TOP > > はしかに似た症状が出るデング熱!蚊が媒介する感染症を予防するには

はしかに似た症状が出るデング熱!蚊が媒介する感染症を予防するには

家族と蚊を否定するマーク

デング熱と言う病気はいわゆる熱帯病の1つですが、どうやら日本でも国内感染の危険性がゼロではなくなったのではないかと危惧されています。

終戦直後には南方戦線からの復員兵たちによって持ち込まれてしまったウイルスによって、一度は数十万人規模での感染が起こったこともありましたが、その後70年ほどは国内での流行はありませんでした。

国内での衛生状態の管理と、海外での行動に気を付けていればそれほど危険性は高くありません。

しかし、日本国内でももちろん注意が必要です。それはなぜなのか、デング熱とはどんな病気なのかを知っておきましょう。

予防には媒介する蚊の対策が有効ですから、具体的にどんな風に対策を取ればいいのかポイントもご紹介します。

デング熱は日本脳炎や黄熱病の仲間のウイルスで起こる感染症

デング熱はデングウイルス感染症です。残念ながらまだワクチンも抗ウイルス剤も完成していません。ですので、かからないように注意することと、かかった場合は病院で適切な対症療法を受けながら、自然治癒を待つことになります。

とは言えデング熱は、より重症のデング出血熱に発展しない限り、それほど重い病気ではありません。自宅療養でも充分治癒可能な場合が多いです。

デングウイルスは黄熱病や日本脳炎の仲間だがワクチンがない

デングウイルスは危険な病気を引き起こす黄熱ウイルスや日本脳炎ウイルスの仲間です。このグループのウイルスは蚊によって媒介されることが多いのも特徴の一つです。

特にデングウイルスと黄熱ウイルスは同じ蚊によって媒介されます。日本では野口英世博士の研究で有名な黄熱ウイルスは死亡率の高い極めて危険なウイルスですが、現在ではワクチンができています。

コガタアカイエカによって媒介される日本脳炎も、同じように死亡率と後遺症の発生率が非常に高い危険な病気です。しかし、幸いなことにこちらにもワクチンが存在していますから予防接種による予防は可能です。

ただし、どちらも感染し発症してしまったら治療薬はありません。症状と後遺症を抑えられるよう対症療法を行いながら治癒を待つしかないのです。

そして、同じように対症療法しか治療法がないデングウイルスは、予防ワクチンの開発もまだ完成していません。

デング熱は症状が出ないことも多い病気

デングウイルスは感染しても、症状が出ない「不顕性感染」の人の方が多い病原体です。不顕性感染の割合は50%~80%程度と言われています。

また、デング熱と呼ばれる症状が出てもそれほど重くなることは少ない病気です。

デング熱を発症してしまった場合のごく一部の患者さんは、デング出血熱と言う重い症状の病気に移行する場合があります。これは危険な病気ですので、早急な確定診断と治療が必要になります。
デング熱自体が比較的症状が軽いことと、病気の広がっている地域が経済的に裕福ではない地域であるため、他の同種の病気に比べると研究が立ち遅れている可能性もあるんですよ。

デング熱は後から麻疹に似た発疹が出ることが多い!注意したい症状は?

デング熱は蚊によって媒介されますが、潜伏期間があるため、蚊に刺されてから3日~7日後くらいに発症することが多いです。最短で2日、最長で14日ぐらいです。

従って、流行地域に旅行した後で似たような症状が現れた場合でも、帰国から2週間以上経過していた場合はデング熱ではない可能性が高くなります。

いずれにせよ、旅行の記録を持って受診されることをお勧めします。

デング熱は目の奥の痛みで発症する

デング熱は

  • 頭痛
  • 高熱
  • 顔が真っ赤になる
  • 目の結膜が充血する
  • 吐き気や嘔吐

といった症状で始まります。この頭痛ですが、目の奥が痛むといった感じの「眼窩痛」であることが多いようです。

また、発熱は突然起こり、2日から1週間程度続きます。この発熱は一旦引いた後再び高くなるという経過をたどることが多いです。

さらに初期症状の後、全身が非常にだるくなる倦怠感や筋肉痛・関節痛・骨の痛みなどが続いて現れます。

英語でこの病気のことを “breakbone fever” (骨を砕く熱)と呼ぶことがあるのは、この症状によるものです。

そして、発症から3~4日後くらいには、はしかに似た発疹が胸や体幹を中心に始まり、顔や手足など全身に広がります。

見た目には派手だが後遺症なく治り、予後は良好である

高熱・痛み・全身の発疹など、見た目にはかなり派手な症状を呈するこの病気ですが、だいたい1週間ぐらいの経過でこうした症状は消えます。そして、特に後遺症を残すこともなく治ることがほとんどの病気です。

