TOP > > インフルエンザ予防にビタミンが再評価!不足解消が効果的な理由

インフルエンザ予防にビタミンが再評価!不足解消が効果的な理由

毎年、年末が近づいて来るとテレビや新聞で「インフルエンザ流行の開始」などのニュースを見かけます。街を見渡してみるとゴホゴホと咳き込んでいたり、マスクを着用したりしている人も多くなります。

インフルエンザを風邪の一種と思っている人も多いと思いますが、専門家の中では全く別の病気として捉えられていることが多いのです。私の記憶では、過去にインフルエンザが流行らない年は無いようにも思えますが、効果的で確実、そして安全な予防法ってないのでしょうか?

インフルエンザと風邪の違いを知ろう

先ほども書きましたが、風邪とインフルエンザを混同している人は多いようです。確かに一見して「ゴホゴホ」の咳も、「ズズー」の鼻水も同じ症状のように思えます。しかし、実はこれ以外では症状に違いがあるのです。

両者共に原因はウイルスだった

実はインフルエンザも風邪も、原因は「ウイルスによる感染」と言えます。風邪については稀にウイルスではなく細菌が原因の場合もありますが、90%程度はウイルスによる感染と考えて良いでしょう。

インフルエンザは「インフルエンザウイルス」による感染、風邪は「ライノウイルス」や「コロナウイルス」、「RSウイルス」などによる感染が原因となります。ここで面白いのが、インフルエンザはインフルエンザウイルス単体の感染症であることに対して、風邪は様々なウイルスや細菌による感染症の総称となっていることですね。

つまり、インフルエンザではインフルエンザウイルスが原因ですが、風邪は感染者によって原因が異なることがあるのです。簡単に「風邪を引いちゃった」と言っても、調べてみないと原因は分からないのです。

それではなぜ、このようにインフルエンザと風邪が区別されているかと言いますと、風邪に対してインフルエンザの症状が重いことが、理由の一つかも知れません。

インフルエンザと風邪の症状を比較

インフルエンザと風邪の症状は、似ているようで違いがあります。これは発症した人の体力差や免疫力の差によって違いも出ますが、インフルエンザの方が症状の重いことが多いのです。風邪は主に呼吸器を中心とした感染症で、その症状は喉や鼻などの呼吸器が主体となります。また稀に胃腸など消化器の炎症が起こることもあります。一般的な風邪の症状を紹介します。

  • 鼻水、鼻づまり
  • 喉粘膜の炎症
  • 軽い発熱
  • 軽い身体のだるさ
  • 体力のない子供や高齢者では胃腸炎を併発しやすい(腹痛、下痢など)
  • 安静にすることで2~3日で快方へ向かう
  • 治療薬はなく対症療法で治療を行う

このような風邪の症状と比較して、インフルエンザは症状が重いようです。

  • 急激な高熱(38度以上)
  • 動けないほどの全身倦怠感
  • 食欲低下
  • 頭痛
  • 関節の痛み
  • 吐き気
  • 鼻水、鼻づまり
  • 喉粘膜の炎症
  • 腹痛、下痢などの消化器症状
  • 悪化すると脳炎や肺炎による重症化の可能性がある
  • 最低でも一週間は静養が必要
  • インフルエンザ治療薬があり、それにより治療可能

このように比較してみると、一般的な風邪が気管支や呼吸器に限定されていることに対して、インフルエンザは全身の倦怠感や関節痛など、症状が限定されないのが特徴となっています。

本当に効果のあるインフルエンザの予防法を考える

インフルエンザの予防は冬の一大テーマであり、ビッグビジネスの予感がするものですが、本当に効果のある予防法はあるのでしょうか?代表的な予防法をピックアップしてみましょう。

マスクの着用

日本における冬の風物詩とも言える「国民皆マスク状態」ですが、本当にマスクの着用は意味があるのでしょうか?インフルエンザウイルスが感染する理由は、感染者が唾や鼻水を飛散させることが原因です。

咳やくしゃみが実際の飛散行為なのですが、夏場と違い冬場は空気が乾燥していることもあって、空気中にウイルスが漂っている時間も長いのです。それを吸い込むことでインフルエンザウイルスが感染してしまうのですが、マスクでそれを防ぐには、高機能なマスクが必要かも知れません。

インフルエンザウイルスの大きさは0.1μm程度なので、通常のマスクでは簡単に通過してしまいます。咳やくしゃみを直接浴びた場合は、ウイルスが水分を付着させているので、もう少し大きいのですが、それでも0.5μm程度です。

最低でもこの0.5μmの規格にあったマスクを着用する必要があり、完璧な予防をするには、N95やN99規格の高機能マスクの着用が必要なのです。また、自分の顔にフィットしていないマスクは、隙間から外気が簡単に入り込みますので、くしゃみを直接浴びない状況では効果が薄いかも知れませんね。電車など密室環境では「高機能&フィット感」が重要です。

うがいと手洗いの徹底

インフルエンザウイルスを体内に入り込ませないようにするには、喉にウイルスが付着しないようにすることが重要です。昔から感染症の予防ではうがいが推奨されており、学校などでも定期的なうがいを指導されてきました。

最近ではうがい薬も進歩しており、様々な商品をドラッグストアで見かけるようになっています。しかし、専門家の中ではうがいよりも手洗いの方が、感染症予防にとって効果が高いという意見もあり、結局は両方を徹底することが必要みたいです。

最近見直されてきた栄養面での予防

インフルエンザ予防法はこれら以外にも沢山ありますが、栄養面での予防が見直されています。本来、病気は何らかの理由により体力が低下し、栄養バランスが崩れた時に起こることが多く、免疫力が弱まることがその原因と思われています。

