TOP > > 子供の予防接種は多くて大変!任意の予防摂取は受けなくて良い?

子供の予防接種は多くて大変!任意の予防摂取は受けなくて良い?

赤ちゃんには必要な予防接種がたくさんあり、おうちの方は予防接種のスケジュールを組んで、医療機関に行くのがけっこう大変ですよね。自治体から届くお知らせの予防接種以外にも、任意で受けると安心なワクチンがいくつかあるのです。

任意となると受ける必要があるのか、迷う方もいるのではないでしょうか。今回は、乳幼児と任意の予防接種の必要性について考えてみたいと思います。

定期接種と任意接種

予防接種の目的は、ワクチンを接種することで免疫をつけ、発症や重症化を予防することで、「定期接種」と「任意接種」があります。定期接種は国が推奨しているもので、特にリスクの高い感染症が指定されています。

予防接種法によって対象年齢、接種回数が定められており、接種を受ける努力をしなければなりません。子供の定期接種に指定されているのは、次のワクチンです。

ヒブ(インフルエンザ菌b型)…ヒブ感染症を予防する
小児用肺炎球菌…細菌性髄膜炎・肺炎などを予防する
四種混合…破傷風、ジフテリア、百日咳、ポリオを予防する
BCG…結核を予防する
MR…麻疹(はしか)・風疹を予防する
日本脳炎…日本脳炎を予防する
水痘…水痘(みずぼうそう)を予防する
HPV…子宮頸がんを予防する

接種を数回受けなければならないものもあり、全ての接種をこなすのは大変かもしれません。しかし医療機関の時期が近づいてくると自治体からお知らせが届き、ほとんどは無料で受けられるので、スケジュールを組んでクリアしていくことができます。

任意接種は希望者が任意で受けることのできる予防接種です。一部は自治体から公的扶助の出るワクチンもありますが、基本的に費用は自己負担となります。医療機関に問い合わせをして接種を受けてください。乳幼児が受けると安心な任意接種には、以下のようなものがあります。

インフルエンザワクチン、ロタワクチン、B型肝炎ワクチン、おたふくかぜワクチン

次に、これらのワクチンについての説明をしていきます。

インフルエンザワクチン

インフルエンザワクチンは、季節性インフルエンザの発症と重症化を予防するワクチンです。

インフルエンザとは

インフルエンザウイルスの感染によって起こる感染症です。ウイルスの型はA/H3N2、A/H1N1、B型の3種類があり、毎年違う型が流行します。症状は風邪に似ていますが、高熱、頭痛、筋肉痛など、風邪より激しい症状を伴う病気です。特に抵抗力の弱い乳幼児や高齢者は重症化しやすく、脳炎や脳症といった重篤な合併症のおそれもあります。

接種を受けるには

毎年、10~11月頃に小児科(内科)へ問い合わせ、予約を入れてください。生後6か月以上13歳以下の子供は2回接種が必要です。2回目の接種は初回の2~4週間後で、ワクチンの効果は接種の2週間後から効き始めるので、流行時期の6週間前の11月頃には、2回目の接種を済ませておくようにしたいですね。

副反応について

インフルエンザワクチンの接種後には、10~20%に局所の腫れや痛みがみられ、5~10%に発熱、倦怠感などの全身症状が起こります。これらは2~3日でおさまります。まれに急性脳症、ギランバレー症候群、肝機能障害などの重篤な症状を引き起こすこともありますが、ワクチンと関係があるとは言い切れないようです。

卵アレルギーの子供は、まれに強いアレルギー反応を起こすことがある ので、接種前に医師に相談してください。

乳幼児は受けるべき?

乳幼児が発症すると重症化しやすいことから、接種が推奨されます。特に保育園・幼稚園に入園している子供は、流行時に感染しやすいので接種しておくと安心でしょう。

ロタワクチン

ロタワクチンは、ロタウイルスの感染症の感染と重症化を予防するワクチンです。

ロタウイルスの感染症とは

ロタウイルスの感染によって起こる感染症です。ノロウイルスの流行は11~2月、ロタウイルスの流行は2~5月をピークに起こっています。非常に感染力が強く、5歳未満ではノロウイルス感染症よりもロタウイルス感染症のほうが多くなっているのです。

感染すると胃腸炎を起こし、嘔吐、白色がかった下痢便、発熱などを伴います。激しい下痢と嘔吐により脱水に陥りやすく、乳幼児が発症すると重症化することもあります。まれに脳炎・脳症を起こして後遺症を残すこともある、意外と怖い病気なのです。