気を付けておいた方がいいのは、デング熱発症後、数日たってから熱が下がり始めたときに襲ってくるデング出血熱です。

この病気はデング熱とはまったく異なる症状の進み方をするので、しっかり治療に取り組まなくてはいけません。

注意!デング出血熱は子供に多い

デング熱による発熱が治まりかけた時に、突然出血傾向として重い症状が発生することがあります。そのため、この病気はデング熱とは異なるデング出血熱として扱われます。

この病気はそれほど多くおこるわけではありませんが、デングウイルスに感染した場合、成人より子供に起こることが多いようです。

デング出血熱は適切な治療を行わないと致死率が15%にも上る危険な病気ですが、日本のように医療技術の進んだ国で適切な治療を受ければ、命にかかわる可能性は1%以下になりますので、まずは正しく受診することです。

デング出血熱は4段階に分かれます。

段階 症状
Grade 1 発熱と非特異的症状、
出血傾向としてTourniquet テスト*陽性。
Grade 2 Grade 1 に加えて自発的出血が存在する。
Grade 3 頻脈、脈拍微弱、脈圧低下(20mmHg 以下)で
代表される循環障害
Grade 4 ショック状態、血圧や脈圧測定不能。

2009年のWHOガイドラインでは、
重篤な血漿漏出、重篤な出血、
重症臓器障害をあわせて
重症デングとすることが提唱されている。

* Tourniquet テスト: 日本では臨床医がデング熱患者を診察した時にあまり実施されていないが、患者の腕を駆血帯で圧迫することにより、点状出血が増加する現象を見ることである。

2.5平方センチ あたり10 以上の溢血点(点状出血)を観察した場合陽性とする。陽性の場合、デング熱の診断上重要な指標となりうる。

(駆血帯:採血などの際に上腕に巻いて締め付ける、ゴムなどで作られたバンド。)

ですので、発熱や目の奥の痛みを訴えていた人が、熱が下がりかけた時に急なむくみや鼻血などが起こった場合には、大急ぎで受診してください。

また、デング出血熱に移行した時の初期症状としては、興奮状態や不安、発汗などがあります。手足が冷たくなるという現象も見られます。

病院で検査しないと判らないかもしれませんが、腹水や胸水は必ずと言って良いほど溜まります。また肝臓が腫れることもあります。免疫にかかわる補体と言うたんぱく質は活性化されますし、血液を固める血小板の数は減ります。

このため、血液検査で調べると血液の凝固時間が長くなっているのがわかりますし、最悪の場合ショック症状も現れます。

デング出血熱になると症状も重いですし、少し危険性も出てきます。しかし、日本国内であれば受診して適切な治療を受ければ、それほど怖がる必要はありません。

デング熱は流行地域で蚊に刺されることで感染!私たちはどうすれば良いか

デング熱はネッタイシマカと言う蚊によって媒介されます。ですので、まずは蚊に刺されないことが重要です。流行地域に渡航される場合は虫よけスプレーや蚊取り線香、網戸や蚊帳などを活用して蚊を避けて下さい。

また、肌の露出を最小限にすることも重要です。流行地域は次の通りです。

デング熱とデング出血熱の発生地域地図

(見やすいように文字を移動、拡大してあります)

地図では判りませんが、ハワイでも発生していますので注意が必要です。2016年1月の流行は3月中旬にはほぼ収まっています。

デング熱は人から人へは感染しない!蚊対策のポイント

デングウイルスは蚊を媒介しない限り、人から人へ直接感染することはありません。ですので、予防にはまず蚊に刺されないということが絶対条件になります。

この病気は蚊の体内で増殖するため、蚊の媒介が必須なのですが、日本にはいないネッタイシマカが媒介の中心です。このネッタイシマカは、かつて日本の一部にもいたのですが、現在は絶滅しています。

