TOP > > 産後の尿漏れ 私の解決方法はこれでした

産後の尿漏れ 私の解決方法はこれでした

尿もれは女性に多い症状です。特に産後は多くの方が経験していると思います。

尿もれはなぜ、おこるのか?

出産のとき、赤ちゃんの頭が骨盤の周りの筋肉を、ぐぐーいっと押して押して伸ばしてしまうからなんです。この筋肉を骨盤底筋群といいますが、排尿や排便をつかさどる細やかな筋肉があります。

これらの筋肉が引き伸ばされて、尿もれや脱肛(肛門から腸が少しだけ出ること)になってしまいます。尿もれのCMを見ると、ドキッとしてしまいますよね。

尿もれは咳き込んだとき、くしゃみをしたとき、重いものを持ち上げたとき、腹筋を使ったときに尿が意図せずもれてしまう、尿失禁です。私の場合は産後しばらくなんともありませんでした。

ところが赤ちゃんを抱いて散歩に行ったとき、くしゃみをしたとたん「尿失禁」してしまいました。足を伝うおっしこに「どうしよう!!」恥ずかしかったことを覚えています。それから、くしゃみのときや、咳き込むときは身構えるようになりました。(苦笑い)

尿もれには体操です。

結局筋肉のゆるみが原因です。筋肉を鍛えれば、治ります。でも小さな子を抱えて24時間世話に追われて、運動しようと思ってもできずにいますよね。私もそうでした。私ががんばろうと思ったのは、大分たってから。さすがにいけないと思いましたよ。

でも尿もれは絶対に治したほうがいいです。アスリートのように毎日運動する方は大丈夫でしょう。また、定期的に運動する方も、次第に筋肉が戻ると思います。しかしそうそう運動しない方は、年齢とともに悪化しますから「治す!」と思ってがんばりましょう!

私は筋肉をつけようと思って、トランポリン(子供のです)をしようとしたのですが、ジャンプはいけません。なわとびもです。ジャンプするたびにムズムズする感じで、尿もれしてしまいます。ある程度筋力が戻ってから、お試しください。

やはり骨盤底筋に直接効く、病院で教えてもらった体操がいいですよ。脱肛にも効きます。この体操もいろいろありますが、1つだけでいいのでやりましょう。

立っていても、座っていても、横になっていてもできます。 授乳しててもできます。必ず授乳のときにやると決めるといいかもです。

では、「おしりをぎゅーっと1・2・3・4・5秒引き締めましょう」

はじめは力が入りません。でも大丈夫そんな方こそ続けなければ!必ずできるようになります。肛門と膣のあたりに集中!どっちも引き締める感じです。ぎゅーっと5秒。いつでも、どこでも何度でも。脱肛も治りますが、しっかり戻してからやってください。

やりにくいと思ったら、お風呂で脱肛を戻し、肛門に指を添えてやってみてください。力が入りやすいですよ。経験済みです。

それから、トイレでできるちょっとしたこと。トイレで排尿するたびやってみてください。「おしっこの途中で止める」「止める」「止める」と3回くらいに分けて、排尿してみてください。おしっこが途中で止められない方は、注意が必要ですよ。筋力が弱くなっていてできないということですから。

トイレに行くたびに筋トレになりますから、ちょっとしたことですけど、やり続けてみてください。私もやりました。

産後の尿もれは、体操で改善します。体力が回復してきて赤ちゃんが大きくなって、外に連れ出せるようになったら、ベビーカーに乗せて長い散歩もしましょう。歩くことは全身運動です。次の妊娠までには、治しておきたいですよね。

不愉快な症状ですが、努力すればなくなります。赤ちゃんのためにも、お母さんが快適であるようにしていただきたいな、と思います。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る