同じ環境にいても「病気になる人」と「ならない人」がいるのは、この免疫力の強さの違いという訳なのです。特に現在のストレス社会では、肉体的な疲労以外にも、精神的なストレス疲労などが重なり、食欲不振から免疫力低下に繋がる人もいるのです。そこで最近注目されているのが「ビタミン」なのですね。

ビタミンがインフルエンザ予防に再評価されていた

誰もが知っているビタミンですが、ビタミンとは何か知っていますか?人間が生きていく上で必要な栄養は「タンパク質」「炭水化物」「脂質」で、これを三大栄養素と呼んでいます。しかし、実際には三大栄養素だけでは健康な身体を維持することができず、足りない成分があることが分かっています。

それが「ビタミン」と「ミネラル」なのです。実際には三大栄養素以外で人間に必須の物質を総称したのが、ビタミンやミネラルであり、様々な種類があるのもこのためと考えられます。その意味では、これから発見される新たな栄養は全てビタミンやミネラルに分類されるかも知れませんね。

ビタミン不足が様々な病気の原因だった

ビタミンが発見されていなかった昔は、三大栄養素のみを食べていれば健康維持は可能と考えられていました。しかし、保存食のみで長い航海を乗り切る船乗りなどに「壊血病」が多発したことから、その原因がビタミン(この場合ビタミンC)であることが解明されたのです。

また、戦争の兵隊や登山家、極地探検隊などは「脚気」に悩まされており、その原因もビタミン(この場合はビタミンB)だったのです。これらの経験からビタミンの重要性が認識され、三大栄養素から五大栄養素の時代へと移り変わったのです。

ビタミンDが最近注目されている理由

ビタミンと言えば、酸っぱいイメージのあるビタミンCや、疲れによく効くビタミンB群が有名ですよね。特に栄養ドリンクには、この2つのビタミンは重要な働きをしているようです。しかし、現在注目されているのは、CでもBでもありません。

ビタミンDなのです。あまり聞き慣れないビタミンDですが、実はカルシウムを骨へ吸収させる働きのある重要なビタミンなのです。このビタミンDは腸に作用することで、摂取したカルシウムを尿として排出せずに吸収を促す働きがあるのです。

骨粗しょう症の患者に、カルシウム剤以外にビタミンD剤を処方することが多いのは、この理由からと言えますね。このビタミンDは長い間、カルシウムの補助剤的な扱いでしたが、驚くべき効果が報告されていたのです。それがインフルエンザ予防効果であり、一躍ビタミン界のヒーローへと躍進を遂げたのです。

ビタミンDのインフルエンザ予防効果とは

日本の研究者の報告では、ビタミンDを投与した集団と投与していない集団において、同じ環境下での発症数に倍近い差があることが判明しています。これは子供に対する研究で4ヶ月間にわたり、ビタミンDのサプリメントを服用したグループとしていないグループを比較したそうです。

その結果が上記した数字なのですが、明らかな効果と言っても良いレベルと思われます。なぜビタミンDがインフルエンザ予防に効果があるのかは、現状では解明されていませんが、免疫力を高めて感染症を防ぐのがその理由と想定されているようです。

インフルエンザワクチンの効果には色々と定義がありますが、大まかに考えて約30%と言われています。そうであればインフルエンザワクチンよりもビタミンDの方が効果は高いと言えるのかも知れませんね。

ビタミンDを効率的に摂取するには

ビタミンDを効率的に摂取するにはどうしたら良いのでしょうか?ビタミンDを含む食材としては「魚」「キノコ類」が上げられ、これらを食べることにより摂取することは可能です。

具体的には「さんま」「イワシ」「鮭」「椎茸」などが、ビタミンDを多く含んでいます。しかし、これらを毎日食べるのは難しいかも知れません。そのような人は太陽を浴びるようにしてはいかがでしょうか?

ビタミンDは太陽から

実はビタミンDは、我々の身体で生成できる珍しいビタミンの一つで、太陽光を浴びることで生成されます。これがビタミンDを「太陽のビタミン」と呼ぶ由来ですが、夏場であれば1日に15分程度光に当たるだけで、必要量のビタミンDが生成されます。

太陽光が弱いシーズンでも、30分も浴びれば十分ではないでしょうか。サーファーなど真っ黒に日焼けしている人は、なんとなく免疫力も強く元気そうに見えますが、これはビタミンDの作用なのかも知れませんね。

しかし、紫外線の影響から肌を痛めたり、太陽光が苦手だったりする人もいますので、そのような人は食事で対応することをオススメします。

ビタミンDのサプリメントはインフルエンザ予防の切り札か

本来ビタミンは身体に存在する物質なので、副作用などはありません。本当にビタミンDがインフルエンザ予防に効果が高いのであれば、副作用を気にするワクチン接種などは必要なくなる可能性もあるのです。

そこで手軽にビタミンDを摂取できるサプリメントは、筆者もオススメしたい予防法です。毎日の食生活でビタミンDを必要量摂取するのも難しいし、食事のメニューにも飽きがきてしまいそうです。また、毎日太陽光を浴びるのも面倒くさいこともありますよね。

サプリメントであれば好きな時に飲めるし、かえって長続きするのではないでしょうか?また、ビタミンDのサプリメントは、比較的安価で手に入りやすいのも魅力の一つと言えます。マスクや手洗い、うがいも良いのですが、皆さんもビタミンDでインフルエンザ予防、試してみてはいかがでしょうか。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る