TOP > > 妊活する女性達へ!35歳から妊娠の可能性を高めるために必要なこと

妊活する女性達へ!35歳から妊娠の可能性を高めるために必要なこと

タレントの大島美幸さん(34)が、妊活のために芸能活動を休止するというニュースが話題になりました。女性は35歳頃での妊娠の可能性が低くなることを十分に理解された上での決断だったと思います。35歳からの妊娠の可能性を高める方法を考えてみます。

女性の年齢と妊娠の可能性

晩婚化や女性の社会進出が進み、今では35歳を過ぎて初産ということも珍しくはありません。しかし、妊娠の可能性を統計的に見た場合、25歳での妊娠の確率を100とすると、35歳では50、38歳では20、40歳では5未満、43歳以上では、ほぼ0になります。こうしたデータから不妊治療の費用助成も43歳未満までと定められました。

つまり、女性の妊娠能力は年齢とともに緩やかに衰えていくのではなく、35歳頃から急激に低下していくのです。

35歳からの妊娠に必要なこと

健康な夫婦生活を営み、半年経っても妊娠できないようであれば、次にあげる不妊の改善に取りかかりましょう。

1.生殖機能が健康であるか確認する

まず、最初にすべきことは、卵巣や子宮が健康であるか検査をすることです。例えば、子宮筋腫や卵巣腫瘍はたとえ良性だとしても、排卵や受精卵の着床に支障となることは確かです。妊娠を妨げる病気がないか検査をすることが大前提です。

2.女性ホルモンの分泌を高める

次に、排卵の指令を出す女性ホルモンの分泌を高める必要があります。衰えてゆく女性ホルモンの分泌能力を高めるために最も効果的なのは大豆に含まれるイソフラボンです。イソフラボンはホルモン補充療法よりも安全で、卵巣機能自体の働きを高めて妊娠する力を高めます。

また、女性ホルモンの分泌が正常になることで自律神経の働きも良くなり、排卵のリズムや子宮内膜の形成を促進する働きがありますから、毎日納豆を食べるようにしたり、毎食には豆類を欠かさないようにしましょう。

3.卵巣や卵子の老化を防ぐ

女性ホルモンの減少とともに、卵子や卵巣機能も老化していきます。こうした老化を防止するのに最も効果があるのはビタミンEです。健康な大人が必要な1日のビタミンEの摂取基準量は7.0㎎ですが、妊娠を望む人は1日に100㎎~300㎎と大量に摂らなければなりません。

鮭の切り身1切れやアーモンド1つかみで5.0㎎ですから、食品からの摂取だけではビタミンEは十分とは言えません。できる限り食品から摂るようにして、不足分はサプリメントなどで補うことが現実的です。

また、ビタミンEはビタミンCと一緒に摂ることで相乗効果が発揮されます。ビタミンCの摂取目安は1日100㎎とされていますが、妊娠を望むなら1日1000~2000㎎の摂取を目標にして下さい。

次に葉酸です。葉酸は妊娠中に食べると良いと言われますが、妊娠前に摂ることで子宮内膜の形成が促進され、妊娠しやすい体作りの効果があります。葉酸は、ほうれん草やモロヘイヤなど緑色の葉物野菜に多く含まれていて、水に溶けやすい性質があるのでスープなどで汁ごと摂るようにするのが効果的です。

その他にも、鉄分や亜鉛も妊娠力を高める栄養素ですから、献立を工夫したりサプリメントを活用しましょう。

4.徹底的に体を温めること

体温が1℃上がると、体の細胞の働きは5~6倍も活発になることが分かっています。当然、卵巣機能や子宮の働きも活発になるので妊娠しやすい体の状態を作ることができます。特に、お腹や下腹部の保温が重要です。

女性の下着は体を締め付けるものが多く、血流が滞り体温が低くなりやすいので、できるだけゆったりとして、下腹部を覆うようなものを付けるようにしましょう。

ここでお奨めしたいのは腹巻です。腹巻は下腹部を温め、体温を逃がさないようにするのにとても効果が高いのです。冬場は腹巻の上から使い捨てカイロを貼るなどの工夫をするとさらに効果的です。

5.冷たい物を断つこと

これは、一番辛いことかもしれませんが、冷たい物は一切控えなければなりません。アイスクリームやかき氷、ビールや冷たいお茶や水、口から入れるあらゆる冷たい飲食物は断つというくらいの心構えが必要です。

これは例えば、沸騰したお湯に水を1杯入れるだけで、たちまち全体の温度が下がることを想像して下さい。体にも同じことが言えます。外側から体を温めても、冷たい水1杯のためにその周りの臓器の温度もあっという間に下がるのです。基礎体温だけでなく、深部体温を保つ必要があるのです。

このように、35歳を超えての妊娠にはかなりの努力が必要です。しかし苦労した分、赤ちゃんが授かった時の喜びは大きいのだと思います。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る