TOP > > 感染症の予防の基本!意外と知らない、本当に正しい手洗いの方法

感染症の予防の基本!意外と知らない、本当に正しい手洗いの方法

毎日の生活の中で、手を洗う機会は何度もありますよね。外から帰った時や、食事の前など、あなたはどんな洗い方で手を洗っていますか?「あまり意識せずになんとなく…」という人、多いのではないでしょうか。子供の頃からしていることだけに、面倒くささも加わって「これでいいや」と簡単に済ませてしまうことが多いようです。

手洗いは、感染症予防の基本

でも、風邪やインフルエンザをはじめ、さまざまな感染症を予防するためには、手洗いをしっかり行うのはとても大切。今回は、正しい手洗いの方法についてお話しします。本当に正しい手洗いの方法を身につけて、感染症を予防しましょう。

石鹸やハンドソープで洗う

まず、石鹸などを使って行う手洗いの方法から。手のひらにハンドソープをとったら、すぐに洗い流してしまう人や、2~3回シャカシャカこすって終わり、という人がいますが、これでは残念ながら効果はほとんど期待できません。

手のひらや指のシワまで洗ってる?

菌は、手のシワや指の間にもたくさん付着しています。これをしっかりと洗い流すためには、石鹸などの泡を充分に行き渡らせる必要があります。さらに、関節のシワのところや爪の間も、注意して洗いたいところ。毎日しっかり洗っているつもりでも、もう一度確認してみましょう。

基本の手順はコレ!

①水で手を濡らす
流水で両手を濡らして軽くこすり合わせます。水だけでも落ちる汚れはここで落としておきましょう。

②石鹸などを手のひらで泡立てる
石鹸やハンドソープなどを手のひらに出してよく泡立て、手全体に行き渡るようにします。

③手のひらをこすり合わせる
両方の手のひらをしっかりとこすり合わせます。手のひらのシワの間にも泡が行き渡るようにしましょう。

④手の甲をこする
片方の手のひらで、もう一方の手の甲をこすります。この時、手の甲から指までしっかりと洗いましょう。曲げた指を手のひらで包むようにして、関節のところもしっかりと洗いましょう。

⑤指と指との間をしっかりと洗う
両手を重ねるようにして、指の間をしっかりと洗います。手のひら側と手の甲側との両方から洗いましょう。

⑥指先や爪の間も
指先は特に念入りに洗う必要があります。爪の間も、ブラシなどを使って洗いましょう。

⑦親指を洗う
片方の手で、もう一方の手の親指を握るようにして洗います。親指の付け根の部分は洗い残しやすいので気をつけて。

⑧手首もしっかりと
手首を握るようにして洗います。手首のシワの間もしっかり

⑨すすぐ
石鹸などが残らないように、流水で充分にすすぎます。できれば、石鹸などで洗っていた時間と同じだけ時間をかけてすすぎましょう。

⑩清潔なタオルなどで拭く
せっかく手を洗っても、汚れたり湿ったりしたタオルで拭くのでは台無し。清潔な、乾いたタオルで拭きましょう。ペーパータオルなどで拭くのも良いでしょう。

ハンドソープを使う場合、泡で出てくるタイプと液体のタイプで迷ってしまうこともあるでしょう。液体のタイプは、自分で泡立てるために、それだけ長く手に付けているので、効果が得られやすいと言えます。ただ、充分に泡立てずに使ってしまうことにもなるので注意が必要。

泡で出てくるタイプは、子供にも簡単に使えることが魅力ですよね。でも、少しの泡で洗ったつもりになりやすいので要注意。使う人や、場所などに合わせて、適したものを選びましょう。

アルコール消毒剤での手洗い

アルコール消毒剤は、手軽に手の消毒ができて便利ですよね。病院や飲食店などでも出入り口に置いてあるのが一般的になってきました。でも、このアルコール消毒剤を使った「手洗い」も、正しい方法でできていない場合が多いようです。

必ず乾いた手で使って!

アルコール消毒剤を使う時に注意したいのが、「必ず乾いた手に使用する」ということ。濡れた手に使ってしまうと、その分アルコール濃度が下がってしまい、効果が激減してしまいます。また、少しの量を使っただけでも「消毒した気分」になってしまいやすいので注意したいところ。メーカーによって使い方が決まっているので、必ず正しい量を確認して使いましょう。

基本の手順はコレ!

①目に見える汚れは洗い落としておく
まず先に、目で見て分かるような汚れは洗い流しておきましょう。もちろん、しっかり乾かしてから消毒剤を使います。

②正しい量を手にとる
適度な量は、乾燥に15秒以上かかるくらいの量。実際にどのくらいなのかは、メーカーによっても違うので、説明などをよく見て、メーカーの指示通りの量を使いましょう。

③手のひらをこすり合わせる
両方の手のひらをよくこすり合わせてすり込みます。

④指先を消毒する
片方の手のひらで、もう一方の手の指先を擦ります。

⑤手の甲にすり込む
片方の手のひらで、もう片方の手の甲をこすります。指の方までしっかりとこすりましょう。

⑥指の間や根元にすり込む
両手を重ねるようにして、指の間にすり込みます。この時、指の付け根にもしっかり消毒剤が行き渡るようにしましょう。

⑦親指は握るようにする
親指は反対の手で握りこむようにしてすり込みます。親指の付け根にもしっかりと刷り込みましょう。

⑧手首にすり込む
石鹸などで洗う時と同じように、手首まで充分に消毒できるようにします。手首のシワの部分は汚れ等が残りやすいので特に注意しましょう。

⑨完全に乾燥させる
消毒剤が完全に乾くまで、しっかりとすり込みましょう。

アルコール消毒剤は、塗り残しがないこと、しっかりとすり込んで乾かすことがとても大切。普段の生活の中で、手洗いをほとんどしないという人は少ないはず。でも、本当に正しい方法で手洗いができている人もあまり多くはないようです。手洗いは感染症予防の基本中の基本。正しい手洗いを習慣づけて、感染症をしっかりと予防していきましょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る