TOP > > 不妊治療のために!5つの健康習慣で妊娠しやすい体づくり

不妊治療のために!5つの健康習慣で妊娠しやすい体づくり

妊娠しやすい体づくり

不妊で悩んでいるご夫婦はとても多いと思います。思い切って不妊治療を開始しても、なかなか結果が出ないと焦りや不安が日々深まりますよね。そこで今回は生活習慣を変えて妊娠しやすい体を作っていくことを提案したいと思います。

病院での不妊治療も大事ですが、日々の暮らしの中でちょっとした努力をしていくだけで妊娠の可能性を高めることは可能です。もちろんそれをしたからと言ってすぐに妊娠が望めるわけではありませんが、何もしないよりは絶対に良いですし、気持ち的にも楽になると思います。

健康習慣1.ストレスを溜めない

仕事や人間関係による大きなストレスがかかることでホルモンバランスが乱れる可能性があります。酷い場合は月経がストップしてしまうケースも・・・。このような状態になると当然妊娠しにくい体となってしまいます。

全くストレスを感じないということは不可能ですので、かかるストレスを少しでも少なくする努力をすることが重要です。またはスポーツや友人との会話等で少しずつ上手に発散していくようにしましょう。溜め込みすぎはNGです。

健康習慣2.体を冷やさない

『女性にとって冷えは大敵』と昔からよく言われています。体内の血液循環が悪いとホルモンバランスにも影響がありますし、体が冷えているということは当然子宮も冷えています。このような状態では妊娠するチャンスも減ってしまいます。

そこでお勧めなのが半身浴。ぬるめのお湯に胸まで浸かる入浴法ですが、これを行うことにより体に芯から温まり冷え性が改善されます。冬場は厚めの靴下を履く・腹巻きを着用するなどの工夫も行ってみてください。特に下半身は冷やさないよう注意しましょう。

健康習慣3.標準体重を目指す

痩せすぎ・または太りすぎている女性は不妊に陥りやすいことが知られています。まず痩せすぎの女性の場合は、無月経になったりホルモンバランスが崩れて無排卵になりやすいと言われています。太りすぎの女性の場合も同じようにホルモンバランスが崩れにより無排卵になるリスクがあります。

そこで目指すのが標準体重です。これは痩せすぎでも太りすぎでもなく、人間が一番健康的に過ごせる体重とされています。最近の女性は美容体重を意識している人が多く、全体的に痩せすぎな傾向にあります。妊娠を望むなら標準体重を意識してみてください。

健康習慣4.妊娠しやすい食生活

1日3食バランスよくが基本です。もちろんダイエットや過食は控えましょう。積極的に摂ってほしいのはタンパク質です。タンパク質は体づくりの基礎となるものです。タンパク質不足は血の巡りが悪くなり、冷えやすい体になる要因にもなります。

肉・魚・大豆製品など何でも大丈夫ですが、中でもお勧めなのは大豆製品です。大豆に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンと似たような働きをしてくれることで有名です。更年期障害の女性に効果があるように、妊娠を望む若い女性にも良い働きをしてくれる食材です。

健康習慣5.たんぽぽ茶を飲む

たんぽぽ茶というお茶をご存知ですか?このお茶は名前の通りたんぽぽから抽出されたお茶で、妊娠中・授乳中のお母さん方に良いと話題になりました。栄養価が豊富でホルモンバランスを整える効果が期待できるお茶ですので、不妊に悩む方にも効果が期待できます。

またたんぽぽ茶の嬉しい所はノンカフェインであることです。コーヒーやジュースのようにカフェインが含まれていないので寝る前でも安心して飲めますし、体への負担も非常に少ないのです。毎日のお茶をたんぽぽ茶に代えてみるのもお勧めです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る