接種を受けるには

ワクチンは2種類あり、それぞれ接種時期が異なります。

「ロタリックス」
1回目…生後6週~20週の間
2回目…生後10週~24週の間

「ロタテック」
1回目…生後6週~24週の間
2回目…生後10週~28週の間
3回目…生後14週~32週の間

注意したい点は、以下の点です。

  • 接種時期は厳守すること
  • ロタウイルスワクチンの接種期間中は、他のワクチン接種ができないこと

定期接種のスケジュールを邪魔しないように気をつけましょう。医療機関と相談して、定期接種のワクチンと同時接種するのもおすすめです。

副反応について

ロタワクチンの接種後には数%に、発熱、咳、鼻水、下痢、嘔吐が起こります。重篤な副作用は確認されていません。腸重積の子供は接種しないでください。

乳幼児は受けるべき?

1回1万円以上と高価なこともあり、日本ではあまり浸透していません。接種するかどうかは予算と相談することになるでしょう。しかし、ひとたびロタウイルス感染症を引き起こすと大変なことから、保育園のようにロタウイルスの流行が起こりやすい場所に子供を預ける場合は、接種しておいた方が安心です。

B型ワクチン

B型ワクチンはB型肝炎の発症を予防するワクチンです。

B型肝炎とは

B型肝炎ウイルスが原因で起こる感染症。日本で感染する可能性のあるウイルス性肝炎のひとつです。発症すると発熱、倦怠感、黄疸が起こります。劇症肝炎や慢性肝炎を引き起こす可能性もあり、慢性肝炎に進行すると、子供でも肝硬変や肝臓癌を引き起こす可能性が出てきてしまいます。血液を介して感染し、母子感染や注射事故などが原因となります。

接種を受けるには

生後4ヶ月以内に2回、生後6ヶ月~1歳の間に3回目の接種を受けます。

副反応について

B型肝炎ワクチンの接種後、およそ10%に接種した場所の痛み、発熱、倦怠感などがみられますが、ほとんどは数日で解消します。

乳幼児は受けるべき?

日本ではあまりメジャーではありませんが、外国では多くの国で定期接種を行っているほど重要なワクチンです。3歳未満で感染すると、持続してウイルスを保有した状態(キャリア)になる可能性があり、将来の肝炎や肝臓癌のリスクを高めてしまいます。

また母子感染以外でも、いつどこで接触するか分からないウイルスなので、なるべく早くワクチンを接種しておいたほうが安心です。

おたふくかぜワクチン

おたふくかぜワクチンは、おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)の発症と重症化を予防するワクチンです。

おたふくかぜとは

ムンプスウイルスの感染によって起こる感染症です。唾液から感染し、集団生活の場で流行しやすい病気です。発症すると耳下腺が腫れて痛みます。頬が腫れて「おたふく」のような顔になるので、この名前で呼ばれています。まれに難聴、脳炎、睾丸炎などの合併症を引き起こす場合があります。

接種を受けるには

1歳になったら1回目、5~6歳で2回目を摂取するのが理想的です。

副反応について

副反応は軽く、まれに発熱や耳下腺の腫れが起こる場合があります。また重篤な副作用は非常にまれです。

乳幼児は受けるべき?

5歳までにかかることが多く、一度かかると免疫がつくため、接種の必要がなくなる子供が多いかもしれません。ただし、小学校に入学するまでにおたふくかぜを済ませていない子供は、年齢が上がるごとに重症化が起こりやすくなるので、小学校に入学するまでに接種を完了させておくのが安心です。

副反応が軽く、合併症が起こった時のリスクを考えると、受けておいて損はないワクチンといえるでしょう。

受けなくても大丈夫?

ただし、予防接種を受けなかったら必ずしも発症して重症化するとは限りません。任意接種になっているのは、定期接種より感染のリスクが小さいと考えられているためです。しかし、外国では定期接種になっているワクチンも多く、乳幼児を保育所や幼稚園といったウイルスが蔓延しがちな所に預けるなら、予防接種を受けておいた方が安心です。

仕事で忙しい保護者の看病や通院といった負担をなくすメリットもあります。定期接種のようにお知らせが来ないので、忘れてしまいがちな任意接種ですが、予算とリスクのバランスを考慮しながら、摂取のプランを立ててみてはいかがでしょうか。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る