TOP > > カロリーオフに要注意!不妊症は何気ない食生活が原因かも!

カロリーオフに要注意!不妊症は何気ない食生活が原因かも!

カロリーオフやゼロなどの商品は、注意が必要です。もともとこれらの商品はダイエット目的の女性をターゲットにしたものですが、本当にこれらのカロリーがカットされた食べ物や飲み物は、痩せることができるのでしょうか?その疑問を解きながら、不妊症の原因にもなる人口甘味料のことを詳しくみていきましょう。

カロリーオフの人口甘味料は不妊に影響する

最近、不妊症に悩む男女が増えてきました。不妊症の原因はさまざまな要因がありますが、カロリーオフの商品に使われている人口甘味料も、そのひとつの可能性があります。私たちが何気なく口に運んでいる食べ物や飲み物は、ひと昔前のものとは大きく変わってしまいました。

特に人口甘味料は発見、開発されてから、現代人の「食べたいけど太りたくない」という希望を叶えてくれるカロリーオフの商品に、たくさん使われるようになりました。しかし人口甘味料として使われているスクラロースやアスパルテームは、健康にとって大きなリスクがあることが分かってきました。

特に問題なのは、男性の精子に影響を与えてしまう恐れがあることです。男性の精子の減少は、そのまま不妊症の原因に繋がります。カロリーオフやゼロなどの商品が巷に溢れるようになりだした時期から、不妊症に悩む夫婦が増えたのは偶然とは思えません。

人口甘味料の欠点

スーパーマーケットに買い物に行った時、いつも何気なく買い物カゴに入れている商品の原材料をチェックしてみましょう。お菓子や清涼飲料水、チュウハイなど甘い味のある商品のほとんどに、アスパルテームなどの人口甘味料が使われているのが分かります。

こういった人口甘味料は、いつから使われだしたのでしょうか?そして体内に入れても、本当に何も害がないのでしょうか?

人口甘味料は不妊症の原因にも

アスパルテームは現在120ヶ国で使用が認可され、世界一の普及率を誇る人口甘味料です。これだけ多くの国で使われているのだから安全だと思うのは大きな間違いです。

アスパルテームは、1965年に化学的に合成して誕生しました。なんと砂糖の200倍の甘さがあるのにカロリーがありません。しかしアスパルテームは「カロリーがない」という一点だけの利点では補えない、大きな欠点もあるようです。

  • 男性の元気な精子が減ってしまう
  • 女性の不妊の原因となるプロラクチンが分泌される
  • 早産の危険性が上がる
  • 胎児の先天性障害

など、他にも欠点はあるのですが、特に不妊に関連するものだけでも、これだけのリスクがあります。他の化学調味料などもそうですが、人口甘味料も歴史はまだまだ浅く50年足らずです。健康問題についていろいろ問題にあげられてますが、やはり何世代にもわたってからでなければ、本当に大丈夫だという確証はありません。

カロリーオフの甘い罠

現代人の「食べたいけど、飲みたいけど太りたくない」という夢を叶えてくれそうなカロリーオフやゼロ商品ですが、実際に痩せられるのでしょうか?

実はカロリーカットしても痩せられない

結論から言いますと、カロリーをカットされたものを食べたり飲んだりしても、痩せることはありません。多くの人がただ単にカロリーのことを「多ければ太る」「少なければ痩せる」と思っておられますが、それは間違いです。

もともとカロリーとは「熱量」の意味です。身体に摂取することで熱量をたくさん生むものが高カロリー、反対に熱量を少ししか生まないものが低カロリーということになります。人間の身体は長い歴史の中で、いつも飢餓と共に生きてきました。つまりいつもお腹が空いている状態だったわけです。

ですから身体は低カロリーのものを摂取すると、最初は確かに体重は減少しますが、すぐに飢餓システムが作動して順応していきます。つまり身体の代謝を落として、できるだけエネルギーを消費しなくなるのです。また身体を温めることもできなくなるので、冷え性に繋がります。

身体が冷え始めると、ますます飢餓システムが働いて脂肪を蓄えておこうとします。つまりこれではダイエットのつもりでも、逆に太りやすい体質となってしまい、逆効果となってしまうのです。やはり痩せるには、毎日きちんと必要なカロリーを摂りつつ、適度に運動するのが一番ですね。

不妊症対策には全体的な食事内容を見直す

不妊症対策には、カロリーオフや、ゼロといった商品の前に、全体的な食事内容も見直すことをおすすめします。なぜならば人口甘味料の他にも、現代はたくさんの食品添加物が使われています。どうしても避けることは無理ですよね。ではどうすれば食事内容を見直せるのでしょうか?

量を少なくする

単純に一番効果的なのは、これらの人口甘味料などを摂取する量を減らすということです。食品添加物をすべて排除するのは無理ですから、せめて摂取する量を減らして身体への負担を軽くすることです。

手軽にできるものには食品添加物がたくさん入っていますので、できるだけ手作りの料理をするようにしましょう。また飲み物も、清涼飲料水を控えてお茶に変えましょう。清涼飲料水には特にたくさんの人口甘味料が使われていますので、水のように日頃から摂取するのはやめておきましょう。

まとめ

カロリーオフやゼロの商品は、身体への負担がかかるので控えるようにしましょう。特に若い世代の方は今だけでなく、将来のことも考えて節制することをおすすめします。また不妊症に悩んでおられる方はできるだけ、これらのカロリーオフやゼロの食べ物や飲み物は控えるようにしてみてください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る