しかし、地球温暖化によって、再び日本の土着化する危険性が危惧されているものでもあります。一方、日本でヤブ蚊として知られるヒトスジシマカも、ネッタイシマカほど効率よく体内での増殖は起こらないまでも、充分媒介する能力を持っています。

ですので、ヒトスジシマカが生息することのできる東北地方中部以南の地方では、蚊の駆除について充分注意を払ってください。殺虫剤の利用はもちろん、まずは発生させないために家の周りの水たまりを完全になくしましょう。

他には、具体的には以下の様なことを意識してください。

1.デングウイルス感染が見られるエリアや感染者がいるエリアでは、外出時に虫除けスプレーやクリームを使用する。

2.草むらや林などヤブ蚊がいそうな場所に近づかない。

3.蚊が潜んでいる場所には長袖、長ズボンを着用して肌の露出を少なくする。(特に子供は半ズボンなどの着用を控える。)

4.自宅の窓を開けたままにしないで、クーラーを使用して蚊の侵入を防ぐ。また網戸が破れていないかチェックする。

5.重要なのは蚊を発生させないこと。自宅周辺の溜まり水をなくすようにしましょう。

温暖化のせいで日本でも蚊が活躍する期間が長くなった

夏の暑さばかりではなく、全体的に平均気温が上がっているせいか、最近では蚊のいる期間が長くなったように感じられます。

日本は充分に清潔な国ですから、虫除けより、もう一歩踏み込んで蚊のいない環境を作る努力を私たちが行うべきでしょう。もちろん耕作地や山、森の近くではそうも言ってられませんが、少なくとも住宅地ではボウフラがわくような状態はなくしましょう。

水たまりを作らず、水がたまりやすい場所は3日に1回水を流して掃除するだけで蚊の繁殖は防げます。また、どうしても水がたまりやすい場所には殺虫剤をまいておくのも一つの方法ですね。

そうすることで蚊が媒介する伝染病が日本で流行することを防げるのです。

空の植木鉢やペットボトルなどを放置していると、雨水が溜まりボウフラ(蚊の幼虫)が発生するため、適切に処分することが大切です。

虫よけスプレーにはディート配合のものが良い

虫よけスプレーについては、ディート(DEET)と言う成分が配合されたものがいいのですが、ちょっと問題もあります。普通に使っている分には特段の問題はありません。副作用も特に濃い濃度のものを長期連用しない限り大丈夫です。

ただ、日本で売られているものは医薬品扱いのものでも12%の濃度しか認められていません。そのため、持続時間が短いと言う難点があります。

同時に、副作用を防止する意味で、生後半年以内の赤ちゃんには使えませんし、2歳までは1日1回、12歳までは1日3回までとなっています。ですので、流行地域にお子さん連れで渡航された場合には、屋外での活動をできるだけ減らす必要が出てきます。

こうしたことについては、かかりつけのお医者さんがおられるのでしたら、あらかじめ相談しておくことをお勧めします。渡航期間などによって現実的な利用法を教えてもらえるかもしれません。

一方、大人の場合は、現地に行くとさらに濃い濃度の製品を売っている場合があります。自己責任になりますが、効き目の長いそうしたものを利用するという方法もありますね。

デング熱だけなら、それほど危険ではありませんが、ネッタイシマカは黄熱ウイルスも媒介します。また、蚊だけではなく、様々な虫が病気を媒介しますから、特に熱帯方面では虫よけスプレーは命を守る道具になり得ます。

ネッタイシマカやヒトスジシマカはジカ熱も媒介します。2016年8月にはアメリカのマイアミビーチでもジカ熱が確認されています。暖かい海外では虫よけスプレーは必須アイテムですね。

デング熱は国内で感染する可能性がある病気

デング熱について、日本は流行地域でもありませんし、そもそも日本は熱帯地域でもありません。しかし、輸入感染症と言う形で海外に出たことのない人が感染してしまうことがありうる病気なのです。

