TOP > > ペットと距離が近すぎませんか?ペットから人への感染症の予防法

ペットと距離が近すぎませんか?ペットから人への感染症の予防法

ペットなど身近にいる動物から人へ感染する感染症を「動物由来感染症」と呼び、近年では新型の感染症も多く発見されています。ペット好きな人ほどペットとの距離や触れ方が近くなりすぎ、こうした感染症が増えているのです。ペットなど動物からの感染症と予防法をご紹介します。

動物由来感染症とは?

ペットなど動物から人への感染症を動物由来感染症と言います。例えば、犬の場合はパスツレラ病、エキノコックス症、皮膚糸状菌症など、猫の場合は、猫ひっかき病、回虫症、Q熱、小鳥の場合はオウム病などと、動物によってその感染症の種類も様々です。

それぞれの病気の症状については省きますが、ペットを飼っている人は、こうした感染症があるということを忘れてはいけません。

動物由来感染症の予防法

まず大切なことは、自分が飼っているペットや動物、家畜などが持つ感染症について正しい知識を持つということです。自分のペットが病原菌を持っているとは考えたくはないかもしれませんが、やはり動物と人間とは違う生き物だという認識を持って接することが必要です。

その上で、ペットの周りはいつも清潔に保ち、動物にはブラッシングや爪の手入れなどをこまめに行いましょう。また、糞など排泄物はすみやかに処理することが基本です。糞が乾燥すると、その中にいる病原体が空気中に漂って、吸い込みやすくなってしまいます。

動物に触ったり糞を処理したあとは必ず手洗いをしましょう。動物が持つ病原菌には、動物には発病しないが人に感染すると発病するという病原体もあります。

また、知らないうちに動物の唾液や粘液に触れていたり、動物の毛に寄生虫の卵などが付着していることもありますので、こまめに手洗いをすることはとても重要です。

手洗いの際には、石鹸で手を洗うことが基本ですが、市販のアルコール消毒薬など手指消毒薬を利用すると感染症の予防効果がさらに高まります。

ペットや動物との過剰な触れ合いは控える

ペットとの過剰な触れ合いも控えましょう。口移しでエサを与えたり、スプーンや箸で直に食べ物を与え、その食器をそのまま使うなどの行為も止めましょう。

細菌やウイルスなどが動物の口の中にいることは多く、ペットとの過剰な触れ合いによって感染症がうつるケースが増えているのです。また、動物を布団の中に入れて一緒に寝るような行為も、寝ている間に動物が持つ病原菌が布団や体に付着してしまうので控えましょう。

病気が疑われる時に注意すること

ペットからうつる感染症には、風邪や皮膚病など人がかかりやすい、ありふれた症状に似たものも多いので、医師の診察を受けるときには、ペットを飼っている、ペットに噛まれた、引っかかれたなどと、正確に情報を申告するようにしましょう。

そうすることで、医師がペットからの感染症である可能性も考慮して正確な診断や治療を行うことができます。

特に小さな子供や妊婦、お年寄りが感染すると症状が重症化しやすいので、何らかの感染症の兆候がある場合には、すぐに医療機関などで診察を受けるようにして下さい。妊婦が感染すると早産や流産を起こす危険にもつながります。

動物病院や保健所などの医療機関ではペットの定期健診なども行っていますから、病気の早期発見のためにも定期的にペットの健診を受けるようにしましょう。

大切なペットとの良い関係を保つためにも、ペットに対する過剰な愛情を控え、適切な距離を置いてペットと過ごす意識が必要です。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る