお勧めの食品、メニューの一例です。

  • 鍋物
  • 野菜や香辛料たっぷりのスープ
  • 具沢山の雑炊、おかゆ
  • 納豆
  • ヨーグルト
  • 海藻サラダ

3食バランス良くという基本的なルールを守りながら、次に心掛けたいのは免疫力を上げる食材を取り入れることです。具体的に挙げると生姜、にんにく、ネギ、バナナ、唐辛子などになります。特に、にんにくは最強の免疫力UP食材と言われています。どんな料理にも取り入れやすいので、積極的に使うようにしましょう。

次のポイントは体を温める料理です。温かいものを食べることで免疫力も上がり、インフルエンザだけでなく風邪なども予防することができます。お勧めの料理は鍋物、スープ、雑炊などです。これらの料理には、先ほど紹介したにんにくやネギ、唐辛子なども取り入れやすいのでお勧めです。

女性に多い冷え性改善も期待できるので一石二鳥ですね。最後にお勧めしたいのが腸内環境を整える食材です。腸内環境が悪いと、インフルエンザやその他の感染症、食中毒などにかかりやすくなってしまうのです。

そこで常に腸内を綺麗にしておくことが重要です。善玉菌を増やすのに有効なヨーグルトや納豆などを、積極的に毎日の食事に取り入れていきましょう。便通改善の為に、海藻などの食物繊維も意識的に食べるようにします。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る