TOP > > かゆみのあるときはプールに入ってはだめ?皮膚の学校感染症について

かゆみのあるときはプールに入ってはだめ?皮膚の学校感染症について

学校感染症とは

学校感染症とは、子どもが学校で活動するにあたって予防しなければならない、とされている感染症のことを言います。特に第一種から第三種までにあたる感染症は出席停止の措置をとり、感染した子どもの割合によっては学級を閉鎖したり、学年を閉鎖したり等の対応が必要になります。

かゆみの出る学校感染症の種類

水痘(水ぼうそう)

第二種学校感染症に分類されます。出席停止の期間は“身体に現れている発疹のすべてが痂皮化する(かさぶたになる)まで”となります。かゆみの強い発疹があり、強い感染力を持っていますが、菌を保有している期間は学校を休まなければいけないので、プールの心配もなくなりますね。

現在ではワクチンの接種をしている子どもも多く、発症しても軽く済む傾向があります。その為、発熱も起こらず、いくつかの発疹が現れてもすぐに治まり、水ぼうそうにかかったことに気づかないまま治癒してしまう場合も。

知らずにプールに入っている可能性もあるわけですが、人にうつしている可能性はあっても本人には特に影響はありません。

伝染性軟属腫(水いぼ)

中心が白っぽく見える、いぼの一種です。皮膚が破れた際、中心の白い部分にあるウイルスが外へ出て、それが付着すると感染すると言われています。

掻き壊して傷がしみる、などの症状が無ければプールに入っても心配はありません。浮き輪、ビート板やタオルなど、使用したものにウイルスが付着している場合があるので、共有はさけましょう。

伝染性膿痂疹(とびひ)

傷にばい菌が入り、水泡ができる症状です。水泡が破れてかさぶたになり、治癒にむかいますが、ひどくなると広い範囲で化膿する場合も。

水泡の中にはばい菌が多く含まれていて、触れたところからあちこちに症状が出る為“とびひ”と言われています。化膿しやすいので、皮膚が乾燥している状態が好ましいです。プールは控えましょう。

頭ジラミ

頭髪に頭ジラミが寄生します。プールに入っても問題ありませんが、タオルや水泳帽子など、使ったものの共有はさけましょう。

自分の子どもが幼稚園の時に頭ジラミが流行し、感染した経験があります。プール開きの前でした。子どもたちは体をくっつけ、じゃれ合って遊ぶので、プールでなくても普段の生活だけで簡単に感染します。

症状は、頭を激しく痒がります。お風呂に入ったのに不思議に思い、頭を見ると虫が!枕や布団にも虫が落ちていてショックでした。市販のシラミ駆除シャンプーを朝と晩、1日2回を3、4日使用したところで、シラミを卵まですべて駆除することができました。

幸い、家族は誰も感染しませんでした。うつらない様に工夫したことは、兄弟同士くっつかない様に注意することと、家族全員の寝具を毎日変えることです。

プールを休むことについては賛否両論

どの感染症にも言えることですが、プールの水自体で感染することはありません。それどころかプールに入ることは、皮膚にとってメリットが多いと言われています。

プールに入る機会は夏季に多いですね。皮膚疾患を持つ人は汗に悩まされます。汗によってかゆみが増したり、雑菌が増えて化膿してしまったりと、治るまでの障害となるのです。

プールに入ると汗も流され、皮膚が冷やされることによりかゆみも抑えられます。入る前に、しっかりシャワーの水で体を洗い流しましょう。プールの水で消毒される為、さっぱりと清潔な皮膚になります。出た後も、塩素が皮膚に残らないようシャワーで流すことが大切です。

ただ、プール学習は皮膚が直接触れ合う可能性があったり、使用したタオルが接触したりと、感染の確率は上がる状況といえますね。健常である子どもからすれば、感染力のある期間中、罹患している子どもはプールを控えてもらいたいところです。

一方で、プールに入りたい気持ちの強い子どもや、休むことで疎外感を感じる子どももいる為、それ程、神経質になる必要はないのでは、という考えもありますね。

学校の先生や指導にあたる大人の方に、正しく症状を伝えて理解を得ることが大切です。そして、休む、休まない、の判断については、公共の場ということを踏まえ、指示に従いましょう。

その他、感染症ではありませんが、アトピー性皮膚炎、じんましん、乾燥肌も皮膚にかゆみを起こします。プールの塩素が肌に刺激を与え、付着したままの状態でいると科学的な炎症を起こし症状を悪化させる恐れがあります。プールに入る場合は最後によくシャワーを浴びて洗い流すことが大切です。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る