TOP > > 貴方の周りには菌が一杯!インフルエンザ予防には触るものに注意せよ

貴方の周りには菌が一杯!インフルエンザ予防には触るものに注意せよ

寒いこの季節がやって来ると流行するものがあります。「ウインタースポーツ」「ダウンジャケット」「鍋パーティー」いいえ違います。答えは感染症なのです。感染症と言っても良く分からないかも知れませんが、「インフルエンザ」ではどうでしょう。

インフルエンザを初めとする感染症は、気候が寒くなり空気が乾燥した季節に流行が始まります。インフルエンザの流行の開始が何処の誰なのかはなかなか難しい問題ですが、感染経路は判明している場合が多いようです。

多くの感染は人から人であることが解明されており、咳による飛沫感染が多く報告されています。しかし、飛沫感染よりも危ない感染経路が存在していたら、どうなるでしょう。貴方のインフルエンザ予防法は間違っていませんか?

インフルエンザの感染経路は飛沫より接触に注意したほうが良い理由とは

インフルエンザウイルスは感染力の高いウイルスですが、それを取り込まなければ感染することはありません。(当たり前ですが、)取り込むとは空気中に漂っているウイルスを吸い込むこともそうですが、自分自身の手で体内に取り込むこともあるのです。

以前、テレビのアンケートで全国の医師にインフルエンザ予防の最も効果的な方法を聞いた番組がありました。大方の予想では「うがい」が1位と思われていましたが、結果は「手洗い」が1位だったのです。

このことは飛沫感染よりも、手に付着したウイルスによる感染が危険であることが示されています。知らない間に自分の手に付着したインフルエンザウイルスを、自ら口に入れることで感染しているのです。

このことはうがいと同様かそれ以上に手洗いが重要なことを示しており、手洗いによりインフルエンザ感染のリスクが軽減することにもなるのです。

インフルエンザに感染しないために触る時に注意が必要な物は何でしょう?

ウイルスに感染している人の体には、ウイルスが多く付着しています。特に鼻や口からの飛沫による唾液、鼻水の付着は体中にあると考えても良いのです。その状態で感染者が触った物にはもれなく菌も付着してしまい、感染拡大の原因にもなってしまいます。

インフルエンザが流行している時に注意して触る必要があるものを紹介します。ウイルスが付着している可能性もありますので、十分に注意して触って下さい。

・電車のつり革は大勢の人が毎日触れています。インフルエンザウイルス感染者が触れた場合は、感染の可能性がありますので注意して触りましょう。手袋やハンカチなどで防御することも有効です。

・他人のスマートフォンは超危険でしょう。スマートフォンは見えにくいですが、唾液で汚染されているのです。他人のスマートフォンを触る時は注意して下さい。

・同じように自分のスマートフォンを他人に貸す行為も止めましょう。ウイルスが付着して帰ってくる場合があります。

・会社などのドアノブは特に危険です。不特定多数が触るドアノブには様々なウイルスや菌が付着しています。ドアノブをさわったら手洗いか除菌をした方が良いかも知れません。

・トイレの便座や水洗ノブも注意して下さい。(トイレの後は手を良く洗うことも重要ですよ。)

疑わしい物は沢山ありますが、大切なことは他人が触れた恐れがあるものに、接触した場合は必ず手洗いをすることです。携帯用の除菌剤を持ち歩くことも良いアイデアだと思います。今年の冬は触る物に注意してインフルエンザの感染を予防してみましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る