TOP > > GWの渡航先は中国ですか?鳥インフルエンザなど流行の病気に注意

GWの渡航先は中国ですか?鳥インフルエンザなど流行の病気に注意

最近の傾向で日本人が大移動する時期は、夏場よりもゴールデンウィーク(GW)の方が多いそうです。夏場は休みが分散される傾向にありますが、GWは相変わらず集中しているのが理由ですね。

アベノミクス効果もあり昨年の夏以降は旅行業界も勢いを増しており、特に海外旅行が増加しているそうです。

皆さんは海外旅行で何処に行きたいですか?日本人の定番であるハワイやロサンゼルスなどのアメリカ、憧れのヨーロッパなども人気ですが、歴史のある中国を旅したいと考えている人も多いと思います。

最近の中国は近代化も進み以前とは全く違う印象がありますが、まだまだ気をつけなくてはならないことも多いようです。

中国では新しい病気に注意する必要があった

中国においての近代化が進んだと言っても、膨大な国土を持つ国なのでまだまだ全土がそうなった訳ではありません。衛生面においても大都市と地方都市の差は大きなものがあるのです。

特に感染症の発生においては十分な注意をする必要があるのです。近年話題になっている「鳥インフルエンザ」は、ニワトリやアヒルなどが持っているインフルエンザウイルスで、人間にも感染することがあります。

鳥インフルエンザの中には致死率の高いウイルスもあり、発症後の致死率が6割にも達しているのです。

実はこの鳥インフルエンザが現在も中国で発生していることが発表されており、渡航者は十分に注意しなくてはいけません。一昔前まで鳥インフルエンザは人から人の感染は無いと考えられていましたが、最近の研究ではウイルスの型によっては感染することも確認されています。

最近、このような新しい病気が発生する場合、中国大陸が起源であることが多いように感じますが、皆さんはどう感じていますか?

中国で感染症にかからないために注意すること

日本人に馴染みのない病気がある場合、知らず知らずに感染してしまうこともあります。旅行者が注意するべきポイントを紹介しましょう。

◆中国では市場において生きたニワトリなどを販売しています。そのような場所に絶対近づかないようにしましょう。

◆中国の水道水は飲めないと思って下さい。飲み物はミネラルウォーターやジュースにしましょう。ミネラルウォーターもしっかりブランドを確認して、安全な商品を購入しましょう。

◆電車など人混みは避けるようにして、仕方がない時はマスクを着用しましょう。また手洗いやうがいを積極的に行うことが重要です。

◆地方の公衆トイレなどは非衛生的なものが多いので、ホテルなど衛生的なトイレを利用して下さい。

◆地元の人間が大丈夫だからと言って、安易に安心してはいけません。現地の人は抗体を持っている可能性もあるのです。

◆厚生労働省や外務省の注意喚起を十分に理解した上で出発して下さい。病気が発生しているエリアには近づかない方が賢明だと思います。場合によっては旅行の変更も考えましょう。

◆体調がおかしいと感じたら、必ず病院に行きましょう。帰国時に空港の検疫所に報告をすることも重要なことです。

中国では大都市と地方都市の差が激しいと聞きます。特に衛生面においては気をつける必要があるのです。GWを海外で過ごすのも楽しいのですが、現地の病気を持ち帰らないように注意したいですね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る