これは先にお話しした通り、デング熱を媒介することができるヒトスジシマカが日本に棲んでいるからなんですね。

東京でも100人を超える感染者が出たことがある

2014年8月から10月の間に、東京を中心にデング熱の流行がありました。原因は確定していません。感染した人の血を吸ったヤブ蚊がまき散らしたのかもしれません。

代々木公園付近では120人以上の発病者が出ています。新宿中央公園でも2桁の発病者です。全部で160人だったということですので、不顕性感染の人を入れると、320人から800人ぐらいが感染していた可能性もありますね。

とは言え、先の大戦の戦後には、神戸や長崎のような暖かい地方の港町で、数十万人規模の感染事例も起こっています。なぜ感染爆発が収まったのかは、はっきりした理由は判っていません。

もしかすると、熱帯地域と違って日本には蚊がいなくなる冬と言う季節があるからかもしれないと考えられています。

しかし一時的にせよ、そうした輸入感染症の形での感染は現在でも起こりうる病気ですので、日本国内であっても蚊に刺されないようにしておくことは大変重要です。

海外の場合家の中でも蚊には注意

デング熱の発生についての統計では、高層住宅に住んでいる人の方が、一戸建てに住んでいる人よりデング熱の感染率が低いというデータがあります。

ですので、海外に住んだり、長期滞在する場合には、高層階に泊まったり住んだりする方がデング熱などの蚊によって媒介される病気を予防できる可能性があります。

蚊はあまり高く飛べませんので、高層階に入ってくる蚊は、エレベーターに便乗したか、風に吹き上げられてしまったかくらいしかいないのです。

防災の面では、海外であまり高層階と言うのも不安がありますが、蚊に刺されるリスクは日常的なものだけに、検討しても良いかもしれませんね。

デング熱の検査は血液検査で治療は対症療法

デング熱の様々な特徴は血液検査によって調べることができます。場合によっては他の検査が併用されることもありますが、血液からウイルスを検出できれば確定診断が付けられます。

治療は脱水症状を予防することが中心の対症療法になります。ですので、もっとも症状が軽い場合は水分補給をしながら自宅でおとなしく寝ておくということになります。

デング熱の血液検査はたくさんの手段がある

患者さんの側から見れば、血を採って検査してもらうだけですが、医療機関の側では様々な内容をチェックしてくれています。もちろんデングウイルスそのものを検出できれば一番確実ですね。

しかし、必ずウイルスが見つかるとは限りません。そうした場合、血液中にウイルスの遺伝子がないかを、遺伝子を増殖させて特殊な装置で目で見るという方法で探すこともあります。

また、いくつかの方法によって数種類の抗体を検出して確定するという手法が採られる場合もあります。白血球数の減少も検査項目の1つですね。

また、治療に際しては血小板の減少のほか、肝臓の状態や出血傾向、むくみなども確認して、重症化していないかを見ながら進められるでしょう。

デング熱の治療は自宅療養や点滴程度が多い

デング熱にかかった場合、熱と痛みが出ることが多いので、お薬として解熱鎮痛剤が処方されるでしょう。バファリンやアスピリンなどのサリチル酸系製剤は、出血傾向を強めアシドーシス(血液の平衡が酸性側に傾く病気) の危険があるので使われません。

アセトアミノフェン(先発医薬品なし・ジェネリック多数・代表的商品名:カロナールなど)が処方されることが多いようです。

ですので、海外から帰って「風邪を引いたかな」と思った時は、症状が軽くて市販薬を飲む場合にも、解熱鎮痛剤としてアセトアミノフェンを使ってあるお薬にしましょう。

症状が重い場合など管理が難しい場合は、入院して様子を見ることになります。点滴によって脱水症状を起こさないような治療が中心になります。その他、重症化の兆しが見える場合にはそれに対応されます。

最も症状が重い場合には酸素投与やアシドーシスに対して炭酸水素ナトリウムの投与もあり得ます。

このように、特に難しい検査や特殊な治療と言うものはありません。ですので、誤ったお薬を使ったりしないよう、海外から帰国後、異常があったら受診することがポイントになるでしょう。
キャラクター紹介
ページ上部に戻る